テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。

つまりどのようにSPI(テストセンター)の結果を予想するかということだ。

就活はもちろん企業分析やES書きを極めることは重要なことだ。

しかし、SPIでほとんどの学生が第一志望の会社から落とされるわけだ。

今までの努力がSPIのせいでで面接まで行かずに無になる可能性があるんだから、どうにかして企業の足切り点、目安を突破して面接までこぎつけるようにしよう。

では、まずいかにしてSPIを突破していくのか、順を追って説明をしていこうと思う。

僕はSPI完全対策模試&問題を使ったことでSPIで落ちた経験がないので、この機会に使ってみてほしい。

後半で絶対に足切られないSPI対策方法を説明してます。

9割とかは関係ないよ

結果を予測する前にまずデマについて言及したい。

ネットではボーダーとか言って、企業ごとに何割取れば筆記は通るんだ、みたいな話が載ってます。

あれはとんでもない話

その人の正解数によって問題が変わるんだから、9割正解してようが落ちる人は落ちる。

どういうことか。よく聞いてくれ。

メモ書き非言語、言語合わせて問題数は70問なんだけど、9割だと63問正解する必要があって、 8割だと56問。

確かに感覚的にはそうなんだけど、時間通りに終わらなくてもBCGとかゴールドマン受かる人がいる。

その計算式が成り立ってない事は容易に分かる。

時計の針が9時、つまり25%以上終わってない場合でもテストセンターで最高評価を受ける事ができる事態をまず知ろう。

1問1問をいかに正確に解くかが大事。

これは本当にそうなんだ。

テストセンターに関してはリクルートキャリアが運営している。

よって、当然その中の人に聞けば話は一発で分かる訳で、こんな記事を書いているぐらいだから実際に調べてみた。

参考SPIで重要なことは「正解数」ではないことは断言してある。

その時点で、9割とか、8割とかの数値は意味をなしていない。企業もそういう評価の仕方はしてない。

じゃあ、どうやってSPIは判断されてるの?ってことだよね。

次からSPIの得点の算出の仕方について説明させてくれ。

言わずもがな偏差値

とにかく日本人は偏差値が好きな民族であることを思い出そう。

受験だって全部偏差値だったでしょ?

その呪いは就活まで続くんだ。

ただ別に60とか52とかそういう数字が出るわけじゃなくて(実際には出ているという話もある)基本的には7段階評価。

参考言語で7段階、非言語で7段階。この合計の数値で受かるかどうか決まる。

総合商社とか超一流会社を受ける人、その人たちは最低10。つまり言語と非言語で5ずつ取る必要があるんだ。

って言われてもじゃあ5の目安がいくつなんだって話だけど、3と4が受験者の大体の平均だと思ってくれ。

だから非言語、言語でそれぞれ平均以上のちょい上(偏差値でいうと60くらい)の数値を出せれば筆記の突破はできる。

俺頭悪いから、って話じゃない。

これなら勉強すれば誰でもボーダーを超える事ができる。

大切だから繰り返すよ、学歴は気にするな。商社や一流の会社のテストセンターのボーダーレベルであれば簡単に超える事ができる。

SPI完全対策模試&問題みたいなのをやりまくれば確実に点数が上がっていくのが、SPIの良いところだ。

これ何でSPIは偏差値になっているのかって話なんだけど、受験するたびにSPIは問題が変わる。

なので、その時の問題によって有利不利が出ないようにするために、問題ごとの正解不正解の統計を出して、点数を調整しているんだ。

参考ようは、 SPIの月曜日の問題がめちゃくちゃ簡単だったとする。火曜日の問題がめちゃくちゃ難しかったら、結果に差がついてしまう。それを避けるために偏差値方式にして平等にしてるってわけだ。

SPI側も公平に地頭を図れるようにしてるってわけだ。

じゃあ、その5の目安は?

5を超えているかどうかの話だね。

これは諸説あるけど確かなことから言おう

言語では最後に長文が出れば確実に5は言ってる。タブの数はそこまで関係ない。どんなに言語ができていても非言語の最初で3タブから始まる場合もある。

非言語に関しては推論の数で良し悪しがわかる。

推論が半分以上だと確実に5はいっている。

推論が出ずとも、ともかく計算などが難しい問題が多ければ多いほど、出来は良いよ。

参考時間内に解き終わった、簡単だった( ´ ▽ ` )ノの場合、就活失敗する確率高いです。

それから、非言語の場合はどんなにできていても時計の針9時以降はいかない。9時のあたりでタイムアップまたは強制終了(打ち切り)になるよ

 

SPIのボーダー

巷で出回っているSPIのボーダーは少し見当違いのものが多い

感覚的にもっとSPIのボーダー基準はゆるい。今までの記事をまとめてみるとこんな感じ。

85 外資金融 外資コンサル

80  五大商社 商船

70   電通 博報堂 ADK

60  リクルート全般

現状ではこうなるね

一部のサイトで全く根拠のないデタラメなボーダーが広まっているけど、惑わされないでくれ。

SPIのボーダーそのものはそこまで高くない。

不安を煽ることで就活生を食いものにしている大人がいることを忘れるな。

参考性格診断の方がよほど大事だなんて意見もあるくらい

もちろん高得点に越したことはないのでしっかりと早いうちから対策は練ったほうがいい。ESとSPIを並行でやるのは精神衛生的に全くオススメできないからね。

このほかのSPI突破基準に関しては、Unistyleに乗っている。

内定者が企業の選考ページに足切りラインを乗っけているので、熟読しておいて欲しい。

SPIの突破ラインも書かれている。企業選考内容は一番詳しいです。

SPIは使いまわせる

周知なことかもしれないが、一度受験したSPIは使い回しができる。

つまり上のSPIの目安を使えば、「できの良いSPIの結果を全ての企業に送信する事ができる。

SPIで唯一グッジョブな点だ。「これだ!」と手応えがある渾身の点数をSPI で叩き出せばいい。そうすればあとはクリックで送信していくだけだ。

参考SPIの得点を予想できないがために毎年就活生は狂ったようにSPIを受験する。もっと良い得点が期待できるはずだ、と思い続けて何十回も受ける人がいる。あんましオススメできないが、現に僕もそうだったのでとやかく人の事は言えない。

よく質問で「SPIは何回受験すれば良いですか?」と聞かれるけど、答えは一択だ。

できるだけ受験してくれ。

このアドバイスに尽きる。

何回もやっていれば「あ、この問題見た事ある」という事が起きる。特にSPIはサボっているのかどうか知らないがかなり問題を使い回しているので受験すればするほど有利。

ESの締め切りラッシュが近づくとテストセンターの予約もいっぱいになってしまうから数をこなすためにも早めの対策を始めておこう。

ここからはSPIをいかに効率よく最速で対策するかについて言及していくね。

SPIの完全対策法

SPIを勉強するときに真っ先に参考書が思い浮かぶ人がいると思う。

しかし、これは半分正解で半分間違い。

なぜかというとSPIの参考書は入門編が多いので簡単な問題しか掲載されていない。

これはより多くの就活生に買ってもらうためにあえて簡単な参考書を作っている。難しい参考書だと就活生から「難しい」というクレームが浸透して売れなくなるからだ。

簡単な問題をこなして「解けた気」にさせれば参考書としてのレビューもよくなる。これは参考書のからくりだ。

どんな問題集を使うべきかというと、

  • 実際の問題が掲載されている
  • 問題数が多く掲載されている

この二つ。嘘だと思うかもしれないが、SPIの問題が問題集からまんま出たりする。会社も起業努力でSPIを研究しているからだ。

参考また、SPIは慣れの要素も多いので数多くの問題に触れて慣れた方がいい。時間の勝負なので、問題を見て「ああ、このタイプの問題ね」と思えたらすぐに解けるようになる。多くの問題を解けば、その問題がSPIに出る可能性も上がる。

それで、僕が就活時代に使っていたのは参考書ではなく、SPI完全対策模試&問題集 というものだ。

この問題集は上にあげた、「問題がまんま出る」のと「問題数が多い」の二つを満たしている。

この対策模試&問題集は模試と言っている通り、ここから問題が出やすく、合計で200問掲載されているために練習のしがいがある。

しかも無料ダウンロードだ。キャリアパークに会員登録しないといけない面倒さはあるかもしれないが、そこまで入力項目もないので、あっという間に問題が手に入る。

ほぼそのまま問題が出ることもある問題集です。圧倒的な問題量を無料で入手できるので、これで練習して他の就活生に差をつけてください。

これの使い方は二つ。

まず、問題集を徹底的にやりこむこと。

僕は3周しました。3周するとやり方と答えを暗記できるレベルまでいきます。

問題集のセクションでは100問あり、100問を3周すると純粋に解くスピードが上がり自信がついていきます。普通の参考書では100問も揃ってないのでおすすめ。

ここで、分野別に弱点が明確に分かるので、その分野を徹底的に勉強すること。

分野ごとの勉強はSPI対策よりも市販されてる中学受験の参考書とかを買った方が良いです。逆にいうとSPIってそのレベルなので過度に恐る必要ありません。

次に模試。

模試は正確に時間を測ってやること。

なぜならSPIは時間との勝負なので、しっかりと時間感覚を養う必要がある。この模試は本番を想定して作られているので、その点は試験を意識して勉強しやすいです。

問題集やりまくって苦手分野の対策をすれば、この模試でかなりの高得点が期待できます。どれぐらいやらないといけないかは企業によってそれぞれ確認してください。

SPIが苦手な人は?

SPIが苦手だったり、時間がなくてSPIの勉強ができなかった!という人も多いだろう。

僕も現役の時はSPIを舐めすぎて全く勉強していなかったのでかなり焦ったし、ぶっちゃけ死にかけた。

企業研究とかOB訪問で時間を思いの他使っちゃう。先述したサイトや参考書で急いでやりました。思い出したくないね、あの日々は。

参考やばいって思う人はもうESの精度をあげるしか道はない。

SPIで完璧に足切りをするところもあれば、ESの内容を加味してくれる場合もあります。

SPIで高得点が期待できないならばESに力を入れましょう。

僕はUnistyleのES例文を読みまくってESを書きました。手っ取り早くESの例文を見れるサイトもありますが、そういうのはみんな見ていて同じようになっちゃうので、差別化を図りたいなら
Unistyleを使って内定者からかき集めたESを見たほうが効率が良いし独自性が生まれやすいです。

\ESは良いものを真似しよう!/

まとめ

大事なことはSPI楽勝じゃん!と思わないこと。

とにかく実戦に実践を重ねてSPIの問題を時まくりましょう

SPIはどんな人でも9割を取ることができます。SPIで9割を取ることができればまずエントリーシートで落とされることはないです。そのためにもしっかりと勉強していこうね。

就活生、応援してます。今分岐点だからね。体調に気をつけて。できる限りのベストを尽くして、堂々と前に進もう。

SPIを何点取ればいいのかなどは企業ごとによっても違う。Unistyleには内定者が詳細に選考内容を書いており、テストセンターでどれぐらいの点数を取れば面接までいけるのかも書かれている。

また、記事の中で紹介したSPI完全対策模試などを使って、他の就活生よりもSPIを短期間でマスターしてほしい。

とにかくSPIで落ちていたら話にならないので、足切りを突破できるレベルの対策をしっかりとしよう。

大丈夫、君ならできる。繰り返すが、SPIは誰にだって高得点を取ることが可能だ。

ほぼそのまま問題が出ることもある問題集です。圧倒的な問題量を無料で入手できるので、これで練習して他の就活生に差をつけてください。

更新日:

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.