インターン優遇 早期選考 企業 一覧

インターン優遇

【24卒】インターン優遇と早期選考する企業110社を一覧にしてみた

この記事ではインターン優遇して早期選考する企業一覧とその優遇内容についてまとめました。

早期選考は基本的にインターン参加者のみに与えられるものなので、インターン優遇=早期選考と思ってもらっていいです。

インターンいった方が良いのかは誰しもが一度考える道なんですが、インターン優遇がある企業は絶対受けた方が良いと断言できます。

まずはインターン優遇の仕組みを述べてから、インターン優遇してくれるから絶対に受けておいた方が良い企業をまとめていきます。

24卒向けに秋冬の内定直結インターンもまとめたので読んでみてください。

あとあまり知られてませんが、インターン優遇する企業は、unistyleにほぼほぼまとまっています。

選考の突破方法や、インターン中に高評価を得て優遇を得る方法などの情報がダダ漏れしているので、登録しておかないのは損です。

【公式サイト】 https://unistyleinc.com

\インターン優遇企業ダダ漏れ/

今すぐ読む

※手遅れにならないうちに対策を練ろう

インターン優遇とは

インターン優遇とは

そもそもインターン優遇をよく知らない人も多いし、知った気になった人も多いので、ここで二つのパターンを紹介しておきます。

インターン優遇する会社の仕組みは主に二通り。

  1. インターンで優秀な人のみに選考が待ち構えている
  2. インターン参加者全員に早期選考の知らせが来る

 

みんなこれが欲しくて面倒なインターンに参加してます。逆に全くインターン優遇ないインターンもあるんですが、個人的にはあまり参加する意味ないなーと思ってます。

それぞれのインターン優遇について説明していきますね。

優秀な学生を選抜

基本的には一番上の「インターンで優秀な人のみに連絡が来る」パターンが多いです。

インターン中にワークショップみたいなのをやって、ディスカッションやリーダーシップ、人間性を担当の社員が見ていてずっとメモしてるんですね。

その後に、優秀だ!と社員が思った学生を後日面接に読んだり、別の説明会に呼んだりして、一気に内定が出てしまうもの。

参加者全員が優遇される

ニトリとオープンハウスがそうなんですけど、最後までインターンに参加してくれたら全員早期選考に乗れるんですね。

だからインターン受ける人がめちゃくちゃいるのがこの二つの企業だったりするんですが、インターンで寝ぼけてても参加するだけ優遇受けられるので参加しなきゃ損です。

このパターンはあまりないです。

やっぱしインターンに参加してそこで社員にアピールして優遇もらってから早期選考に乗る流れが普通かなと思います。

この二つのパターン含めてインターン優遇がある企業をまとめてみます。

インターン優遇と早期選考がある企業一覧

インターン優遇 企業 一覧

基本的にメーカーと金融が一番インターン優遇して早期選考します。

特に理系エンジニアはインターンで青田買いされますが、文系営業もよければインターン中にガンガン声かけてもらえるので、参考にしてみてください。

ちなみにインターン優遇しない会社は本当に優遇もしないし早期選考もしないです。そういうところでインターンでアピールしても努力の無駄になるだけなので、無駄なことはしないでください。

ちゃんと優遇する会社のインターンで努力しましょう。

インターン優遇する企業は、unistyleにほぼほぼまとまっています。

選考の突破方法や、インターン中に高評価を得て優遇を得る方法などの情報がダダ漏れしているので、登録しておかないのは損です。

【公式サイト】 https://unistyleinc.com/

\選考情報がダダ漏れ/

今すぐ読む

※手遅れにならないうちに対策を練ろう

インターン優遇や早期選考してる企業の探し方は早期選考してる企業を探す方法と早期選考やりがちな業界まとめにもまとめてますので是非読んでみてください。

最初に一覧にだけしておきますね

インターン優遇一覧

メーカー

  • キーエンス
  • サントリー
  • 味の素
  • アイリスオーヤマ
  • 伊藤園
  • 日本製粉
  • グリコ
  • 富士通
  • 日立
  • ソニー
  • 京セラ
  • アサヒ飲料
  • ニトリ
  • 江崎グリコ
  • 森永乳業
  • 麒麟
  • 旭化成
  • トヨタ
  • 三菱電機
  • 川崎重工
  • 積水化学
  • 積水ハウス
  • 三菱重工
  • P &G
  • クボタ
  • 旭化成

金融

  • 三井住友銀行
  • 野村証券
  • 三菱UFJ銀行
  • 日本生命
  • 住友生命
  • 三井住友海上
  • 明治安田生命
  • 東京海上日動
  • みずほ証券
  • りそな銀行
  • 横浜銀行
  • JCB
  • 三井住友カード
  • 農林中央金庫
  • 日本政策投資銀行
  • あいおいニッセイ
  • 第一生命
  • 東京海上日動あんしん生命
  • 三井住友海上あいおい生命
  • 三井住友ファイナンス&リース
  • 大同生命
  • 日本年金機構

不動産

  • 三菱地所
  • 三井不動産
  • オープンハウス
  • 阪急阪神不動産
  • 野村不動産
  • 大和ハウス
  • 森ビル

化学メーカー

  • AGC
  • 日東電工
  • 住友化学
  • 富士フイルム

インフラ

  • 中部電力
  • 関西電力
  • ソフトバンク
  • NTT西日本
  • ドコモ
  • 東京電力
  • JR東海
  • 阪急阪神
  • JALパイロット

IT

  • NTTデータ
  • 東京海上システムズ
  • SCSK
  • NEC
  • 日鉄ソリューションズ
  • 楽天
  • ヤフー
  • サイバーエージェント
  • NTTコミュニケーションズ
  • 東京海上日動システムズ
  • sky
  • 日本TCS

その他

  • ベネッセ
  • ADK
  • NHK
  • 博報堂
  • 凸版印刷
  • デロイト

こんな感じです。それぞれ業界別に優遇のあるインターンを解説していきますね。

メーカーのインターン優遇と早期選考

インターン優遇 メーカー

メーカーはインターン優遇して早いうちに学生を囲ってしまうところが多いです。

特に倍率が高くて人気な企業ほどインターンで囲っちゃうので絶対に参加した方が良いです。

・キーエンス

キーエンスはS職と呼ばれる、営業事務、販売促進、人事、総務、経理などのバックオフィスをインターンで採用するというユニークな方法を取ってます。キーエンスって営業のイメージ強いけど、そこはインターン優遇しないんですね。

とはいえバックオフィスも高年収で本選考で戦ったら倍率めちゃくちゃ高いのでインターン参加した方が良いです。優秀な人はいきなり最終面接からスタートするというおまけ付き。

詳しくは【24卒用】キーエンスはインターン優遇あり!倍率や早期選考もまとめたで書いてあるのでキーエンスに興味ある人は読んでみてください。

・サントリー

エンジニアインターンはインターンに参加するとかなりの確率で内定もらえる。多い年だと9割以上。

文系のインターンも存在するが、どこまで優遇があるかは未知数。

【24卒】サントリーのインターン優遇/早期選考まとめ!倍率も調べた

・味の素

インターン中の評価の高い学生には3次面接までスキップできる可能性あり

【24卒】味の素はインターン優遇はあるの?選考倍率やフローまとめ

・アイリスオーヤマ

インターンに3日程以上参加した就活生限定の選考ルートがある。

かなり選考フローが簡略化されるのでお得になっている

アイリスオーヤマのインターン優遇・早期選考

・日本製粉

抽選式のインターンなので選考はボタンを押して応募するのみ。

しかし、参加者はES免除と早期選考に乗れるという破格の待遇がある。バグった選考だ、、。

・グリコ

インターンシップ参加者優遇しまっせ〜!と認めちゃってる企業。

参加しただけで本選考のESとwebテストは免除

ほぼインターンでしか採用ないので参加しない手はない

・富士通

早期選考。選考フローもそこまで辛くない。

【24卒用】富士通はインターン優遇あり!早期選考や選考倍率をまとめてみた

・日立

【24卒用】日立はインターン優遇あり?早期選考や選考倍率についてまとめた

・ソニー

ソニーはインターン中に優秀だった学生は懇親会に呼ばれて食事。

早期選考があるというよりは、本選考にて1次選考が免除される優遇を手にいれることができます。

とはいえ、全員は優遇受けられないのでインターン中にコツが必要です。

【24卒用】ソニーはインターン優遇あり!早期選考や選考倍率を赤裸々に語ってみた

・伊藤園

3月には内定出るくらいに早期選考しちゃう会社

1dayで早期選考に乗れるので出ないのは損

・京セラ

複数days参加後、早期選考。

【24卒】京セラはインターン優遇はあり!選考倍率やフローまとめ

・アサヒ飲料

エンジニアと事務系総合職には早期選考があります。総合職は夏インターンで、エンジニアは冬インターンです。

インターンの出来によってその後の選考過程の面接の回数が変わるという超実力主義。

そもそもインターン倍率が100倍近くあってインターンに参加するのすら至難の技ですが、参加できたらこのチャンスは物にしたい。

【24卒用】アサヒ飲料にインターン優遇はある?選考倍率やフローについてまとめた

・ニトリ

【24卒用】ニトリのインターン優遇や早期選考について参加者がまとめた

・キリンホールディングス

選考 ES→webテスト→個人面接 期間 2〜3日間 優遇 

超内定直結型でキリンの内定者は大半がインターンシップ参加者

キリンのインターン優遇・早期選考

・森永乳業

3daysのインターン参加で早期選考へ。

インターン組からの内定者がほとんどを占めるので受けない手はない

・川崎重工

【24卒】川崎重工はインターン優遇はあるの?選考倍率やフローについてまとめた

・クボタ

インターン優遇が手厚いのでメンターがついて早期選考によばれる人も多くいる。

本選考の一次面接免除。1dayは優遇ないので、2day以上に参加するのがおすすめ。

クボタのインターン優遇・早期選考まとめ

参加者の約半数が早期選考へ 内定者の7割くらいはインターン参加者だよ。

・旭化成

基本的に冬にインターン開催。

早期選考あり。と言っても本当に選考が早期になるだけで、選考フロー免除などがあるわけではない。早期になるのも本選考開始の1〜2週間前。

【24卒】旭化成のインターン優遇/早期選考まとめ!倍率も計算してみた

他にはトヨタ、三菱電機、積水化学、積水ハウスなどが優遇くれます。

金融のインターン優遇と早期選考

インターン優遇 金融

金融を受ける学生は同じ業界の他の企業も並行して受けています。

なので、企業的にも優秀な学生を早めに囲って内定出してしまいたいという気持ちがあります。

リクルーターがついて飛躍的に選考が有利になるケースも多いのでインターンの参加は必須です。

たとえ早期選考に乗れなくても理解が深まるので金融業界全般での就活で有利に立てます。

・三井住友銀行

これぞ日系大手のGD!を体感できる!上手くいけば、早期選考及び即内定。

【24卒】三井住友銀行はインターン優遇ある?早期選考や倍率について暴露

・野村証券

インターン参加後、リクルーターが付く。リク面突破後、早期選考に呼ばれ、内定。

野村証券はインターン優遇・早期選考

・smbc日興証券

金融の中でもかなり手厚いインターン優遇があるのがsmbc。

インターン参加後にプレミアインターンに呼ばれて一気に内定へと近づくことができる

smbc日興証券のインターン優遇・早期選考

・三菱UFJ銀行

【24卒】三菱UFJ銀行はインターン優遇あり!選考倍率やフローについてまとめた

・日本生命

【24卒用】日本生命にインターン優遇はある?倍率や早期選考まとめ

・住友生命

【24卒用】住友生命保険はインターン優遇あり!選考倍率や早期選考のまとめ

・三井住友海上

【24卒】三井住友海上はインターン優遇はあり!選考倍率やフローについてまとめた

・明治安田生命

早期選考。インターン経由の方が選考緩いという噂。

明治安田生命のインターン優遇と早期選考

・東京海上日動

参加者にはかなり強力な本選考優遇がつく。 また、現在より過去を幼少期から深ぼられる面接がなされ、自己分析の深さを診断される。

東京海上日動のインターン優遇

・オリックス

優秀者はadvancedインターンシップに行けて圧倒的に内定が近づくので要注目です。

オリックスのインターン優遇・早期選考

・みずほ証券

早期選考。インターシップに参加した半分程度にリクルーターを付けてくれる。

リクルーター面談を行うことで、早期選考に参加。4月には内定貰える。

・りそな銀行

とにかくインターンと座談会行き続けたら、内定近い。

・横浜銀行

インターン勢が強いことで有名。インターン参加後、早期選考。インターンでないと内定でないレベル

リクルーターがついてリク面があって早期選考開始

・JCB

参加者は面接回数減る!GD練習にもなる。

早期選考かつ選考の大幅スキップとなる。選考フローは管理職選考、最終面接の2ステップのみ。

・三井住友カード 

インターン参加してないと内定厳しい。超ホワイト。

選考 ES→webテ→GD→集団面接 期間は1day  

コスパ良いと言われるサマーインターンです。優遇は激アツ。しかも社員が学生をインターンに推薦できるので写真を見つけると有利。

詳しくは三井住友カードのインターン優遇・早期選考まとめを読んでみてください。

・農林中央金庫

特別な立ち位置の金融機関としてのビジネスを細かく体感できるワークは面白かったし、優遇も厚い。

人事も内定者のインターン比率を高めると公言してる。インターン参加者は全員早期選考へGO

農林中央金庫の早期選考・インターン優遇

・東京海上日動あんしん生命

インターン後の面談評価が良ければ本選考は最終面接スタート

・三井住友海上あいおい生命 

インターン後に社員訪問の案内。 そこで優秀と判断されると早期選考に呼ばれ、面接1回で内定をもらえる

・三井住友ファイナンス&リース

ES、Webテスト→個人面接でインターン参加可能

インターンの面接に落ちても1dayに参加でき早期選考あり。3daysと1dayで優遇の差があまり無く4月に内定出る

・大同生命

参加後、インターン生限定座談会が3回開催される。そこに参加すると3月前にESの内容を教えてもらえる。

3月1日、2日にリクルーティングセミナーが開催され、参加すると早期選考に。

・日本年金機構

一部早い選考によばれて内定も早くもらえる

日本年金機構の早期選考・インターン優遇

他には、みずほ  日本政策投資銀行

第一生命  あいおいニッセイ オリックス

不動産・ディベロッパーのインターン優遇と早期選考

インターン優遇 不動産

・三菱地所

インターンの参加者は全員、本選考のグループディスカッションと1次面接が免除。

グループディスカッションのメンバーや、面接官との相性によっては思うように力を発揮できないこともあるため、この優遇はとても嬉しいです。

特にインターン中に社員が出来をチェックしてて推薦してもらえることもあるらしいので、インターン中に全集中で挑むと良いことがあります。

【24卒】三菱地所にインターン優遇あり!選考倍率やフローについてまとめた

・三井不動産

三井不動産は本選考でほとんど内定者が出ないから要注意。

夏・冬インターンがあって、特に冬インターンでかなりの内定者が出てしまいます。

しかも冬インターンは参加者の半分以上が優遇に乗れます。インターンの出来によって最終面接から始まる人もいれば一次選考から始まる人も。

詳しくは【24卒用】三井不動産はインターン優遇?倍率や早期選考についてまとめたに書きました。

・オープンハウス

インターンシップ参加者は、早期選考の案内と一次選考免除の案内がきます。

オープンハウスはリクルーター面談とか面接を5回ぐらいやらないと突破できないので、それが免除になるだけでも相当楽です。

住宅系を狙ってる人は高年収も期待できるので受けておいて損はないかなと思います。

【24卒】オープンハウスのインターン倍率と早期選考を参加者がまとめてみた

・阪急阪神不動産(6/23〆)

交通・不動産の事業ネタは商社のインターンでもかなり生きる。早期取れる可能性あるので参加しない手はない

阪急阪神の早期選考・インターン優遇

・野村不動産

インターンの出来によって優遇の度合いが変わるシビア選考がある野村不動産。

インターン参加でリクルーターついたりするのでかなり有利になります。

【24卒】野村不動産のインターン優遇と早期選考まとめ!倍率も調べた

・大和ハウス

インターン参加者は全員早期選考へ。ESのみで早期選考に参加でき、内定も2月上旬に出る

大和ハウスの早期選考・インターン優遇

他には森ビル

化学メーカーのインターン優遇と早期選考

インターン優遇 化学メーカー

化学メーカーはインターンして早期選考を貰えないとほぼほぼ内定できない企業も多いので、要チェックです。

・AGC

【24卒】AGCはインターン優遇あり!早期選考や倍率について暴露

・日東電工

【24卒用】日東電工のインターンは優遇あり?倍率や早期選考についても解説

・住友化学

【24卒】住友化学はインターン優遇?早期選考や倍率も参加者がまとめた

・富士フイルム

【24卒】富士フイルムはインターン優遇あり!早期選考や選考倍率のまとめ

インフラのインターン優遇と早期選考

・中部電力

【24卒】中部電力のインターン優遇あり!選考倍率やフローについてまとめた

・関西電力

【24卒】関西電力のインターンは本選考に優遇はある?選考倍率やフローについてまとめた

・NTT西日本

【24卒】NTT西日本はインターン優遇あり?通過率やフローを参加者が暴露

・NTT東日本

ES+webテ→動画面接→GD→インターン参 加 ・5daysです

その後に早期選考呼ばれ選考一部免除といった優遇あり

【24卒】NTT東日本のインターン優遇あり!早期選考や選考倍率まとめ

・ドコモ

参加者は選考フロー免除の早期選考。サマーからの入社率6割

・伊藤忠エネクス

エネルギー系専門商社で、給与も高い&住宅手当がかなり高く貰えるホワイト企業。インターン優遇もあり。

・JR東海

インターン終了後に優秀な学生は早期のリク面の選考に呼ばれます。大学ごとにリクルーターがつくため、本選考でも突破できるようにサポートしてもらえる。

【24卒】JR東海はインターン優遇や早期選考あり?体験談をまとめてみた

・阪急阪神

内定者のほとんどはインターン参加者。インターン後に優秀者な学生はリクルーター面談に続いて人事面談へと流れていく。

【24卒】阪急阪神の早期選考とインターン優遇まとめ!倍率も調べた

・JAL(パイロット)

JALはパイロットを自社養成しているので、普通の大学生でもパイロットになれるという面白いシステムがあります。

この場合、インターンの早期選考でほとんどの内定者が出てしまうので参加が必須です。詳しくは下の記事を。

JALパイロットのインターン早期選考

他には東京電力

ITのインターン優遇

割と有名ですが東京海上システムは参加するだけで優遇がもらえるので参加するのがオススメ。

・NTTデータ

【24卒用】NTTデータのインターン優遇制度は?インターン倍率やフローまとめ

・NEC

3dayは早期選考あり。早期選考組は実質一回の面談で内定をもらえるのでかなり有利。

NECの早期選考まとめ

・楽天

夏は1dayのインターン参加後に選抜型インターンによばれる可能性あり。このインターン参加者はほぼ内定をもらえる。

インターン参加するだけで本選考のwebテストは免除されるのでインターン参加のメリットは大きい

楽天のインターン優遇まとめ

・日鉄ソリューションズ

早期選考。インターン経由で内定が多い。

・NTTドコモ

早期にのれる。選考フローも一部免除。サマーインターンの入社率が6割。優秀者にはメンターもつく。

・scsk

一昨年と昨年の2daysインターンはかなり優遇あり。

その後は、イベント参加→特別早期選考→内定でした! ただ、内定もらったら、必ず入ってくださいと強めに言われる。

scskの早期選考・インターン優遇

・ソフトバンク

【24卒用】ソフトバンクのインターン優遇や評価S、倍率についてまとめた

・NTTコミュニケーションズ

早期選考ありの超ホワイト企業

・東京海上日動システムズ

23卒は先着順で予約可能 →昨年はなかなか予約できなかったので、 早めの予約がお勧め。

早期選考呼ばれ早期内定可 。しかも1day。詳しくは下の記事に。

東京海上日動システムズの早期選考インターン優遇まとめ

・sky

年内内定が出るので、早期選考の中でも早期な会社。

内定を取って落ち着きたい学生が例年かなりの勢いで受けるが舐めると普通に落とされて、文句言われる会社でもある。

skyの早期選考まとめ

・日本TCS

インターンに出て早期選考に乗れれば二回の面接で内定獲得。8月〜2月まで複数回開催され、そのどれでも早期選考の可能性がある。

外資ITを狙う人には打ってつけ。内定時期も早いので保険になる。

日本TCSの早期選考まとめ

他にはサイバー

その他

・ベネッセ

1day優秀者は、早期選考乗れるよ

【24卒用】ベネッセにはインターン優遇あり!選考倍率やフローもまとめてみた

・NHK

【24卒】NHKのインターンは本選考に優遇あるの?選考倍率やフローについてまとめた

・ADKホールディングス

1day→5days に参加できたら熱い。だいぶ狭きだが広告を狙ってるなら試す価値はある。

・博報堂

23卒では優秀者は本選考がESから最終面接となる神優遇

基本的にインターン参加者は早期選考への応募が可能。行けるかはパフォーマンス次第。

夏冬で25人ずつ囲ってしまうのでインターン参加したほうが良いです。

博報堂のインターン優遇・早期選考まとめ

・凸版印刷

インターンシップ参加後には、WEBセミナーの案内等もあるそうです。他には、座談会の招待などがある

凸版印刷の早期選考・インターン優遇

・デロイト

夏インターンは優遇あり。インターンのできによって本選考どれくらい免除されるかが決まる。

うまくいけば3次面接からスタートで年内の内定も可能

【24卒】デロイトのインターン優遇/早期選考まとめ!倍率も調べた

インターン優遇と早期選考する企業まとめ

わかっている限りで優遇をする大手企業を載せてみました。

この他にもありますが、offerboxでもインターンに参加しませんかという逆オファーが大手やホワイト企業からかなり来ます。

書類、ウェブテスト免除で大手ホワイトのインターンに参加できるし、内容が良ければかなり有利な優遇ルートに乗れるので、登録しておくことをお勧めします。

良いインターンのオファーほど早いもの順になくなってしまうので、早めに登録しておかないと損です。

【公式サイト】https://offerbox.jp

\30秒の登録で逆オファーが届く/

今すぐ使ってみる

※良いオファーは早い者勝ちなので早めに

インターン優遇かどうか探してるだけで時間使うし、インターンに行けても優遇取れない場合もあります。

でもOfferBoxのオファーは最初から優遇がついてるので時間を節約できて他のことに使えます。使わない手はないですよ。

 

【24卒用】早期選考やインターン優遇で有利に就活を進める方法

1月で差をつければ就活は断然有利。

インターンや早期選考に乗れば、格段に内定率が上がります。通常選考よりも受かりやすいので、絶対に参加するのがオススメ。

その選考に乗っかっていくために必要な就活サービスをまとめてみた。ぜひ登録して、周囲と差をつけて欲しい。

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 大手やホワイトからインターンや早期選考のオファーが届く。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。

こんな就活生にOfferBox

  • インターンや早期選考のオファーが欲しい
  • 大手企業の選考を有利に進めたい
  • 内定を早めにもらって安心と自信をつけたい

内定者ESが見れる【Unistyle】

インターンと早期選考の選考内容の充実度は一番。突破者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。インターン情報は常に最新で、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyle

  • インターン優遇や早期選考のコツが知りたい
  • インターン情報を見逃したくない
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい
  • この記事を書いた人

就活の名人/SPI専門家

就活の名人を運営している就活の名人です。年間のべ180万人の就活生が当サイトを参考にしています。SPI・webテスト専門家です。ゼミ友と組んでSPIの対策をしていたのでテスト対策や就活情報を掲載しています。

-インターン優遇