SPI

SPIのボーダーライン(足切り)一覧と、通ったら使い回したい企業まとめ

SPIでどの企業に受かったら使い回しても可能なの?とかこの企業のボーダーラインってどれくらいなの?というのはかなり気になるところだ。

実際、企業によってそのボーダーラインはまちまちだし毎年多くの就活生が混乱する。

正直、9割とかの点数を求める企業はごくわずか。総合商社でさえも7割ぐらいあれば通過できるといっている企業も多い。

なのに意外な会社がSPIのボーダーが高いなんてこともあるので注意が必要だ。

この記事のポイントまず、この記事では一般論を語ってから、「この企業に受かったらSPI使い回してもいい」と言えるボーダーが高い企業を紹介。そのあとに、大方のボーダーラインの企業一覧をまとめてみようと思う。

unistyleで選考内容を見れば自分が受ける企業のボーダーがどれくらいだったか内定者たちが暴露しているので覗いてみて欲しい。

界隈では有名だけど、各企業の選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

→unistyleの公式サイトへ行く

\60秒の登録で内定に近づく/

今すぐ読んでみる

※SPIのボーダーが見れる!

 

一般的なSPIのボーダー(足切り)は?

SPIは偏差値制度を導入していて、ちょっとそれをまとめてみると、

こんな感じになってる。よく言われるが、総合商社は言語と非言語で段階5を取れということ。このグラフを文字にしてみた。

総合商社は上位12%の点数を取らないといけないってことだ。で、これ具体的にどれくらいの点数を取らないといけないのかってことだけど、

例えばSPI模試で8割取ったらめちゃくちゃ優秀という結果が出て、上位12%ぐらいになる。つまり8割だ。

でも、普通は段階4でいい。偏差値50取れればボーダーと足切りを突破することができるんだよ。

ポイント

それがよく言われる、SPIは6割を取れば偏差値50を超えることができ、企業のボーダーを超えることができるという根拠になるんだ。

なので一般的には6割をどうにか取ろうというのが重要になってくる。

その上で、それ以上を求めてくるのが大手だ。

SPIのボーダーが高い企業

明らかにボーダーが高いと言われているのは戦略コンサルである。特にSPIを使うのはBCGとDI。

ボーダーは9割以上で書類の段階で9割が落とされるという鬼畜カンパニー。

この二つを受けて通った場合はSPIの勉強は終わらせてもらって構わない。基本的に結果は1年間使い回すことができるので、この結果で多くの企業を受けることができる。

SPIの王者→BCG,D I

とはいえ、戦略コンサルを受けるのはごく一部だ。正直あまり参考にならない学生がほとんどだから、日系で現実味のある企業を紹介する。毎年「はあ?こんなボーダー高いの?」って就活生が発狂する企業たちだ。

日系でボーダーが高い企業

早速その企業を紹介しようと思う。まずはこの8社だ

  • キーエンス
  • アビーム
  • トヨタ
  • KDDI
  • 村田製作所
  • AGC
  • 三井不動産

正直いうと、アビームはコンサルの中では一番テストが楽と言われているがアビーム通ったSPIなら大抵の企業に受かる。

他にもキーエンスは鬼のようにボーダーが高いことが有名で、上記で挙げた企業の中でも一番信頼できる。AGCも高い方かな。AGCはSPIの点数だけで一次を評価するのでエグいぞ。

どちらにせよこの8社を突破できたらほとんどの企業は突破できる。大丈夫だ。

しかもキーエンスとAGCはESなしで受けることができるので練習、実力をはかる、踏み台としてはぴったり。

ESなしでSPIを受けられる企業は、【練習できる】ESなしでSPI試験受けれる踏み台企業51社をまとめたでも紹介しているので読んでみて欲しい。

他にも総合商社がある。

総合商社はボーダーラインが高いと言われている。ただ、わりと70%ぐらいで良いとも言われておりキーエンスほどではない。

  • 三菱
  • 丸紅
  • 伊藤忠

この三社がSPIを使用。アビーム通ったやつレベルなら使い回してもいける。ただ、総合商社は結構ESをみているのでボーダー超えててもESで落とされるとかザラなので、そうそうにSPIは切り上げてESに時間をかけた方が受かりやすいと思う。

ただ、毎年ボーダーは変動する。例えば、受験者数が減ったのにボーダーをあげたら面接までくる就活生が減る。その年の業界の人気度や就活生のエントリー数などに応じてもボーダーは変動しがちだ。

この企業に通ったから、使い回しは大丈夫っしょ!と思いがちだが、ボーダーが一気に下がっていたなんてこともあるので注意が必要だ。(このサイトでは最新のを更新しているので安心してください)

 

SPIのボーダーライン一覧

では主要の企業のSPIボーダーラインについて一覧にしてまとめてみようと思う。

ボーダー一覧

90% 日本銀行 BCG DI

76~80% ゴールドマンサックス 三菱総研 NRI  AGC キーエンス トヨタ 東電 商船三井 NHK みずほ 東証 日本政策金融金庫

70〜80%  三菱商事 丸紅 伊藤忠 電通 博報堂 村田製作所 デンソー 農林中央金庫

65%  みずほ フジテレビ 日テレ 京セラ トヨタ ソフトバンク 三井不動産 東レ

60% ミルボン 三井住友海上 エムスリー オリエンタルランド 凸版印刷  JR東日本 富士ソフト 竹中工務店

ブリジストン テルモ ヤマハ 小林製薬 グリコ 住友電装 三井不動産リアリティ 損保ジャパン

こんな感じだ。

正直全てをまとめ切ることはできない。unistyleで選考内容を見れば自分が受ける企業のボーダーがどれくらいだったか内定者たちが暴露しているので覗いてみて欲しい。

界隈では有名だけど、各企業の選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

→unistyleの公式サイトへ行く

\30秒の登録で内定に近づく/

今すぐ読んでみる

※手遅れにならないうちに対策を練ろう

一部の外資系とトップ日系を除けば、そこまでボーダーは高くない。だから変に自信をなくす必要はない。逆にほとんどの就活生はそこまで真剣に対策を練らずに受けるので爆死する。

つまりSPIはやればやるほど得。逆にSPIで選考落ちるなんて勿体なさすぎる。だからこの記事をみて早めに準備対策を練って欲しい

本当にSPIはボーダー(足切り)いってないと機械的に落とされるのか

SPIを受けてから結果を送信ボタンを押すと、秒で企業の人事部のパソコンにいく。

そこからは企業の設定次第。仮にSPI至上主義の企業であれば、ボーダー&足切りを突破できてない時点でゴミ箱。

逆にESもしっかりと加味しますよ、という企業であればSPIが仮にボーダーを超えていなくても、そこからESを吟味してよければ面接に通してくれる。

ただ、SPIは足切りのためのツール。基本的にSPIを実施している時点で企業としては受験者を落とす気満々でいる。機械的に落とされると思ったほうが良い。

だからどうにか足切りボーダーを突破して書類通過しないといけないのだ。

ただ、SPIボロボロでも通過と内定してる学生はいるので、その辺は下の記事を読んでみて欲しい。

SPIできなくてボロボロだったけど通過&内定できた人の特徴

ボーダー高い企業に落ちたらどうする?

これらの企業に落ちた場合はとにかくもう少し勉強していかないといけない。

SPIの高得点目安をまずはチェックしよう。

23卒必見!衝撃のSPI(テストセンター)の高得点目安を割り出してみた!!

この記事の重要事項を抜粋すると、

  • 言語は長文の数とチェックボックス&抜き出し問題があるか
  • 非言語は推論が何問あったか。推論にチェックボックスの問題があったか

が高得点指標になっている。よくよくチェックしてみて欲しい。これを見ると自分の今のSPIの得点が分かるようになる。これと、ボーダーの高い企業をみながら、自分が内定が欲しい企業の書類を通過できるのが吟味してほしい。

もしもかなりそこにかなりの解離があり、提出期限も迫っているのであれば、かなり努力しないといけない。

ただ、SPIは短期間で点数をあげるのが難しい。そうなるとマジで就活死ぬ。少なくとも優良企業はいけない。

そうなったらSPIのボーダーが低いところかSPIやってない企業を探さないといけないんだけど、そうなるとレベルの低い企業ばかり。

ブラック企業になればなるほどSPIやウェブテストを実施しない。この傾向は本当に顕著だ。

そこで助けてくれるのが、オファーボックスだ。OfferBox(オファーボックス )はSPIを必要としない。優良企業がSPI免除でオファーしてくれるのは使わないのは逆に損。

コロナの影響で大手優良が続々と参戦している。良いオファーほど他の学生に取られてしまうので、早めに登録することをオススメします。

→OfferBoxの公式サイトへ行く

\30秒の登録で逆オファーが届く/

今すぐ使ってみる

※良いオファーは早い者勝ちなので早めに

短期間でSPIのボーダーを超えていく方法

さて、絶望しているのならば絶望している時間なんてない。とにかく短期的に得点をあげるしかない。

方法は二つ。

  • 短期間でSPIを受けまくる
  • ナツメ社の参考書で対策

とにかくSPIは慣れが重要。なので、受けまくった方がいい。何回か受けると、この前も出たな、って問題が出てくるので解きやすくなる。

ある程度受ければ苦手な問題も明確になるので対策もしやすくなる。

【練習できる】ESなしでSPI試験受けれる踏み台企業51社をまとめたで大量にSPIを受けることができるので是非エントリーしてSPIを受けて欲しい。

次にナツメ社の参考書を使うことだ。とにかくレベルが高い。これに慣れていれば本番は楽に感じるはずだ。

しっかりと問題の解説も乗っているので間違えた後の復習もしやすい。

とにかく、SPIを受ける→苦手分野を洗い出す→ナツメ社で解く→SPI受ける

この流れで短期決戦型で詰め込んで欲しい。

SPIでボーダーを超えて他に時間を回そう

この記事では高いボーダーを持っている企業を紹介するとともに、大手のボーダーラインをピックアップして紹介した。

とにかくこのボーダーを超えたSPIを持って本命に挑もう。

SPIはあくまで最初の段階にすぎない。その先の面接対策やES対策の方が遥かに重要なので、そちらに時間を回せるように早めにSPIを終わらせるようにしてくれ。

unistyleには内定者が詳細に選考内容を書いており、足切りのラインについても教えてくれている。まずチェックして損はない。そこからボーダーを知った上で、自分のレベルとどれだけ解離してるのかを確認し、SPIを勉強するのが効率的だ。

→unistyleの公式サイトへ行く

\30秒の登録で内定に近づく/

今すぐ読んでみる

※手遅れにならないうちに対策を練ろう

【23卒用】早期選考やインターン優遇で有利に就活を進める方法

インターンや早期選考に乗れば、格段に内定率が上がります。通常選考よりも受かりやすいので、絶対に参加するのオススメ。

その選考に乗っかっていくために必要な就活サービスをまとめてみた。ぜひ登録して、周囲と差をつけて欲しい。

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 大手やホワイトからインターンや早期選考のオファーが届く。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。OfferBox の自己分析ソフトも優秀で、質問に答えるだけで簡単にグラフ化された自己分析ができる。

こんな就活生にOfferBox

  • インターンや早期選考のオファーが欲しい
  • 大手企業の選考を有利に進めたい
  • 内定を早めにもらって安心と自信をつけたい

内定者ESが見れる【Unistyle】

インターンと早期選考の選考内容の充実度は一番。突破者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。インターン情報は常に最新で、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyle

  • インターン優遇や早期選考のコツが知りたい
  • インターン情報を見逃したくない
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい

23卒に人気の記事

1

この記事ではインターン優遇して早期選考する企業一覧とその優遇内容についてまとめました。 早期選考は基本的にインターン参加者のみに与えられるものなので、インターン優遇=早期選考と思ってもらっていいです。 ...

2

【23卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準   この記事ではSPIテストセンターの点数と出来を判断するための高得点目安について解説していく。 SPIテストセンターの結果は受験 ...

3

この記事ではwebテストとSPIの解答集をまとめ、その中で何が一番良いのかと使うリスクについて書きます。 WebテストとかSPIテストセンター もう無理!ってなったら思いつくのは答えが詰まった解答集を ...

-SPI

© 2021 【23卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準 Powered by AFFINGER5