SPI

【23卒用】SPI必要ない大手や優良ホワイト企業を一覧にしてみました

この記事ではSPIを極力受けたくないけど、良い会社に行きたい人向けにSPI必要ない企業、実施しない企業をまとめてみました。

もちろん大抵の優良や大手になるとSPIなり玉手箱なテストを設けることで就活生を選別してます。

ただし、最近はテストでばっさりと切ってしまうことで、実は会社にマッチしている学生を見落としてることに気がついた会社も多いので、

大手や優良ホワイトの中でもSPIなどの試験ではなくてESだけで書類を選考する企業も増えています。

これはSPI壊滅状態になっていたり、SPI受けたくない!と思ってる人には朗報ですよね。

その気持ちは痛いほど分かるので、SPIなしで内定取れる企業をまとめてみました!!

ちなみにSPI受けないで自己PRだけでオファがーがくるのがOfferBoxです。

コロナだからオンライン採用が活発になっているので、大手優良から SPI受けなくてもガンガンにオファー来ます。

→OfferBoxの公式サイトへ行く

\30秒の登録で逆オファーが届く/

今すぐ使ってみる

※良いオファーは早い者勝ちなので早めに

なんで大手はSPIをやるのか?

そもそも論なんですが、なんで大手がSPIをやるかというと、

  • 受験者を足切りさせたい
  • 質の良い学生を採用したい

この2つなんです。一人の学生をSPIやウェブテスト受けさせるために企業は1万円ほど払います。

それほどでして採用に力を入れてるし、逆に多くの就活生が押し寄せてしまうので足切りをしないといけないんです。

だから基本的にSPIや筆記試験なしで選考進んでいける企業はないです。大手だと全員をESと面接で捌くことは普通なら不可能だからです。

しかし採用方針によって免除してるところもあります。

そういう企業を次から紹介していきますね。

SPIなしで受けられる大手やホワイト

一旦、SPIなしで受けられる大手をまとめてみました。

これで傾向がわかりました。

ポイント

大和証券
あおぞら銀行

帝人

Google
サイバーエージェント
グリー
サイボウズ

東急リバブル
オープンハウス
三井不動産

イオンモール

基本的に多いSPIや筆記試験なしで受けられる企業が多い業界は、IT、不動産、金融です。

ITは学歴や筆記の点数とか見ずに企業のカルチャーにフィットするかどうかを重要視するので、面接重視。

楽天やヤフーなど日系の大きめな ITはガンガンにSPIを求めるが、そこまでいかなければIT企業は筆記試験なしが多いのでオススメ。

また不動産や金融など営業を求めている会社も同様にSPIを求めていません。小売なども同様でした。

基本的に大手に行きたいけどSPIや筆記試験受けたくない人は「 IT、不動産、金融」の3業界にターゲットを絞ると良い結果を得ることができます。

 

SPIなしで受けられる企業の特徴

もちろん、大手じゃなければSPIなしで受けられる企業は多くなります。

それこそ中小企業なんかもいれば筆記試験があるほうが珍しいくらいです。

ESと面接で選んでくれるのでそういうところはオススメですね。

具体的にいうと、

  • 従業員が少ない
  • あまり名が知られてない
  • メーカー

これらの企業は筆記試験がないです。

筆記試験は多い受験者を足切るための方法なので、そもそも会社の規模が少なくて受験者が少ない企業は筆記試験をする必要がありません。

むしろ受験してくれてありがとう!という感じなんです。

基本的に中小企業のメーカーがオススメです。ニッチな市場を独占していて利益率が高いので福利厚生が抜群だったりします。

とはいえ、筆記試験がいらないということはブラックの可能性も高まります。

筆記試験がいらないということは、低学歴だったり頭の悪い学生がなだれ込んでくるんです。そういう人が上司です。

そこでいいんですか?とは言いたいです。それならSPI死に物狂いで頑張った方が良い気がします。

ただ、筆記試験やSPIなしで大手や優良に受かるための方法があります。

 

SPIなしで大手やホワイトに内定を取る方法

SPIや筆記を諦めてしまうことは就活では死を意味します。

しかし対策しててもSPI爆死してしまい、就活大失敗しちゃう人はかなりいます。

そういう人たちの質問や相談にも乗ってきたんですが悲惨ですよ。

それで、ある程度SPIや筆記が無理だと思ったら、その段階でオファーボックスを使ってください。

→OfferBoxの公式サイトへ行く

このサービスを使うと普段の選考ならSPIやウェブテストを受けないといけないのに、ESだけで書類突破できるんです。

それを使わないのは損だなと思います。

しかもそれでしょぼい中小企業とかだったらオススメしないんですが、以下の大企業からオファーがきます。

めちゃくちゃ大手やホワイト企業からオファーがきます。

ESも一回登録されたものを企業の人事が見る仕組みなので、一回書き込んじゃえばあとは家の中で寝てるだけで選考に乗っていけます。

しかも逆オファーされてるから内定率も高いんです。

コロナのせいでオンライン採用が活況で、良い企業からのオファーが多くなっていると聞いてます。

早めに登録しないと良いオファーほどなくなってしまうので登録するのをオススメしてます。

→OfferBoxの公式サイトへ行く

\30秒の登録で逆オファーが届く/

今すぐ使ってみる

※良いオファーは早い者勝ちなので早めに

SPIや筆記試験を捨ててもこういうサービスを使えば大手やホワイトに内定できるので、就活サービスを使いこなしてください。

馬鹿正直にSPIにばかり時間をとられたり、筆記試験がない会社ばかりを探すのは時間の無駄だし疲れちゃいますよ。

 

【23卒用】早期選考やインターン優遇で有利に就活を進める方法

インターンや早期選考に乗れば、格段に内定率が上がります。通常選考よりも受かりやすいので、絶対に参加するのオススメ。

その選考に乗っかっていくために必要な就活サービスをまとめてみた。ぜひ登録して、周囲と差をつけて欲しい。

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 大手やホワイトからインターンや早期選考のオファーが届く。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。OfferBox の自己分析ソフトも優秀で、質問に答えるだけで簡単にグラフ化された自己分析ができる。

こんな就活生にOfferBox

  • インターンや早期選考のオファーが欲しい
  • 大手企業の選考を有利に進めたい
  • 内定を早めにもらって安心と自信をつけたい

内定者ESが見れる【Unistyle】

インターンと早期選考の選考内容の充実度は一番。突破者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。インターン情報は常に最新で、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyle

  • インターン優遇や早期選考のコツが知りたい
  • インターン情報を見逃したくない
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい

23卒に人気の記事

1

この記事ではインターン優遇して早期選考する企業一覧とその優遇内容についてまとめました。 早期選考は基本的にインターン参加者のみに与えられるものなので、インターン優遇=早期選考と思ってもらっていいです。 ...

2

【23卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準   この記事ではSPIテストセンターの点数と出来を判断するための高得点目安について解説していく。 SPIテストセンターの結果は受験 ...

3

この記事ではwebテストとSPIの解答集をまとめ、その中で何が一番良いのかと使うリスクについて書きます。 WebテストとかSPIテストセンター もう無理!ってなったら思いつくのは答えが詰まった解答集を ...

-SPI

© 2021 【23卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準 Powered by AFFINGER5