SPI

WebテストとSPIの解答集まとめ!一番正確なやつとリスクを調べてみた

この記事ではwebテストとSPIの解答集をまとめ、その中で何が一番良いのかと使うリスクについて書きます。

WebテストとかSPIテストセンター もう無理!ってなったら思いつくのは答えが詰まった解答集を入手するという最終手段だ。

家でやるなら頭の良いやつにやってもらえればいいけど、誰にやってもらればいいかという問題が発生する。

そいつのテストの出来だって保証はできない。替え玉して落ちたら、そいつとの関係も微妙になるし、少し悔いが残る。

ネット上ではWebテストとテストセンター の答えが出回っているので、それを使った方が確実だと思う人はいる。

上位校はWebテとか筆記の回答を協力して作って共有している。そんなところまで悪知恵が働く奴らが就活では強敵となる。

それを加味すれば、こちらだって解答集を入手したいと思うのは普通のことだ。じゃないとフェアではない。

まずはネットで入手できるWebテとSPIの答えとその制度をまとめてみたい。

その後にこれらを使うことに関するリスクを述べる。しかしその前に解答集を買うメリットを説明しておきたい。

解答集を買うメリット

このサイトでは再三言っているがほとんどの就活生は書類選考で落ちてしまう。

ESで落ちてしまう場合もあるが、SPIやWebテストの足切り点を満たすことができずに機械的に落とされる。

だから解答集を買ってしまうというのは邪道だが効果的だ。

つまり、テスト勉強の時間を短縮でき、書類突破の可能性をあげることができるからだ。この2点のメリットがはかりしれない。

SPIやWebテストの準備期間は人によるがちゃんとやれば1ヶ月はかかる。しかもその1ヶ月は就活直前だからインターンいったり企業研究をしたりとやることはたくさん。

解答集を買えばその試験勉強の時間を丸々削減することができる。その分の時間を他の就活の時間に回すことができるのだ。

また、解答集は精度の高いものを買えば自分で勉強しているよりも遥かに良い点数をあげることができる。突破率をあげることができるのだ。

つまり、WebテストとSPIの解答集を買ってメリットがある人は

  1. 全くテストができない
  2. テスト勉強する時間もない
  3. 地頭が悪いので良い点数が取れる気しない
  4. しかし、大手企業に内定したい

と思っている人だ。

その上で大事なのは解答集の精度。以下から評判のよい解答集を紹介していく。

WebテストとSPIの解答集まとめと評価

ネット上に解答集は結構出回っている。

基本的には有料。無料のやつもあるけど最新の答えではないので使えないものばかりだ。

WebテもSPIも基本的に月一ぐらいで問題がアップデートされている。昔の問題は出なくなるので、常に最新の解答集を得ないと全く意味のない解答集を得ることになる。

結局、金払って入手しないといけないんだが金払うとなるとできれば正確なものが欲しい。

なので、解答集の正確さから順に紹介をしていこうと思う。このサイトでは3つしか紹介しません。

他にも色々と解答集は出回ってますが、正確さにかけていたり高すぎたりして購入の現実味がないので、以下の3つの解答集だけ抑えておけば大丈夫です。

でも個人的には解答集買うぐらいなら、他のことやれよ!って気もします。

例えば今はコロナなのでオファー型サービスが活況。書類のみで審査して優良企業がオファーくれるのでそういうサービスに時間使ったほうが、結果的に勝ち組になれると思います。

OfferBoxの公式サイトへ行く

\1分の登録で逆オファーが届く/

OfferBoxを見てみる

※良いオファーは早い者勝ちなので早めに

 

学生団体コネクト 2980円

値段は2980円と強気で一番高い部類に入る。

しかし界隈では最も解答集が正確だという人もおり、8割以上を取れる。

8割取れれば多くの企業の足切り点を突破できるのでかなりオススメだ。

メンバー50人ほどで活動して解答集を作成しているらしいです。

ただ、ちょっと高いなというのはあるのでお財布に余裕のある方は是非。

https://note.com/connect772/n/n5ea1db988716

webtest_test77  1080円

値段は1080円と格安。

一橋大学と早稲田大学の資格サークルで編集している【20卒・22卒に対応した最新版の解答集】ということで、作成しているメンバーのレベルも高いです。

何より、【月に2〜4回、アップデート】をし、その後の定期的なフォローも行うとのことなので最新版に対応できるのが良い所です。

値段も安いし買ってみる価値はあります。正確さもAレベルです。

https://webtest20spi.theshop.jp/items/17909057

就活対策集 1280円

ES添削というおまけがついている解答集。

こちらもヒット率は高くAレベルの解答集です。値段も安くてお手頃。

解答のヒット率No.1を自負しているのですごく自信があるようです。

この解答集の良いところがあります。重複データが沢山ある解答集とは異なり重複データがないので検索する際もスムーズに行うことができます。なので時間を短縮することができるのです。

ゴミみたいな解答集は重複してたり見にくくて検索しづらかったりするんですが、こちらは使いやすいのでオススメ。

22卒完全対応Webテスト解答集

無料でダウンロードできるSPI解答集

無料で手に入る解答集はほとんど出回っていない。

一部出回っているものもあるが、大昔の解答集なのでほとんどあてにならないので絶対に使ってはダメだ。

それだったら1000円ぐらいケチらずにやったほうがいい。それで今後の年収に響いてくると思えばかなり安い投資だと言える。

無料解答集ダウンロードというのは甘い罠でほとんど使い物にならないということは覚えておいてくれ。

noteのSPI解答集もオススメしない

手軽にnoteでも解答集が販売されている。

正直、実績もよくわからないし、中には他の解答集をパクったりつなぎ合わせたりして販売してるものもある。

値段も安ければいいけど、普通に価格帯は1500円以上してくるので、それだったら上記にあげたずっと人気のある解答集の方がリスクないのでは?と思ってします。

ヤフオクやメルカリのSPI解答集も怪しい

そもそもなんで解答集をメルカリやヤフオクで売っているのか理解に困る。

noteとかその他媒体でも簡単に売れるのに。解答集を売ってるだけだと、それを売ってる人間が何者なのか、どれぐらいの実績があるのか謎。

解答集の転売だとしたら、元はどこの解答集を使ってるのかわからないので、これも使うリスク高いです。

Webテスト&テストセンター 解答集の使い方

まずテストセンターで受ける形式の場合は解答集を持っていくとさすがにバレるので持ち込まないでください。

どうするかというと丸暗記です。問題文と答えを丸暗記しなければいけません。

Webテストの場合はテストの画面を開きながら、別の画面で解答集のエクセルの画面を開いておきます。

試験が始まったら問題文が出てくるので、その問題文をエクセルの検索ボックスに入れて検索します。

すると、該当する問題と答えが出てくるのでそれを打ち込めばいいだけです。

粗悪な解答集だと出てきた問題をエクセルで検索してもヒットしません。

これが解答集のヒット率と言われるやつです。良い解答集は9割がたの問題がヒットします。

上に挙げた解答集はヒット率が高いことで有名なので、そういうものを買うようにしてください。

じゃないと全く問題がヒットしないので本番中にパニックになるハメになります。

Webテストの解答集を使うリスクとデメリット

バレるのかという問題が真っ先に上がるけど、バレることない。

巷の噂で解答時間があまりに早すぎると不正を疑われるので気をつけた方が良いと言われているが、問題を解く時間なんて計測されていない。

それに解く時間は人それぞれなのでどこからが不正かなんて判定することは不可能だ。

また、会社に解答集を買ったことなんてバレるはずもないのでそこも安心して大丈夫。

大手就活サイトは企業への建前上「解答集なんて使うな!」と言っているが、多くの学生が解答集を使っているのは事実だし企業側もそれは分かっている。それ込みで試験をやっているのだ。

よって解答集を使うリスクはない。

強いて言えば粗悪な解答集を使ってしまったことで全く試験の点数を稼ぐことができなかった場合。

あとは道徳的な問題になってくる。周りは一生懸命勉強しているのに自分は解答集使って良いのかってことだ。

でもみんな案外使っているのでそこはあまり気にしなくても良い。

SPI運営会社も対策を練っている

実は最近、SPIやwebテストも解答集が出回っているの対策を練っている。

例えば、ある問題の答えが ABDCだとする。すると回答と選択肢の組み合わせを買えて答えがBACDとかになってたりする。

また、設問では10人がそれぞれ8個ずつ〜だったのを8人が10個ずつ、みたいな感じで数字を入れ替えて答えを違わせたりしている。

つまり、SPIもwebテストもかなりの頻度でアップデートするようになった。前は月一だったが、今はもっとという話だ。

大体SPIやwebテストの解答集を作ってる人たちはその年の新卒の学生なので、アップデートし続ける気力も情熱もない。就活が終わってまでテストを受ける馬鹿はいないからだ。

よって、ほぼほぼ解答集は古くなっているのが常なのだ。このアップデートに対応できなければどんなに優秀な解答集でも使い物にならない。

だから散々、解答集について書いてきたが、「僕は解答集は使わないほうがいい」と思っている。

SPIは丸暗記無理

それにSPIは答えを丸暗記しないといけない。

解答集にSPIの答えは載っているが800ぐらいある。これ覚えられますか?これ覚えるならSPIの勉強をやったほうがいい。

webテストなら家でできるので、エクセル開いて答えを検索すればいいけど、SPIは試験会場でやるから答えを開けない。丸暗記するには量が多すぎる。

よって、SPIでは全く使いもになりません。だから買っちゃダメです。

 

WebテストとSPIで替え玉や代行はオススメできない

それに替え玉はオススメできません。

例えば東大の友人に頼むって場合もあると思うけど、そいつがどれくらいテストの出来が良いかなんて分からない。

外銀突破してたとかならいいけど、そうでもない限り学歴が良くてもテストができるかどうかは別問題だ。最初に書いたけど、替え玉を友人に頼んで落ちたら関係にヒビ入ったりするから要注意。そんなんでヒビ入るのって馬鹿馬鹿しいからやめたほうがいい。

代行に頼むってのも手だけどボッタくってくるので高い。しかも自分の個人情報を教えないといけないので、そのリスクって結構高いと思ってます。代行はやめた方がいいです。

だったら解答集買った方が一番リスクないよな、って思う。手っ取り早いし。

WebテストとSPIを回避する手もある

SPIとwebテストは死亡。しかし解答集もあてにならない。そうなってくると、WebテストとSPIを回避するという手がある。

OfferBoxを使えば書類選考なしで企業から直接オファーがきて面接にいける。

テストがない企業はブラック企業が多いんだが、OfferBoxを使うと大手やホワイト企業からオファーが結構くる。

良いオファーほど他の学生に取られてしまうので早めに登録しておかないと損です。

SPIやWebテストを回避して大手に行ってる就活生が例年たくさんいることも知っておいてください。

→OfferBoxの公式サイトへ行く

\1分の登録で逆オファーが届く/

OfferBoxを見てみる

※良いオファーは早い者勝ちなので早めに

WebテストとSPIの解答集は上手に使おう

ということで禁じ手ともいえる解答集について書いてきた。

解答集はちゃんとしたものを使えば書類突破の可能性をかなりあげることができる。

もちろんESもしっかり書かないと書類を突破することはできないので、そっちも精度を高めて欲しい。

この就活で人生が決まってしまうと言っても過言ではないので、使えるものは使って是非勝利して欲しいと思う。

ただ解答集に関しては疑問符が残ることも多いので絶対的に信頼するのはよくない。

SPIやwebテストを回避する方法だってあるし、そもそもボーダーがそこまで高くない可能性もある。

選考体験機を読みながら、自分はどこまでテストの点数が必要なのか。実はボーダーは低いかもしれないし、ESのほうが大事かもしれない。

その辺はUnistyledでもよく書かれていることなので是非一度読んでみて欲しい。

→Unistyleの公式サイトへ行く

\1分の登録で内定に近づく/

Unistlyeを見てみる

※手遅れにならないうちに対策を練ろう

 

【厳選】志望企業の内定率をあげるオススメの就活サービス

就活は馬鹿正直にやってるとどんどん差をつけられて消耗します。

就活で無双する学生は最新の就活サービスをフル活用して効率よく就活戦に挑んでいます。 できる限り近道して有利に内定を取ってください。

しかし、就活サービスと言っても質が悪いのもあれば良い物まで入り混じっていてカオスな状況だ。中には就活生を金としかみてない業者もある。ここでは本当に第一志望、志望業界への内定率をグッと押し上げてくれる就活サービスを紹介したい。

就活は情報戦なので是非登録して周囲と差をつけて欲しい。

内定者ESが見れる【Unistyle】

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。志望企業の内定者ESは間違いなく無料で見れるので、それをマネして自分流にカスタマイズすれば内定率が上がる。Unistyleは他の学生の使用率も高いので使わないのは損です。

こんな就活生にUnistyleがおすすめ

  • ESを手っ取り早く、もっと良くしたい
  • 大手企業を狙っている
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 これひとつ登録しておけば、寝ててもオファーが来るので楽大手やホワイトからの内定チャンスも増えるので登録した方が良い。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。OfferBox の自己分析ソフトも優秀で、質問に答えるだけで簡単にグラフ化された自己分析ができる。

こんな就活生にOfferBox がおすすめ

  • 大手&優良企業からの逆オファーが欲しい
  • 自己分析を簡単に済ませたい
  • まず一つ内定を手に入れて心を落ち着かせたい

22卒に人気の記事

1

【22卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準   この記事ではSPIテストセンターの点数と出来を判断するための高得点目安について解説していく。 SPIテストセンターの結果は受験 ...

2

この記事では22卒の学生のために、2021年にESなしでSPIテストセンターを受けられる踏み台企業についてまとめてみました。 本当に感謝して欲しいと思います笑 就活をはじめる前に手始めに取りかかるよう ...

3

SPIをノー勉でチャレンジしようとしているそこのあなた。 その戦略は実は悪くなかったりするが、就活失敗したくなければノー勉で受けることはあまりおすすめしない。 しかし、就活といっても人によってケースバ ...

4

毎年SPIの対策が遅れてボロボロの得点を叩き出し、就活までボロボロになっている就活生は多数いる。 SPIできなかった、全然できないなんて人もいるだろう。 ある程度時間をかけないと足切り点まで点数をあげ ...

5

この記事では21卒の僕が赤裸々にUnistyleの評判と感想について書いていきます。 そもそも就活サービス多すぎだろ!っていうツッコミはどの就活生も通る道なので、不満はグッとこらえてください。 使える ...

-SPI

© 2021 【22卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準 Powered by AFFINGER5