インターン

【23卒】NHKのインターンは本選考に優遇はあるの?選考倍率やフローについてまとめた

この記事では、NHKのインターン選考の倍率、インターン優遇、早期選考の有無についてまとめてみました。

NHKに入社すれば、公共の利益を目的にした番組制作に携わる機会も多く、たくさんの人たちの暮らしに役立つ仕事をできるのは確かですが、むちゃくちゃ難易度が高いことで有名です。

なのでインターンに参加して少しでも他の学生と差をつけることが大事なので、是非最後まで読んでみてください。

NHKの就職難易度

NHKの新卒採用の難易度は最難関です。新卒採用の倍率は、職種によっては100倍以上となっています。毎年の採用人数は300人前後であるなか、応募者の数は数千人から数万人と言われています。

NHKのインターン参加の難易度も非常に高くなっています。NHKのインターンは年に2~3回程度開催され、定員は回によって異なりますが30人~70人程度です。

数千人から数万人の学生たちがインターンに応募しているため、参加は狭き門と言えます。

NHKの業務は多忙ですが、給与や福利厚生は満足のいくものです。NHKに入社すれば、部長クラスになった際には年収1000万円も夢ではありません。NHKは各種手当も充実しており、家族手当、単身赴任手当なども付きます。

NHKの選考においてインターンが内定に結び付くかどうかは就活生によりますが、選考のなかで有利にはたらくことは確かです。

今回は、NHKのインターンの内容について紹介していきます。

NHKのインターン選考の情報(ES、個人面接)

 

・書類選考(ES)

ESには以下の設問があります。

①自分を成長させるために必要なもの

②インターンシップに参加を希望する理由

③最近興味を持ったニュース

④現在打ち込んでいること・これまで熱心に取り組んでいること

 

上記の質問について300文字程度で答えることが求められています。

読み手にとって分かりやすく、かつ論理性のある文章を書くことがES通過のポイントです。

 

・個人面接

中堅社員と30分程度の個人面接を行います。

面接の雰囲気は穏やかです。

 

面接では、以下のような質問をされます。

・なぜ、NHKに入社したいか

・希望している職種に応募する理由

・インターンシップではどのようなことをやりたいか

・入社後、どういう番組を制作したいか

・若者のテレビ離れについてどう考えるか

 

NHKのインターンの倍率

NHKの新卒入社における倍率は100倍程度と言われています。

NHKのインターンの倍率は公表されていませんが、こちらも100倍程度だと予想されます。

 

インターンの内容

 

ディレクター職(冬に3日間開催、22卒)

 

1日目 番組制作についての講義

2日目 現場見学

3日目 企画書作成

 

記者職(夏に1dayで開催、21卒)

 

企業説明、座談会、社内の見学の他、記者職を体験できるワークがあります。このワークでは、大雨の中で電車が脱線したというシチュエーションが与えられ、原稿の執筆・リポートを行います。

参加した学生のリポートはすべて録画されており、自分たちのリポートを全員で視聴する時間が設けられています。この時、社員の方から良かった点・悪かった点などのフィードバックを頂けます。

 

放送技術(冬に5日間、21卒)

企業説明、兼オリエンテーションのあと、番組制作実習に移ります。

デジタルサービス業務を体験したり、ラジオ放送所を見学したりもします。

 

座談会、懇親会なども用意されているため、NHKに入社するにあたっての不安・疑問などを相談できます。

 

放送総合インターン(秋に3日間、21卒)

個人ワークで番組企画を行い、実際の業務を体験します。

社内を見学したり、番組制作現場に立ち会ったりと、NHKの雰囲気を感じられるメニューは少なくありません。

 

ディレクターとの座談会もあるため、質問・悩みなどを相談できます。

 

周りの学生のレベル

 

東大、早慶の他、MARCH・関関同立に在籍している学生が目立ちます。

 

参加者は学歴が優秀なだけでなく、テレビ局を志望している学生らしく、おもしろい視点を持った方が多いという印象を受けます。

参加者の多くが独自の視点を持ち、発想力が豊かであると思われます。

 

社員の雰囲気

 

やさしく、穏やかな人が多い印象です。

ワークの際に頂けるコメントなどから、社員の方の聡明さが伝わってきます。

 

学歴フィルターはある?

 

NHKの内定者、及びNHKのインターンに参加している学生のほとんどが関東圏で言うとMARCH以上です。

また、東大をはじめとする旧帝大、早慶を筆頭とした最難関私立大学に在籍する学生も非常に多いです。

インターンに参加した学生、ないし内定を得た学生がたまたま高学歴であったという可能性も否定できませんが、入社難易度などを考慮すると学歴も重要だと思われます。

 

NHKのインターン優遇制度

 

NHKはインターンが採用選考に有利になるとは述べていません。

また、NHKのインターンは内定に直結するといった噂を耳にすることないです。

 

しかし、社員は学生のインターンでの様子をメモしていることも多く、社員が学生を終始評価しているのは明らかです。

採用選考に進むなかで、インターンでのパフォーマンスが考慮されることもあると言えるでしょう。

 

NHKインターンのまとめ

NHKは大変人気のある企業ですので、内定を獲得することは非常に難しいです。

内定を得るには、学歴、学生時代の経験だけでなく、人柄、社交性、コミュニケーション能力なども非常に重要となります。

 

「入社難易度100倍」とも言われるNHKに入社するためには、他の就活生と差異化し、選考における評価を高めていく必要があるのです。

 

NHKに入社を希望する学生はインターンに参加し、自らの能力をPRしたり、入社意欲をPRしたりすることが大切だと言えます。

【23卒用】早期選考やインターン優遇で有利に就活を進める方法

インターンや早期選考に乗れば、格段に内定率が上がります。通常選考よりも受かりやすいので、絶対に参加するのオススメ。

その選考に乗っかっていくために必要な就活サービスをまとめてみた。ぜひ登録して、周囲と差をつけて欲しい。

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 大手やホワイトからインターンや早期選考のオファーが届く。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。OfferBox の自己分析ソフトも優秀で、質問に答えるだけで簡単にグラフ化された自己分析ができる。

こんな就活生にOfferBox

  • インターンや早期選考のオファーが欲しい
  • 大手企業の選考を有利に進めたい
  • 内定を早めにもらって安心と自信をつけたい

内定者ESが見れる【Unistyle】

インターンと早期選考の選考内容の充実度は一番。突破者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。インターン情報は常に最新で、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyle

  • インターン優遇や早期選考のコツが知りたい
  • インターン情報を見逃したくない
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい

23卒に人気の記事

1

【23卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準   この記事ではSPIテストセンターの点数と出来を判断するための高得点目安について解説していく。 SPIテストセンターの結果は受験 ...

2

この記事ではwebテストとSPIの解答集をまとめ、その中で何が一番良いのかと使うリスクについて書きます。 WebテストとかSPIテストセンター もう無理!ってなったら思いつくのは答えが詰まった解答集を ...

3

毎年SPIの対策が遅れてボロボロの得点を叩き出し、就活までボロボロになっている就活生は多数いる。 SPIできなかった、全然できないなんて人もいるだろう。 ある程度時間をかけないと足切り点まで点数をあげ ...

-インターン