webテスト

【23卒】WEB-CAB受験したけど難しすぎ。合格ラインや法則性の対策考えた

CABを受験した僕があまりの難しさと時間の足りなさに死にそうになったので対策法を考えてみた記事になります。

法則性がクソ難しくて、合格ラインどんな感じなん?って人も多いとと思います。

文系だったんですが、ITのSE系の職種を受けるにあたって、web-cabを受けることに。

SPIはやってたので「大丈夫だろ」と思ってたんですが、初見でやって爆死しました。そこから、これはヤバイぞとなって対策したのでその経過を書いていきたいと思います。

まずは多くの就活生が持っている疑問である「CABなんでこんな難しいの?」ということです。

CABが難しい理由

周りでCABを受けた人に色々と聞いてみるとCABを楽だったと答えた人は一人もいませんでした。

なんでこんなに難しいのか真剣に考えてみるといくつか理由が浮かんできました。

CABは時間足りない

まずこれは誰もが思うことでしょう。時間足りなさすぎるということです。

時間と問題数

・四則逆算:9分で50問
・法則性:12分で30問
・命令表:36分で15問
・暗号:16分で30問
・性格検査:30分で68問

どう考えても問題数と時間が噛み合ってない。それで一問が簡単だったらいいけど、割と一つ一つがヘビーなので解くのに一苦労します。

問題に慣れてない

文系理系問わず、このCABの独特な問題に慣れてる人なんてまずいないだろう。

四則逆算はまだわかるとしても、法則性、命令表、暗号はさすがに解いたことない。これを初見で見たときに一気に身体中から汗が飛び出してきた。あんな体験は2度としたくない。法則は本当に難しい。

これを就活生に課してくる企業の腹の底が知れないが、とにかく見たことない問題が並ぶので対策を知らないと絶対に解けない。

慣れたところで問題解けるようになるのかと絶望的になる。こちらはESや自己分析や企業探しやらやらないといけないことはたくさんあるのだ。

でもどちらにせよ事前にある程度参考書で訓練しておかないとただ時間だけが減っていくことになる。

さて、ここでどうするか対策を書きたいのだが、その前に僕はCABというテストから目を背けるために、果たしてCABの合格ラインはどれくらいなのかをずっと調べていたことがある。

それで調べてみるとどうやらそこまで高くないということがわかってきた。

CABの合格ラインは高くない

多くの企業について調べたし、周りの出来具合からどれくらい CABで点数取れれば突破できるのかまとめてみた。

結論から言うと、企業は学生がCABで高い点数を取れると思ってないし、高い点数を取れてないからといって落としているわけではないことがわかった。

体感で5〜6割ぐらい解けていれば突破できる。これもある程度対策を練っておかないと取れる数字じゃない。

しかし、この点数だったら許容範囲だと個人的には思う。ノー勉でやってる人たちはCABに落ちまくったが、普通の努力をした人たちは文系の数学苦手でも筆記を通過できた。

だから、最低限の努力を行えば突破できる。

CABのボーダー企業一覧

実際、CABを受けられる企業はそう多くない。

例えばだが、

  • 富士通
  • メンバーズ
  • NTTデータエービック
  • DNP情報システム
  • TEPCOシステム
  • シーエムエス

 

などです。出来として5~6割ぐらいできれば十分かなと思います。

この辺はunistyleにCABを受けられる企業などが記載されているので一度登録して読んでみると良いです。

→unistyleの公式サイトへ行く

\CAB受けられる企業/

今すぐ読む

※手遅れにならないうちに対策を練ろう

CABの対策方法

といって、何か特別な対策方法があるわけじゃない。

ただしCABは多くの学生が諦めがちだし、対策に力を入れない。その反面、ある程度対策すれば点数は伸びるし、合格ラインを突破できるテスト。やった人が得をするテストだと個人的には思う。

泥臭く参考書を解いていくのが一番の方法。

問題を解く

参考書を買って欲しい。これは正直なんでもいい。一冊で十分。でもその一冊を真剣に解くことだ。

何回かやってみると自分が不得意な分野が出てくる。その分野の問題をネットなどで集めて解いていく。

そうすると同じような問題がCABの本番のテストに出てきて、スラスラと解けたりする場合もある。

SPIと違ってCABはその年によって傾向が変わることがない。なので、古本屋やamazonの中古で古いやつを買っても問題ない。

そうやって過去に遡って参考書を入手して問題数をこなせばだいぶ高得点が期待できるようになる。

ある程度慣れれば一気に得点をあげることができるのがCABの特徴だ。

場数をこなす

CABをうけることができる企業を探して受けるのが良い。

CABを練習できる企業は、

  • 富士通
  • NTTデータエービック
  • TEPCOシステムズ
  • DNP情報システム
  • 株式会社シー・エム・エス

これらの会社はCABを受けることができます。例えば本命の会社を受ける前に一度、練習で別の企業を受けてみて、最後に本名を受ける方が特典は上がりやすいし、感覚を掴むことができます。

解答集を買う

個人的にはオススメしませんが、就活業界では解答集が出回ってしまっているのが現状です。

かなり高額に販売して、内容はほとんど当たってないみたいな解答集も多いので購入には注意が必要です。

ダメな解答集頼みでテストを受けて全部答えが外れたら後悔してもしきれないです。

解答集については、WebテストとSPIの解答集まとめ!一番正確なやつとリスクを調べてみたにもまとめたので読んでみてください。

CABを受けない方法もある

CABの暗号問題はだいぶ難しいです。時間も足りないし、やばいと気がついたときには就活始まっててあまり満足に対策できないことのが多いです。

そんな中で解答集買ってどうにかくぐり抜けようとする人たちもいますが、高いし、個人情報漏れるのでやるのはオススメしません。

SEになりたいならCABはほとんどの確率で受けさせられるんですが、CABにつまづいて肝心な面接までいけないこともありました。

Offerboxを使うとCAB免除でIT企業のSEのオファーがきます。ESに書くような内容をコピペするだけ大手ITやSlerの選考に乗ることができます。

特にコロナ以降、企業がオンライン採用に乗り出していることからオファー数も増えています。特にOfferboxはIT企業からのオファーが多いことで有名です。

CABの勉強はしつつも、その間にITからオファーきたら儲けものだと思うので登録しておくことをオススメします。

良いオファーほど早いもの順なので、早めに登録しておかないと損です。

【公式サイト】https://offerbox.jp

\30秒の登録で逆オファーが届く/

今すぐ使ってみる

※良いオファーは早い者勝ちなので早めに

 

【24卒用】早期選考やインターン優遇で有利に就活を進める方法

6月で差をつければ就活は断然有利。

インターンや早期選考に乗れば、格段に内定率が上がります。通常選考よりも受かりやすいので、絶対に参加するのがオススメ。

その選考に乗っかっていくために必要な就活サービスをまとめてみた。ぜひ登録して、周囲と差をつけて欲しい。

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 大手やホワイトからインターンや早期選考のオファーが届く。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。

こんな就活生にOfferBox

  • インターンや早期選考のオファーが欲しい
  • 大手企業の選考を有利に進めたい
  • 内定を早めにもらって安心と自信をつけたい

内定者ESが見れる【Unistyle】

インターンと早期選考の選考内容の充実度は一番。突破者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。インターン情報は常に最新で、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyle

  • インターン優遇や早期選考のコツが知りたい
  • インターン情報を見逃したくない
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい
  • この記事を書いた人

芝さん/SPI専門家

就活の名人を運営している芝さんです。年間のべ100万人の就活生が当サイトを参考にしています。SPI・webテスト専門家です。ゼミ友と組んでSPIの対策をしていたのでテスト対策や就活情報を掲載しています。

-webテスト