インターン

【23卒用】ニトリのインターン優遇や早期選考について参加者がまとめた

「お、ねだん以上。」のキャッチコピーで知られる大手インテリアチェーンのニトリ。
33年連続で増収増益しており、コロナ禍でも業績好調です。

そんなニトリのインターンは、2年連続でインターン人気企業ランキング第1位(楽天みん就)を獲得し、毎年1万人以上が参加しています。

他の大手企業を抑えて、なぜニトリのインターンが1番人気なのか。
人気の理由や、選考フロー、インターン優遇についてまとめてみました。

ニトリのインターン情報や突破のコツははunistyleが一番細かく掲載されています。

界隈では有名ですが、情報がダダ漏れしているので読まないのは損です。

→unistyleの公式サイトへ行く

\ニトリの情報満載/

今すぐ読む

※手遅れにならないうちに対策を練ろう

 ニトリのインターンが人気の理由

実際にニトリのインターンに参加した私が考える人気の理由は、次の3つです。

  • 気軽さ
  • 就活の役に立つ
  • 早期選考に参加できる

それぞれ詳しく説明していきます。

ニトリのインターンは気軽

ニトリのインターンは、エントリーシート(ES)やWEBテストによる選考がありません。

応募すれば誰でも参加できます。マイページを作成して、希望日程を選ぶだけ。その気軽さが人気の理由の1つです。

ただ、先着順で、すぐ満席(キャンセル待ち)になってしまうのと、インターンは3つのSTEPに分かれており、STEP2以降の参加には選考があるので注意が必要です。

就活の役に立つ

ニトリのインターンでは、ニトリのことだけでなく、就活の考え方や、企業分析、自己分析の方法についても教えてくれます。
また、人事社員との座談会もあり、面接のテクニックや人事が見ているポイントについても教えてもらえます。

さらに、インターンは全てグループディスカッション形式のため、グループディスカッションの練習にもなります。
社員から、ディスカッションの内容や進め方についてもフィードバックがもらえます。

企業理解を深められるだけでなく、就活全般のスキルアップができるので、ニトリに興味がない場合でも参加をオススメします。

インターン参加後、早期選考に参加できる

インターンに最後まで参加すると、そのまま早期選考に参加できます。

後ほど詳しく説明しますが、早期選考は、通常選考と比較してフローが短く、リクルーターによるサポートも付くので、かなり有利な選考です。

インターンの選考フロー

ニトリのインターンは、次のように3つのSTEPに分かれています。

STEP1→選考→STEP2→STEP3

STEP1は先着順で誰でも参加でき、STEP2以降は選考通過者だけが参加できます。
選考は、エントリーシート(ES)とWEBテストのみです。

どうやったら合格できる?

WEBテスト重視の選考です。

エントリーシート(ES)の設問は、基本事項のみで自己PRや志望動機は聞かれません。

WEBテストの難易度はそこまで高くないので、ある程度対策ができていれば合格できます。

WEBテストの形式は「玉手箱」。科目は、言語・非言語・性格検査の3つです。

落ちたら本選考にも影響が出る?

インターン選考に落ちても、本選考に影響することはありません。

ただし、本選考にもインターン選考と同様のWEBテストがあります。

インターン選考で落ちてしまった場合、しっかりとWEBテストの勉強をし直さないと本選考も難しいでしょう。

ニトリのインターンの倍率は?

推定ですが、倍率は2〜3倍くらいだと思います。

周りの友人も参加しており、毎年1万人以上が参加しているということは、そこまで倍率は高くないはずです。

選考後のSTEP2以降も、参加日程が複数用意されており、そこまで人数は絞られていない印象でした。

参加者は、マーチ・関関同立以上が大半で、早慶や旧帝大も多く参加していました。

ニトリのインターンの内容

ニトリのインターンは、3つのSTEPに分かれています。

また、最後のSTEP3まで参加すると、特別イベントや早期選考に参加できる特典もあります。

インターンの内容は毎年変わっているようですが、複数STEPに分かれるという点と、STEP1は先着順で誰でも参加できるという点は例年変わっていないようです。

インターンの内容については、unistyleが一番充実しているので、そちらも参考にしてみてください。

ここでは、実際に私が参加したインターンの内容を紹介していきます。

STEP1 経営体験

ゲーム形式でニトリの経営を体験する半日のインターン。
ニトリの経営戦略や、これまでの歴史など企業理解がメインの内容。
企業分析のポイントも教えてくれます。

STEP2 配転教育体験

ニトリのジョブローテーション制度を体験する1DAYのインターン。
ニトリには、配転教育というジョブローテーション制度があります。
STEP1同様のゲーム形式で、3つの部署をローテーションしながら経営シミュレーションをしていきます。

・STEP3 商品部+広告宣伝部体験

商品企画と広告戦略を体験する1DAYのインターン。
グループごとに、実際に商品企画とプロモーション戦略を考え、プレゼンまで行います。
1DAYなので内容は簡易的ですが、他社との戦略の違いが知れます。

STEP3後には特別イベントが!

STEP3まで参加すると、社員交流会や面接練習などのイベントにも招待されます。
個人的に、インターンよりもインターン後に案内された特別イベントの方が、一番就活の役に立った気がします。

社員交流会では、業務内容やプライベートについてざっくばらんに聞けて、ニトリの社風も知れるのでオススメです。

面接練習は、本番と同じような雰囲気で、人事社員と1対1で20分程の面接をしました。
質問は、学生生活で頑張ったことや就活の軸などのオーソドックスなものが多く、面接後はフィードバックももらえます。

ニトリの早期選考の全貌

3STEP全てのインターンに参加すると、そのまま早期選考に参加できます。
早期選考は、通常選考よりも内定が獲得しやすいフローになっています。

早期選考:リクルーター面談→1次面接→2次面接→最終面接
通常選考:ES・WEBテスト→1次面接(集団)→2次面接→3次面接→最終面接

早期選考では、面接前にリクルーターとの面談があり、書類選考と集団面接が免除になります。
また、リクルーター面談では、面接で聞かれることや話し方のコツなども教えてもらえます。

ただ、インターン参加者自体が多いので、早期選考でも普通に落とされます。
しっかり面接対策してから臨むようにしましょう。

ニトリの早期選考の対策はunistyleでガッツリ掲載されているので読むことを強くオススメします。

私もそのおかげで突破できました。

→unistyleの公式サイトへ行く

\ニトリの情報満載/

今すぐ読む

※手遅れにならないうちに対策を練ろう

 ニトリのインターンや早期選考のまとめ

ニトリのインターンは、就活の役に立つ&早期選考に参加できるのでメリットだらけ。

STEP1は事前選考なし、STEP2以降の倍率も高くないので、参加できる確率が高いインターンです。

ニトリに少しでも興味がある場合は、インターンに参加することをオススメします。

また、OfferBoxではニトリから逆オファーがくることで有名です。

こちらも通常とは別の選考に乗ることができ、優遇してもらうので通常選考をするよりもお得です。

オファーの数には限りがあるので早めに登録しておくことをオススメします。

→OfferBoxの公式サイトへ行く

\30秒の登録で逆オファーが届く/

今すぐ使ってみる

※ニトリのオファーは早い者勝ちなので早めに

【厳選】志望企業の内定率をあげるオススメの就活サービス

就活は馬鹿正直にやってるとどんどん差をつけられて消耗します。

就活で無双する学生は最新の就活サービスをフル活用して効率よく就活戦に挑んでいます。 できる限り近道して有利に内定を取ってください。

しかし、就活サービスと言っても質が悪いのもあれば良い物まで入り混じっていてカオスな状況だ。中には就活生を金としかみてない業者もある。ここでは本当に第一志望、志望業界への内定率をグッと押し上げてくれる就活サービスを紹介したい。

就活は情報戦なので是非登録して周囲と差をつけて欲しい。

内定者ESが見れる【Unistyle】

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。志望企業の内定者ESは間違いなく無料で見れるし、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyleがおすすめ

  • ESを手っ取り早く、もっと良くしたい
  • 大手企業を狙っている
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 これひとつ登録しておけば、寝ててもオファーが来るので楽大手やホワイトからの内定チャンスも増えるので登録した方が良い。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。OfferBox の自己分析ソフトも優秀で、質問に答えるだけで簡単にグラフ化された自己分析ができる。

こんな就活生にOfferBox がおすすめ

  • 大手&優良企業からの逆オファーが欲しい
  • 自己分析を簡単に済ませたい
  • まず一つ内定を手に入れて心を落ち着かせたい

22卒に人気の記事

1

この記事ではwebテストとSPIの解答集をまとめ、その中で何が一番良いのかと使うリスクについて書きます。 WebテストとかSPIテストセンター もう無理!ってなったら思いつくのは答えが詰まった解答集を ...

2

この記事ではSPIを極力受けたくないけど、良い会社に行きたい人向けにSPI必要ない企業、実施しない企業をまとめてみました。 もちろん大抵の優良や大手になるとSPIなり玉手箱なテストを設けることで就活生 ...

3

毎年SPIの対策が遅れてボロボロの得点を叩き出し、就活までボロボロになっている就活生は多数いる。 SPIできなかった、全然できないなんて人もいるだろう。 ある程度時間をかけないと足切り点まで点数をあげ ...

4

SPIでどの企業に受かったら使い回しても可能なの?とかこの企業のボーダーラインってどれくらいなの?というのはかなり気になるところだ。 実際、企業によってそのボーダーラインはまちまちだし毎年多くの就活生 ...

5

顔採用してます!なんて今の時代に公表しちゃうと色々とまずいので企業側も全面的に言うことはないです。 けれども入社してる人や新卒のメンツみて「いや、明らかに顔採用だろ!」みたいにツッコまれてる会社はたく ...

-インターン

© 2021 【22卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準 Powered by AFFINGER5