本選考

【23卒】ニトリのwebテストや選考倍率を内定者がまとめてみた

21卒就職企業人気ランキングで第9位(文系総合、マイナビ・日経)となったニトリ。

33年連続で増収増益しており、最近では、島忠の買収やBtoB事業も行い、勢いのある企業です。

人気にともない、就職難易度も上がっているので、しっかり対策したうえで選考に臨みましょう。

ここでは、実際にニトリの内定を獲得した私が、本選考のフローや対策についてまとめましたので、是非参考にしてみてください。

ちなみに選考情報は、unistyleが一番充実しています。

界隈では有名ですが、情報がダダ漏れで有名なので見ないのは損です。

こちらも目を通して、万全の準備をしましょう。

【公式サイト】 https://unistyleinc.com/

\ニトリの情報がダダ漏れ/

今すぐ読む

※手遅れにならないうちに対策を練ろう

ニトリの就職難易度

ニトリのプレエントリー数は約2〜3万人。

採用人数は例年400〜500名と多いですが、近年人気度が上がっているので、就職難易度はやや高め。

採用実績も、旧帝大や有名私大がほとんどです。

あくまで推定ですが、倍率は30〜40倍くらいだと思います。

選考フローと倍率

ニトリの本選考は、「早期選考」と「通常選考」の2パターンがあります。

早期選考:リクルーター面談→一次面接→二次面接→最終面接
通常選考:ES+WEBテスト→一次面接(集団)→二次面接→三次面接→最終面接

インターンに参加した人だけが、早期選考に参加できます。

早期選考では、書類選考と集団面接が免除になるだけでなく、面接前にリクルーターとの面談があるのでかなり有利です。

リクルーター面談では、ガクチカや就活の軸などを聞かれ、次の面接でどのように話せばいいか、アドバイスがもらえます。よくある「実質の面接」といった雰囲気ではなく、「一緒に次の面接の対策を練ろう」といったスタンスで若手社員の方が相談に乗ってくれます。

私はこの面談で、あらかじめ面接で聞かれることや話し方のコツなどを教えてもらえたので、安心して一次面接に臨めました。

必ずインターンに参加して早期選考を受けるようにしましょう。

ニトリの早期選考についてはこちらの記事をどうぞ。

【23卒用】ニトリのインターン優遇や早期選考について参加者がまとめた

ニトリのエントリーシート(ES)+WEBテスト

ESの記入内容は基本事項のみで、WEBテスト重視の選考です。
倍率は、2〜3倍くらいだと思います。

WEBテストの難易度は普通ですが、倍率はそこそこ高いのでしっかり対策が必要です。

WEBテストの形式は「玉手箱」。科目は、言語・非言語・性格検査の3つです。

一次面接

形式:学生1〜3人に対して面接官1人
時間:30分程度

面接官は20代後半くらいの若手社員で、比較的和やかな雰囲気でした。
質問は、ガクチカや就活の軸などオーソドックスな内容で、発想力を問うような質問はされません。

合否は1週間後にメール連絡。その後、マイページにて二次面接が予約できるようになります。
あくまで推定ですが、倍率は2〜3倍くらいだと思います。

二次面接

形式:1対1
時間:30分程度

一次面接同様、面接官は20代後半くらいの若手社員でした。
質問は、一次面接とほぼ同じ内容でしたが、より深堀りされます。
逆質問もあるので、1〜2個質問を考えてから臨むようにしましょう。

合否は、私の場合はその場で言われましたが、1週間後にメールや電話で連絡がきた人もいるようです。
倍率は、1.5〜2倍くらいだと思います。

三次面接

形式:1対1
時間:40分程度

面接官は30代半ばの人事社員で、やや圧迫に近い雰囲気でした。
ガクチカも聞かれますが、キャリアプランと志望理由がメインで聞かれます。

キャリアプランについては、事前にマイページでの提出が求められます。
設問は次の4つです。

  1. .仕事を通して成し遂げたい夢(50字)
  2. なぜニトリでその夢を成し遂げたいのか(300字)
  3. その夢を達成するために経験したい部署は?(3つ選択)
  4. 3を選んだ理由(それぞれ100字)

当日は、事前に提出したキャリアプランをもとに質問されます。
かなり深堀りされるので、将来自分がやりたいこととその理由を明確化し、企業分析、他社比較をしっかりしたうえで面接に臨まないと合格は難しいでしょう。

また、配転教育制度というニトリのジョブローテーション制度についてどう思うか(メリット・デメリットは何か)、最初は店舗配属だが大丈夫かなども聞かれました。

合否は、3日後にリクルーターから電話で連絡がきました。

この三次面接が一番難易度が高く、倍率は4倍くらいだと思います。

最終面接

形式:1対1
時間:1時間程度

面接官は人事部長。意思確認のためではなく、ちゃんとした選考です。最後まで気を抜かないようにしましょう。

最終面接では、ガクチカや志望理由も聞かれますが、事前課題のプレゼンと逆質問がメインになります。

事前課題は、近くのニトリの店舗へ行き、問題点を見つけて改善案を考えてくるという内容です。

私の場合、商品の展示方法について問題提起し、PowerPointで資料を作り5分くらいでプレゼンしました。改善案の実現性や資料の完成度というよりも、問題発見力を重視している印象でした。

ニトリは、現場主義や現状否定のマインドを大切にしているので、その資質があるか見ているのだと思います。

一方、逆質問では志望度の高さや熱意が見られます。
質問は最低でも3つ以上考えてくるようにし、今後の事業展開や自分が希望する部署についてなど、志望度の高さをアピールできるようなものを準備しましょう。

合否はその場で言われました。
倍率は、1.5倍くらいだと思います。

ニトリ選考突破のポイント

ニトリの選考は、例年形式は大きく変わらず、面接での質問もオーソドックスなものが多いです。傾向を掴んで対策すれば、確実に合格率を上げられるでしょう。
選考突破のポイントは、次の3つです。

・求める人物像に合ったガクチカを用意する

ニトリの求める人物像には、次の4つの頭文字をとった「4C主義」というものがあります。

  • Change(変化):現状に満足せず、常により良いものを求め続ける人。
  • Challenge(挑戦):どんなことも前向きに考え、前人未到なことに挑戦していく人。
  • Competition(競争):常に自分を成長させることを考えている人。
  • Communication(対話):お客さま、従業員同士の対話を大切にできる人。

つまりニトリは、「向上心とチャレンジ精神があり、コミュニケーション能力の高い人材」を求めています。

このポイントを押さえたうえで、過去何かに挑戦した経験や、部活やアルバイトなどでこれまでのやり方から変えたことなどがあれば、それをガクチカとしてアピールするといいでしょう。

またニトリは、ジョブローテーションが盛んで、現場配属もあるため、他の企業以上にコミュニケーション能力が必要とされます。社員も明るくエネルギッシュな方が多い印象でした。

当たり前ですが、面接では元気に笑顔で話しましょう!

「なぜニトリなのか」明確な志望理由を言えるように

三次面接以降は、志望理由を明確に答えられないと合格は難しいでしょう。

さらに志望理由は、自分の将来の夢と、ニトリでできることをリンクさせて話す必要があります。社風や人柄、成長環境に惹かれたという志望理由では通りません。

三次面接の事前課題であるキャリアプランをもとに、将来の夢は何か、なぜその夢を叶えたいのか、そしてそれをなぜニトリで実現したいのか、とことん自己分析と他社比較を行いましょう。

この「なぜニトリなのか」の答えは内定者たちが既に導いているので、ニトリ内定者による選考突破のコツをよく読んで、真似してみると突破の確率が飛躍的に上がっていきます。

・困ったらリクルーターに相談

ニトリでは、二次面接合格後(早期選考の場合は面接前)にリクルーターがつきます。

メールや電話で相談に乗ってくれるので、事前課題や面接対策で困ったらまず連絡してみましょう。

ただ、レスポンスは少し遅いので、面接直前にならないよう早めに相談するか、事前にメールなどで相談日時のアポイントをとることをオススメします。

ニトリの選考(早期選考)と倍率のまとめ

ニトリの選考は、三次面接が鬼門。

ただ、面接で聞かれることはいたってシンプル。

求める人物像に合わせたガクチカと、「なぜニトリなのか」を答えられるように、徹底的に自己分析と他社比較をして選考に臨みましょう。

また、OfferBoxではニトリから逆オファーがくることで有名です。

こちらも通常とは別の選考に乗ることができ、優遇してもらうので通常選考をするよりもお得です。

オファーの数には限りがあるので早めに登録しておくことをオススメします。

【公式サイト】 https://offerbox.jp/

\30秒の登録で逆オファーが届く/

今すぐ使ってみる

※良いオファーは早い者勝ちなので早めに

  • この記事を書いた人

芝さん/SPI専門家

就活の名人を運営している芝さんです。年間のべ100万人の就活生が当サイトを参考にしています。SPI・webテスト専門家です。ゼミ友と組んでSPIの対策をしていたのでテスト対策や就活情報を掲載しています。

-本選考