webテスト

【23卒用】玉手箱,GAB,TG-WEBの使える答えや解答集と買ってみた結果

この記事では玉手箱,GAB,TG-WEBなどのwebテストの答えや解答集を買ったんだけど死んだので、それについてまとめる。

webテストはSPIに比べても難易度が高く、対策をしてもしてもなかなか企業のボーダーを超えることが難しいテストです。

また、SPIテストセンターと比べると家で受験できるために不正行為が横行しているテストでもあります。

なので手っ取り早く解答集や答えを入手して、クリアしたいと思う人も多いでしょう。

ただこのwebテストの解答集業界は闇です。

webテストの解答集のヒット率が低すぎる

玉手箱、GAB、TG-WEBの三つの解答集は結構あります。

なんならこれらをひとまとめにして、webテスト解答集して販売してる業者やメルカリアカウントも多々あります。

問題なのはその解答集のヒット率。

webテストは問題を解きながら解答集(エクセルのファイル)を開きながらやります。

問題文の最初の20文字ぐらいをエクセルにコピペして検索かけると、解答がヒットしてそれが答えになってます。

検索しても解答が出てこない場合もあり、ヒットするのが多い解答集ほどヒット率が高くて優秀と言われてきました。

昔はヒット率が高い解答集がたくさんあったんですが、今はかなり精度が悪くほとんどヒットしないものばかりです。

なぜか?それはテスト業者が対策を練っているからです。

webテストの問題を頻繁に更新しているため、解答集が使えない

webテストを作ってる会社はそれだけで飯を食ってます。

当然、twitterやメルカリで自社のテストの解答集が販売されてるわけで、それを見逃すわけがない。

なぜなら取引先の企業からクレームがくるからです。

それに対して企業が行っている対策が問題をアップデートすることなのだ。問題文や数字や形式を変えることで解答集がヒットしないように工夫している。しかもそれは一年に一回とかではないです。

月に数回なんです。

よくwebテストの解答集最新です!と言って販売してる奴は最新に対応できてない。そんなに豆に解答集をアップデートできないし、解答集を売って儲けようとするやつがそんな頻繁にwebテストを受けて解答集をブラッシュアップしないんのです。

よって、解答集のヒット率はびっくりするぐらいに低いです。

解答集買ったら死んだ

僕は実際にメルカリ、ヤフオク、twiter、noteで良さそうなwebテスト解答集を購入して実践で使ってみただが、話にならなかった。

実験的にどこまでこの解答集が使えるのか試してみることにしたのだ。

僕は早慶の学生でバイトはずっと塾講師。SPIはかなり高得点を出した。webテストをやりながらエクセルを開いて問題を検索すると、まずヒットしない。

ヒットしても自分の解答と違う、そんな状況が続く。

それに同じ問題がいくつかヒットして解答が全部バラバラなんていう最悪の状態もいくつかあった。

つまり闇だ。解答集は使い物にならない。解答集の値段や人気度は一切関係ない。

そのほとんどが使い物にならないし、これを使って行きたい企業のテストを受けたらかなりの確率で落ちてしまう。

現に友人も粗悪な解答集を使ったせいで見事に第一志望の企業に落ちた。

解答集を使ってバレるバレない以前に、使い物にならない解答集が多すぎるのだ。

玉手箱/webテスト受けない就活の仕方もある

ここまで解答集や答えについて述べてきたが、必ずしもwebテストを受けることだけが就活ではない。

もちろん大手や優良企業はwebテストを求める割合が高く、webテストを必要としない企業はしょぼい企業も多いです。

だが、OfferBoxを使えば状況は一変する。Webテスト免除で面接から始まるオファーが届くのだ。しかも企業も、

大手優良企業ばかり。

コロナによって続々と企業が参入してる。webテスト受けなくてもこういう企業からの特別選考に乗れて内定が取れます。

良い企業のオファーほど他の学生に取られてしまうので、早めに登録するのがオススメです。

→OfferBoxの公式サイトへ行く

\30秒の登録で逆オファーが届く/

今すぐ使ってみる

※良いオファーは早い者勝ちなので早めに

粗悪なwevテスト解答集の見分け方

大体文面見ればわかります。

・先輩から譲り受けました

自分で古い解答集であることを公言してるようなものです。去年の解答集は全く参考になりません。

・ゼミのメンバーで作りました

そんなもの売るはずない

・いろんな解答集を寄せ集めまたした系

ゴミの塊。やたら解答は多いけどほとんどが過去の解答

・東大や早慶で出回ってる解答集です

出回ってない。早慶にいたから分かるけど、解答集作らないでも個人の能力で突破できるし、解答集を作る時間が無駄。

答えや解答集が必要なほどwebテのボーダーは高くない

そもそも、玉手箱などのwebテストの答えや解答集を集めてる人はたくさんいるが、ボーダーはそこまで高くないことを知っているのだろうか。

SPIに比べても難易度が高く準備期間がいるwebテストのボーダーは外資系を除けば5~6割りできれば突破することが可能だ。

このあたりのボーダーラインは【23卒用】webテスト/玉手箱のボーダーラインを企業別にまとめてみたに詳細に書いたので、自分の受ける企業についてよく読んでみて欲しい。

想像以上にできてなくても受かるのだ。

よって、答えや解答集を手にいいれてほぼ満点近い出来を目指そう!とすること自体が間違っている。半分できていれば受かるのだから。

さっさとボーダーラインを超えるだけの努力をして、面接対策やESに時間を割いた方がワンランク上の企業の内定が取れます。

webテストの代行や協力プレイは使えるか?

zoomが発達したおかげでwebテストをやりながら頭の良い友達と画面共有して一緒に問題を解く協力プレイができるようになった。

他にも同じ部屋で受けて隣にいてもらったり、なんなら代行で代わりにログインしてもらって受けてもらう人もいる。

このリスクは「果たして、そいつは本当に頭が良いのか?」ということだ。これで落ちたら友情にヒビが入るし、そんなことで友達を失うのは馬鹿馬鹿しい。

これらの代行や協力プレイが企業にバレることはないが、これをやるのは面倒だしお金がかかったりもする。

そこまでしてwebテストって解くもの?とも思うし、仲の良い友達がいないとできないことだ。

玉手箱,GAB,TG-WEBの使える答えや解答集のまとめ

粗悪なものが広がっていて一生を台無しにする可能性も高いのでネットの解答集や答えは使わないことをオススメします。

また、友人たちと協力プレイしてもいいけど友情にヒビが入ったり無駄に労力使ったりするので使うならよく考えてください。

玉手箱はじめwebテストを使わなくてもOfferBoxを使ってテストを免除してもらう方法も十分あります。

解答集を使う行為は道徳的にも反してるし、企業の採用活動を侵害する危険な行為なので購入しないことを強くオススメします。

そんなんで嫌な気分になったり神経使ったり後ろめたい気分を背負うのって馬鹿馬鹿しいです。

 

【23卒用】早期選考やインターン優遇で有利に就活を進める方法

インターンや早期選考に乗れば、格段に内定率が上がります。通常選考よりも受かりやすいので、絶対に参加するのオススメ。

その選考に乗っかっていくために必要な就活サービスをまとめてみた。ぜひ登録して、周囲と差をつけて欲しい。

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 大手やホワイトからインターンや早期選考のオファーが届く。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。OfferBox の自己分析ソフトも優秀で、質問に答えるだけで簡単にグラフ化された自己分析ができる。

こんな就活生にOfferBox

  • インターンや早期選考のオファーが欲しい
  • 大手企業の選考を有利に進めたい
  • 内定を早めにもらって安心と自信をつけたい

内定者ESが見れる【Unistyle】

インターンと早期選考の選考内容の充実度は一番。突破者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。インターン情報は常に最新で、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyle

  • インターン優遇や早期選考のコツが知りたい
  • インターン情報を見逃したくない
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい

23卒に人気の記事

1

【23卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準   この記事ではSPIテストセンターの点数と出来を判断するための高得点目安について解説していく。 SPIテストセンターの結果は受験 ...

2

この記事ではwebテストとSPIの解答集をまとめ、その中で何が一番良いのかと使うリスクについて書きます。 WebテストとかSPIテストセンター もう無理!ってなったら思いつくのは答えが詰まった解答集を ...

3

毎年SPIの対策が遅れてボロボロの得点を叩き出し、就活までボロボロになっている就活生は多数いる。 SPIできなかった、全然できないなんて人もいるだろう。 ある程度時間をかけないと足切り点まで点数をあげ ...

-webテスト