インターン

【23卒】オープンハウスのインターン倍率と早期選考を参加者がまとめてみた

この記事ではオープンハウスの早期選考やインターン倍率などについて書いていきます。

ここ数年におけるオープンハウスの成長はすさまじく、業績はとても堅調です。

オープンハウスは実力主義の社風であることでも知られていますが、この企業を受ける就活生もこのことをよく知った上で応募する傾向にあります。若手社員であっても自分の努力次第で、年収1000万円も夢ではありませんし、役職がつくことも珍しくありません。

一方で、営業職は向き不向きが激しい仕事の一つであるため、仕事に辛さを感じるあまり、入社してすぐに辞職してしまう人も珍しくないそうです。高い対人スキルや強いメンタルが求められるため、就職を考えている方は自己分析をしっかりと行う必要があります。

 

毎年、オープンハウスはインターンを開催しています。インターンではこの会社の雰囲気や仕事内容を知ることができ、社員の方と接する機会もまた用意されています。

オープンハウスに興味のある方は、インターンに参加し、適正を計ってみることをおすすめします。

インターンの選考フロー

オープンハウスのインターンに参加するためには、ES提出後、さらに1~2回の面接試験にクリアする必要があります。

ESでは自己PRに加えて、志望動機が求められます。面接に進んでもこれらは重要であり、「学生時代に頑張ったこと」、「インターンにどうして参加したいのか」、「なぜハウスメーカーで働きたいのか」について、しっかりとまとめ、話せるようになる必要があります。

また、面接では回答内容のみならず、対話力に加えて、対応力もみられるため、コミュニケーションスキルはもちろんのこと、臨機応変な対応をとることができれば評価は一段とアップするはずです。

 

インターンの選考フローにおける面接で、「営業はきついけど、大丈夫?」といった質問をされることもあるそうです。しかし、批判的な質問や、大きな困惑を招くような質問、あるいは叱責されるなどといったこともほとんどありません。

 

インターンに参加できる倍率はどのくらい?

オープンハウスのインターンはやる気があれば、参加できる可能性は高いです。

応募者の8割~9割はインターンに進むことができます。

 

どうやったら合格できる?

オープンハウスでは志望動機、仕事への意気込みが重視されているため、オープンハウス、及びハウスメーカーに就職したい理由をきちんと整理し、言葉で伝えられるようにしておくことがポイントです。

 

〇落ちたら本選考にも影響が出る?

オープンハウスは採用の門をいくつも広げているため、インターンの選考に落ちても、努力しだいで可能性は拓けます。

 

〇インターンに参加している学生の所属大学や傾向

日東駒専レベルから旧帝大レベルまで幅広いです。

オープンハウスの総合職の仕事内容は事務系、営業系であり、文系のイメージが強いですが、理系の学生の参加者も珍しくないようです。

オープンハウスの社員は仕事に対して熱い思いをもっており、社風は体育会系であることはよく知られています。

インターンに参加している学生も体育会系で、エネルギッシュな学生がほとんどです。

 

インターンの内容

2020年夏に開催されたインターンでは、オープンハウス内でも高い役職にある社員による講演を聞くことができました。講演後には質疑応答の時間なども用意されていたそうです。

また、若手社員との座談会があり、比較的自由な雰囲気のなかで発言したり、質問したりできる時間もありました。

 

グループワークではハウスメーカーの仕事を体験できます。グループメンバー内での企画立案などの作業が終わったら、発表に向けて各自準備をします。各グループが行う発表について、順位も付くそうです。

発表後、社員の方から頂けるフィードバックは、非常に勉強になると好評です。

 

ちなみに、2017年夏に開催されたインターンでは、インターン参加者がお客様役を行う人事に対して、住宅の提案を行いました。

 

インターンのプログラムには、ショールーム見学が含まれることもあるそうです。オープンハウスのインターンは、比較的短い期間ではあるものの、オープンハウスについて、広く、深く知ることができる場ですので大変魅力的です。

 

〇インターンではどこをみられているのか

コミュニケーション力や積極性はよく見られているため、意欲的姿勢で取り組むことが大切です。

 

オープンハウスはインターンが早期選考に繋がる

インターンシップ参加者は、早期選考の案内と一次選考免除の案内がきます。

本選考の場合ですと、面接の前に、Webテスト、複数回のリクルーター面談もあり、その後、3~5回の面接が行われるのが一般的です。

 

エントリーすれば、企業から就活生にリクルーターを付けてもらうことができ、にこやかな雰囲気のなかで就活に関する相談に乗ってもらえることもあるといいます。

本選考の場合においては、面接の前にリクルーターと複数回面談を行うことが一般的なようです。

 

インターン参加者には面接前のリクルーター面談もなく、面接も一次免除となるために、インターン終了後に行われる面接(4回程度)で採用に辿り着くことができます。

オープンハウスの面接は圧迫面接などでも知られていますが、インターン参加者の面接の雰囲気は穏やかであり、質問内容も志望動機、大学で頑張ったこと、将来の夢など基本的な内容がほとんどになります。

 

インターン参加者のメリットとして、内定が出るまで、フォローや面談もしてもらえるそうです。

 

インターンの参加人数は非常に多いため、社員の方に覚えてもらうことも内定をとるポイントとなります。

 

オープンハウスのインターンはおすすめ

オープンハウスのインターンはおすすめです。

インターンに参加することによって、オープンハウスについてのみならず、ハウスメーカー全体について学ぶことができるため、この業界に少しでも興味のある方は有意義な時間を過ごせるでしょう。

 

インターンでは社員との距離が近く、若手社員とお話できる機会も用意されています。

これまでのインターンでは、直接質問を行うことができ、グループでの発表後にはフィードバックを頂けることもありました。

実際に働かれている方と直接お話することができ、社内の雰囲気のみならず、社員の雰囲気も肌で感じることができるのです。

 

オープンハウスは多くの学生たちから注目を集めており、入社後は自分しだいで飛躍的に成長でき、同年代よりも高い年収も期待できます。

 

インターン終了後は早期選考ルートの案内がくるため、他の就活生よりも前進できることは確実です。

 

オープンハウスの早期選考とインターンのまとめ

オープンハウスは完全実力主義、体育会系の社風としても知られている企業です。

自分の頑張りが評価され、収入にもしっかりと反映されるので、とても働き甲斐のある会社といえます。

 

急成長を成し遂げたベンチャー企業であり、現在の業績も好調であり、今後も会社の規模が拡大されていくはずです。

常に新鮮味を感じながら、主体的に働きたいという方におすすめの企業といえるでしょう。

 

オープンハウスのインターンに参加することによって、ハウスメーカーについて学べ、業務体験を行いながら仕事内容を理解することができます。

 

就活生によっても、選考フローによっても異なる部分はありますが、オープンハウスを本選考で受ける場合は、面接に加えて、複数回のリクルーター面談やSPIもあります。

ハウスメーカーの仕事について知ることができ、さらには本選考よりも少ないステップで採用に辿り着ける可能性のあるインターンは、この会社に興味のある方は見逃せないといえるでしょう。

【厳選】志望企業の内定率をあげるオススメの就活サービス

就活は馬鹿正直にやってるとどんどん差をつけられて消耗します。

就活で無双する学生は最新の就活サービスをフル活用して効率よく就活戦に挑んでいます。 できる限り近道して有利に内定を取ってください。

しかし、就活サービスと言っても質が悪いのもあれば良い物まで入り混じっていてカオスな状況だ。中には就活生を金としかみてない業者もある。ここでは本当に第一志望、志望業界への内定率をグッと押し上げてくれる就活サービスを紹介したい。

就活は情報戦なので是非登録して周囲と差をつけて欲しい。

内定者ESが見れる【Unistyle】

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。志望企業の内定者ESは間違いなく無料で見れるし、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyleがおすすめ

  • ESを手っ取り早く、もっと良くしたい
  • 大手企業を狙っている
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 これひとつ登録しておけば、寝ててもオファーが来るので楽大手やホワイトからの内定チャンスも増えるので登録した方が良い。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。OfferBox の自己分析ソフトも優秀で、質問に答えるだけで簡単にグラフ化された自己分析ができる。

こんな就活生にOfferBox がおすすめ

  • 大手&優良企業からの逆オファーが欲しい
  • 自己分析を簡単に済ませたい
  • まず一つ内定を手に入れて心を落ち着かせたい

22卒に人気の記事

1

この記事ではwebテストとSPIの解答集をまとめ、その中で何が一番良いのかと使うリスクについて書きます。 WebテストとかSPIテストセンター もう無理!ってなったら思いつくのは答えが詰まった解答集を ...

2

この記事ではSPIを極力受けたくないけど、良い会社に行きたい人向けにSPI必要ない企業、実施しない企業をまとめてみました。 もちろん大抵の優良や大手になるとSPIなり玉手箱なテストを設けることで就活生 ...

3

毎年SPIの対策が遅れてボロボロの得点を叩き出し、就活までボロボロになっている就活生は多数いる。 SPIできなかった、全然できないなんて人もいるだろう。 ある程度時間をかけないと足切り点まで点数をあげ ...

4

SPIでどの企業に受かったら使い回しても可能なの?とかこの企業のボーダーラインってどれくらいなの?というのはかなり気になるところだ。 実際、企業によってそのボーダーラインはまちまちだし毎年多くの就活生 ...

5

顔採用してます!なんて今の時代に公表しちゃうと色々とまずいので企業側も全面的に言うことはないです。 けれども入社してる人や新卒のメンツみて「いや、明らかに顔採用だろ!」みたいにツッコまれてる会社はたく ...

-インターン

© 2021 【22卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準 Powered by AFFINGER5