就活サイト

コロナはチャンス!こんな時こそガチで使える就活サービス3選

コロナで就活事情が例年と全く違ってきてます。オンラインによる選考が熱くなってるので従来の方法で闘ってると痛い目みます。

逆にこういうときはチャンスです。

自分のレベル以上の企業に入れたりします。逆に自分に見合ってないレベルの低い企業に入ってしまう場合も。

なので、この状況下でも自分の就活を有利に、効率よく進めてくれる就活サービスを使う必要があります。うざったいメールしか来ない就活サービス使ってたら就活失敗する確率大です。

そういうのは本当によくないので、一回このページで本当に登録しておくべき就活サービスをランキング形式で紹介しようと思います。

選考キーワードとしてはコロナの中どうするか?ってことです。

就活サービスランキング3選

早速紹介していきたいと思います。

だらだらと就活サービスを紹介する気はないです。

三つだけです。この三つだけをしっかりと登録しておけば別にコロナも怖くないです。

ようはコロナを逆手に取ることと、この状況下でも粛々と内定を取ることがキーポイントになってます。

第1位 OfferBox

コロナのせいでオンライン採用が活発になっており、オファーボックスが盛況になっている。

オファーの数も例年に比べて多く、積極的に採用活動をしたいけどウェブでやるしかない企業がこぞってオファーボックス を利用していると聞いた。

なので、この時期に登録をしておけば、自分のレベル以上の優良企業からオファーがくるのでかなりお得だ。

ちなみにどれくらいのレベルの企業からオファーがくるかと言うと、

このレベルの企業からオファーがくる。

これはほんの一部。普段のESで書いてるような内容を登録しておいてオファーがくるんだから使わないないのは損です。

良いオファーほど早くなくなってしまうので、オファーボックスに早めに登録しておくのがオススメ。

→OfferBoxの公式サイトへ行く

\30秒の登録で逆オファーが届く/

今すぐ使ってみる

※良いオファーは早い者勝ちなので早めに

 

第2位 Unisyle

各企業コロナのせいで選考時期を送られせたり、選考期限が伸びたりと情報が入り乱れている。

これらで混乱しないためにも正確な情報を入手する必要がある。

最新の情報という意味ではunistyleが一番早くて正確。

ここの編集部はtwitterに張り付いているので情報をリアルタイムで収集している。サイトの方も常に選考情報がフレッシュなので重宝する。

いつの情報だよ?みたいなことを永遠と垂れ流してる就活サイトも多いのでこれはかなり有益。

コロナの中、正確な情報を入手したいならunistyle一択。ESの登録数も一番なので真似して書類突破の確率をあげることもできる。

界隈でも有名だが「良いの?」ってぐらい情報がダダ漏れなので見ないと損だ。

→unistyleの公式サイトへ行く

\30秒の登録で内定に近づく/

今すぐ読んでみる

※手遅れにならないうちに対策を練ろう

第3位 matcher

この状況下で大々的にOB訪問ができなくなってきた。

オンライン通話でやる人も増えているが、わざわざ会社までいかなくて良いというのは逆に言えばチャンスだと個人的には思う。

社会人も家にいるので時間はある。気軽に会社や業界のことについて教えてくれるので、積極的にオンラインOBOG訪問をするべきだ。

いきたい企業や業界にいなければmatcherで探せば大抵は解決できると思う。

OBOG訪問で疲れ切ってる社会人が少ないので、逆にいろいろなことを聞けるし、相談がしやすい。

就活サービスを使い倒してコロナに負けるな

三つだけ紹介しました。

コロナの就活はチャンスです。普段ではいけないような企業に行ける人も出てきます。

逆に高学歴の人が就活失敗する可能性も増えてきます。

なので使える就活サービスをしっかりと使って他の就活生よりも効率よく有利に就活を進めて欲しいです。

特にOfferBoxunistyleを使えば、大きく差をつけることができるし、何より効率的に内定を取れます。

使わないのは損です。

  • この記事を書いた人

芝さん/SPI専門家

就活の名人を運営している芝さんです。年間のべ100万人の就活生が当サイトを参考にしています。SPI・webテスト専門家です。ゼミ友と組んでSPIの対策をしていたのでテスト対策や就活情報を掲載しています。

-就活サイト