総合商社

総合商社を含めた就活でのTOEICの価値

pexels-photo-medium

TOEICの点数が600点以上だ、満点だーなどという会話が商社を志望する学生の間で
飛び交うのはもはや定番になっています。英語を使ってビジネスをする機会もその職業柄ざら
なので、当然語学ができたほうが有利というのはあります。

ただ近年ではTOEICの点数の価値というものが昔に比べると変わってきている気がするので、就活におけるその価値を再び考えてみたいと思います。

 

留学経験者の増加

今や留学を行くことが当たり前になりつつあるので、「留学経験あり」という経歴があまり目新しいものにはなっていません。交換留学、私費留学など多種多様の留学の形が増えました。短期留学では話にならない、何て状況になっています。

そんな中でTOEICの点数がどうのこうのというレベルになっているのだろうか。企業の中ではだいぶTOEICの点数に関して懐疑的な人事も増えており、TOEICの点数と英語力は決して比例しないということを知り始めました。

企業のグローバル化もかなり進み、TOEICの点数を指標にしているレベルでは到底業務は遂行できません。海外大学の出身者を当てがうなどが増えている昨今では、TOEICでの高得点が必ずしも就活を有利に進めるとはなりづらくなっています。

 

そもそもTOEICは必須ではない

実はTOEICの点数を書く欄こそあれ、それは必須ではない。就活は「自分をマーケティング」することだとよく言われますが、TOEICが例えば600ぐらいであればむしろ書かない方が良いんじゃないかとすら思う。だって、帰国子女とか長期留学経験者は普通に満点近く叩き出すわけだ。英語で勝負するのではなく別で勝負するというスタンスがあっても良いかもしれない。今や英語はできて当たり前の社会になっている。少なくともテストの点数ではそれなりにできないと相当に厳しいだろう。

また総合商社をはじめ、大手の人気企業の場合は学生も本気でTOEICの点数を仕上げてくるので差がつきにくいです。なので、10点や20点を挙げていくために多大なる時間をかけるのはナンセンスな話だと個人的には考えてます

とは言っても基準は600点

600点を取っていれば「英語はできる」と人事は判断します。実際の話、会社に入社してから英語の研修はあるということもあり、人事的には「英語はどうにでもなる」と考えている節はあります。当然できるに越したことはないんですが、それ以上に人間性やマッチング、どこまでできるか、といった要素の方が大切です。よってそこまでTOEICの点数に気にするべきではありません。現在ではSPIで英語もあるわけで、それを突破すれば頭脳の意味では合格が出ていることになるので、あとは面接で一人の人間として、というところが見られるのです。

一つの基準として600点と言われることがありますが、別にTOEICを受けていないでも内定を取る学生がいる関係上、結果としての学歴はもちろん大事なわけですが、例年五大商社でもいわゆるそこまで高い偏差値ではない大学から合格者が出ていますす。そのことはよくよく知っておきましょう。

英語以外の語学は?

例えば、英語ができる学生はたくさんいますが、フランス語やドイツ語、中国語など、マイナーになればなるほど
その語学に精通した学生は少なくなります。そういう中で、なにか一つでもマイナーな言語を習得してそれを証明できる場合があれば、その学生はかなり選考で有利になります。(商社は僻地勤務も多く、主要言語以外を使っている地域で働く事も多々ある。)  つまり英語圏に留学に行かないで、もっと違う語学圏の国で言語を学んだ方が随分と価値があるという風に思います。伊藤忠は中国語、双日はヨーロッパ、豊田通商はアフリカに特化しているのでフランス語などなど、各総合商社が強みを持っている国の言語ができればTOEICよりもはるかに効力を発揮します。

【厳選】志望企業の内定率をあげるオススメの就活サービス

就活は馬鹿正直にやってるとどんどん差をつけられて消耗します。

就活で無双する学生は最新の就活サービスをフル活用して効率よく就活戦に挑んでいます。 できる限り近道して有利に内定を取ってください。

しかし、就活サービスと言っても質が悪いのもあれば良い物まで入り混じっていてカオスな状況だ。中には就活生を金としかみてない業者もある。ここでは本当に第一志望、志望業界への内定率をグッと押し上げてくれる就活サービスを紹介したい。

就活は情報戦なので是非登録して周囲と差をつけて欲しい。

内定者ESが見れる【Unistyle】

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。志望企業の内定者ESは間違いなく無料で見れるし、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyleがおすすめ

  • ESを手っ取り早く、もっと良くしたい
  • 大手企業を狙っている
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 これひとつ登録しておけば、寝ててもオファーが来るので楽大手やホワイトからの内定チャンスも増えるので登録した方が良い。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。OfferBox の自己分析ソフトも優秀で、質問に答えるだけで簡単にグラフ化された自己分析ができる。

こんな就活生にOfferBox がおすすめ

  • 大手&優良企業からの逆オファーが欲しい
  • 自己分析を簡単に済ませたい
  • まず一つ内定を手に入れて心を落ち着かせたい

22卒に人気の記事

1

この記事ではwebテストとSPIの解答集をまとめ、その中で何が一番良いのかと使うリスクについて書きます。 WebテストとかSPIテストセンター もう無理!ってなったら思いつくのは答えが詰まった解答集を ...

2

この記事ではSPIを極力受けたくないけど、良い会社に行きたい人向けにSPI必要ない企業、実施しない企業をまとめてみました。 もちろん大抵の優良や大手になるとSPIなり玉手箱なテストを設けることで就活生 ...

3

毎年SPIの対策が遅れてボロボロの得点を叩き出し、就活までボロボロになっている就活生は多数いる。 SPIできなかった、全然できないなんて人もいるだろう。 ある程度時間をかけないと足切り点まで点数をあげ ...

4

SPIでどの企業に受かったら使い回しても可能なの?とかこの企業のボーダーラインってどれくらいなの?というのはかなり気になるところだ。 実際、企業によってそのボーダーラインはまちまちだし毎年多くの就活生 ...

5

この記事はSPIを対策なしで挑んだりノー勉で受けようとしてる人に向けて考えたものを書いてみます。 SPIをノー勉でチャレンジしようとしているそこのあなた。 その戦略は実は悪くなかったりするが、就活失敗 ...

-総合商社

© 2021 【22卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準 Powered by AFFINGER5