就活コラム

OB訪問なしで内定をもらうことは可能か?と聞かれれば可能だと答える記事です

OB訪問の目的は数多くありますが、詰まるところはその企業からの内定をもらうためという目的が一番強いですよね。というか、それ以外にあんまし意味が見出せないのは確かです。

ただ、OB訪問はOBを見つけて日程調整して実際に会ってと時間がかかるのは確かです。これを何人もやるのかと思うと気が遠くなってしまうのは無理もない話です。それで落ちてしまったら完璧に時間の無駄じゃないか!と思うことも。この記事ではOB訪問なしでその企業に内定をもらうことは可能かどうか、就活生のために記事を書いていきたいと思います。

タイトルにもある通り、可能っちゃ可能ですよ、って事なんですがその理由や懸念点なども含めて書いていきます。

OB訪問は内定に繋がるのか

そもそもOB訪問をやる理由を挙げてみると、

  1. 就活の相談
  2. 選考情報を聞く
  3. 模擬面接やってもらう
  4. ESチェック
  5. 会社の内情を聞く

この5つになります。こうなると、確かにOB訪問をやると凄そうなイメージがあるんですが、これが内定に繋がるかというとそうとも言えません。例えば、OB訪問から特別選考に乗っかる会社やリクルーターがついたりする会社は別ですが、ほとんどの会社はOB訪問を任意でやってます。

かつて、総合商社がOB訪問を何人したかESや面接で聞き、人数が多いほど選考に有利になるという時代がありましたが、それも終わりました。結局、そんな事やってもバカバカしいやん、って事に気が付いたんだと思います。

ネットの普及によってOB訪問の価値がなくなっているのは事実です。内定を得るために必要な情報は手に入れる事ができるからです。(もちろん情報を判別する能力は大事ですが)

わざわざ多大なる時間と労力を使ってOB訪問をするだけの価値はこの時代にはないんですよ。

内定を得るためにはOB訪問をして、情報を聞き出して対策するという時代ではなくなりました。なので、OB訪問が絶対的に必要な就活は終了しました。

OB訪問が有利なのは事実だ

とはいえ、OB訪問をする事で得られる情報はネットでは得られない事もしばしばだ。

ネットで得られる情報は断片的だ。会社の内部事情や選考などは、直接人に会って見る事で初めて分かる事も多い。空気感や微妙なニュアンスはネットの情報では得られないからだ。

また、面接中にも「OB訪問をして〜こんな風に感じました」みたいな答え方をすれば説得力は増す。面接側サイドも「ああ、こいつOB訪問してるんだ。志望度高いやー」と安心するわけだ。

OB訪問してみて、「この会社ブラックやん、やめとこ」みたいな事もできるので、内定を取るどうこうよりも大切な情報が知れたりする。わりかしOB訪問では社員も本音で言ってくれるのが良いところ。

こう書いても恐らくOB訪問をしたくない人はしたくないだろう。実際、OB訪問をしないで内定できるのかについて次から述べてみたい。

OB訪問なしで内定を取る方法

OB訪問なしで内定を取っている人はいくらでもある。それは大企業から中小企業問わずだ。何なら説明会にすら参加してないで内定してその会社に入社している人もいる。それはそれで入社後ハッピーになれるのかどうか疑問だけど、ここからはOB訪問なしで内定を取る方法を述べていきたい。

ネットでありったけの情報を手に入れておく

ともかくOB訪問しないのであれば、その企業の情報をネットでよく探そう。

会社の採用ページを見るのもいいけど「たいてい良いことしか書いてない」のであまり参考にならない。他の就活生も当然そこは見ているので、採用ページに書かれていることでESを書いて面接に挑むと「まーた同じこと言ってラー」となって印象悪いです。

会社の口コミサイトでまず会社の雰囲気や内情を掴んでおくこと。ESは大手内定者のESを参考にして自分用にカスタマイズすると、落ちる確率が劇的に少なくなっていく。OB訪問でESチェックしてもらえないので、ネットの情報をフル活用してESを家で作り込む必要がある。

就活サイトに多く登録しておく

就活サイトと言うとリクナビやマイナビのイメージが強いと思うが、それら以外にも数多くの使える就活サイトがある。OB訪問をしないことのデメリットに、就活のスイッチが入りにくいこと、模擬面接できないこと、などが挙げられる。

OB訪問すると就活モードになって気持ちが入りやすい。また、OBに面接の指摘などしてもらえるので修正点が明確になりやすい。

OB訪問をしないのであれば、就活サイトたちが各自やっているセミナーや面接の講習会に参加するべきだ。ニクリーチなどのように大手の人事が食事に連れて行ってくれて選考が始まるようなサービスもある。

内定を取る学生が5つ以上の就活サイトに登録していることを考えれば、早めに使える就活サイトに登録をして必要な行動(かつ面倒じゃない)をして行った方が良いだろう。

\先手で有利に就活をしよう/

仲間を見つけろ

これは僕が使っていたのだが、大学の学部やサークルなどで同じ業界、会社を受ける人間は必ずいる。大学の学内説明会などに積極的に参加して、就活仲間を作ってくれ。同じ大学だと仲間意識も芽生えやすいので、情報をくれる。OB訪問や企業研究などをしっかりとやっている人を見つけて、情報を聞き出してしまうのは賢い手段だ。

もちろん、情報をもらってばかりだと悪いので、ご飯を奢ってあげたりしてちゃんとお互いにメリットがある関係にならないといけない。

仲間を見つければ、情報の交換の他に悩みや相談を打ち明けることができるので、一人で鬱ぎ込む可能性も低くなる。インターンなどでも仲間ができるので、積極的にチェックしておこう。

まとめ

OB訪問をしないでも内定を得ることは可能だ。大事なことはOB訪問で本来得られたはずの情報をネットや就活サイト、仲間から集めるのが大事。

実際、OB訪問はかなり気を使うので、それに比べればネットや友人からの情報の収集の方が簡単だ。自分にあった方法で就活をしてみてほしい。

【厳選】志望企業の内定率をあげるオススメの就活サービス

就活は馬鹿正直にやってるとどんどん差をつけられて消耗します。

就活で無双する学生は最新の就活サービスをフル活用して効率よく就活戦に挑んでいます。 できる限り近道して有利に内定を取ってください。

しかし、就活サービスと言っても質が悪いのもあれば良い物まで入り混じっていてカオスな状況だ。中には就活生を金としかみてない業者もある。ここでは本当に第一志望、志望業界への内定率をグッと押し上げてくれる就活サービスを紹介したい。

就活は情報戦なので是非登録して周囲と差をつけて欲しい。

内定者ESが見れる【Unistyle】

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。志望企業の内定者ESは間違いなく無料で見れるし、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyleがおすすめ

  • ESを手っ取り早く、もっと良くしたい
  • 大手企業を狙っている
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 これひとつ登録しておけば、寝ててもオファーが来るので楽大手やホワイトからの内定チャンスも増えるので登録した方が良い。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。OfferBox の自己分析ソフトも優秀で、質問に答えるだけで簡単にグラフ化された自己分析ができる。

こんな就活生にOfferBox がおすすめ

  • 大手&優良企業からの逆オファーが欲しい
  • 自己分析を簡単に済ませたい
  • まず一つ内定を手に入れて心を落ち着かせたい

22卒に人気の記事

1

この記事ではwebテストとSPIの解答集をまとめ、その中で何が一番良いのかと使うリスクについて書きます。 WebテストとかSPIテストセンター もう無理!ってなったら思いつくのは答えが詰まった解答集を ...

2

この記事ではSPIを極力受けたくないけど、良い会社に行きたい人向けにSPI必要ない企業、実施しない企業をまとめてみました。 もちろん大抵の優良や大手になるとSPIなり玉手箱なテストを設けることで就活生 ...

3

毎年SPIの対策が遅れてボロボロの得点を叩き出し、就活までボロボロになっている就活生は多数いる。 SPIできなかった、全然できないなんて人もいるだろう。 ある程度時間をかけないと足切り点まで点数をあげ ...

4

SPIでどの企業に受かったら使い回しても可能なの?とかこの企業のボーダーラインってどれくらいなの?というのはかなり気になるところだ。 実際、企業によってそのボーダーラインはまちまちだし毎年多くの就活生 ...

5

この記事はSPIを対策なしで挑んだりノー勉で受けようとしてる人に向けて考えたものを書いてみます。 SPIをノー勉でチャレンジしようとしているそこのあなた。 その戦略は実は悪くなかったりするが、就活失敗 ...

-就活コラム

© 2021 【22卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準 Powered by AFFINGER5