ユニチャーム 早期選考 インターン優遇 倍率

インターン優遇 就活コラム

【24卒】ユニチャームのインターン優遇/早期選考まとめ!倍率も計算した

〇インターンの人気度

ユニチャームといえば、紙おむつや生理用品で代表的な大手衛生用品メーカーです。特に、紙おむつの「moony」、マスクの「超快適」を知っている人も多く、メーカー志望の就活生にとっては人気の企業です。更に、ユニチャームは海外にも事業展開をしていて、特にアジア各国ではトップシェアを獲得しています。そのため、海外志向の強い就活生にとってはとても魅力的な企業です。

また、インターンシップも実践的なインターンシップが多く、それに伴い、人気な印象です。

 

〇インターンの選考フロー

ユニチャームでは、ES提出、適性検査、WEB面接、の3点が必要です。どのインターンシップも2days以上のインターンシップで、参加人数も多くないため、このようなフローが置かれていると推測できます。

 

〇ES内容

ESでは、ユニチャームのインターンシップに興味を持ったきっかけ・インターンシップに応募した理由・コースの志望理由・あなたの日々の生活の中での選択や決断をどのような価値観に基づいているのか・理想の人生に近づくためにどんな仕事に就きたいかなどでした。コースによって、ESの設問は変わっています。また、設問内容も少し変化球のような内容が多い印象でした。そのため、企業研究や設問の意味を理解した上でESを書くようにしましょう。

 

〇WEBテスト

WEBテストは、SPIです。性格はなく、非言語と言語でした。参考書や他社の選考の中で受けるWEBテストをしっかりと受けていれば大丈夫でしょう。

 

〇面接

面接は2回行われました。

1次面接は、動画面接でした。聞かれた設問は、何か一つの物事に取り組んでいる時に、意図せず大きな変更を余儀なくされた経験について・達成困難な目標を設定して、その実現に向けて取り組んだ経験についての2点でした。2つとも、3分程度あったので、だらだら話さないように注意しましょう。一方で、友人は自己紹介、自己PR、志望理由を2分以内に話すという内容だったため、一律同じ動画面接ではなさそうです。

2次面接(最終面接)はオンラインですが、学生3人対面接官1という構図でした。聞かれた内容としては、ESで書いた内容沿って行われました。あなたの日々の生活の中での選択や決断をどのような価値観に基づいているのか、どうしてこのコースを志望したのかです。和やかな雰囲気でしたが、挙手制だったので、そこが少し動揺しました。

 

〇インターンの倍率

ユニチャームのインターンシップの倍率はとても高いです。実際に、インターンシップの開催数が多くないこと、1度の開催に参加できる学生の数が少ないため、倍率が高くなります。さらに、ユニチャームの企業としての人気を考えると、倍率はとても高く、狭き門だと推測できます。周囲もあまりインターンシップに合格できた人が少なかったです。採用倍率も500倍以上と言われており、インターンシップも同様の数値が考えらえます。

 

〇インターンの内容

・営業職

オンラインで開催です。様々なデータや現場で得た情報を組み合わせ、お客様の課題などを発見し、戦略を立案するパートナーとして働く提案型営業ワークを2日間で行います。

 

・マーケティング職

2日間のオンライン開催です。市場調査などを通して、お客様の行動やニーズの分析、商品開発や改良のアイデアを見つけ、商品をどのように世の中に拡げていくか考えます。それらをパッケージ・広告・販売戦略に落とし込むマーケティングワークを経験できます。

 

・パーソナルケア商品開発職

商品開発をグループワークと個人ワーク通して理解できます。

グループワークでは、現状分析や商品の構造、部材の機能・用途について実験を通して理解をします。顧客の課題点に対してあるべき姿の発表を行います。

個人ワークでは、あるべき姿から手段の検討や資材を用いて実際に手試作、機能評価を実施など実践的に行います。そして、マーケティング要素も含め顧客の求める商品を提案します。5日間で、オンラインと対面を合わせています。

 

・ペットフード商品開発職

ペットの「元気」を支える商品開発について体験できるコースです。4日間で行われ、使用現場からの仮説立証や現状分析、商品開発まで行います。対面予定です。

 

・購買職

購買業務における業界分析や業務プロセスの習得、また交渉業務などを体験できます。3日間で開催され、対面です。フィードバックが手厚く、とても実践的なワークになります。

 

・設備開発職

3日で、オンライン開催です。生産設備の開発・設計・立ち上げ(セットアップ)を体験できるコースです。設備開発における製造工程検討し、生産ラインの提案を行います。

 

〇インターンの優遇は早期選考??

ユニチャームのインターンシップには様々ン優遇があります。

例えば、インターンシップ参加後のイベントへの招待です。インターンシップ参加者限定の座談会や、見学会がありました。そこで、先輩社員と様々な話をすることができ、座談会に招待された人は、全員1次面接まで行けるとのことでした。イベントも多数あり、参加することで、より一層企業理解や、面接での発言に説得力を持たせることが出来ます。

ユニチャームのインターンシップには早期選考があります。この早期選考のルートに乗ると、本選考においても圧倒的に有利です。この早期選考は、インターンシップ参加者全員招待されました。

また、実践的なインターンシップのため、企業理解にとてもつながります。ユニチャームのインターンシップは、複数のコースの応募が出来ないため、自分の受けてみたいコースを絞って応募する必要がありますが、それでも濃密な時間になります。志望度が高まると共に、他の就活生よりも一歩リードできます。

一方で、本選考において優遇があるかはわかりません。友人からは、ESの再提出が必要だったことや、1次面接までは行けると聞いていたけど、その間の選考フローはしっかりと受けたという話を聞いたため、ESや他の選考フロー免除とはならなそうです。

 

〇ユニチャームはインターンシップ経由の採用に力を入れている?

例年のユニチャームは、インターンシップ経由の採用に力を入れているそうです、採用の大半部分が、早期選考組から出るとの話も聞いたことがあります。また、ユニチャームはインターンシップに参加しないと内定が出ないと言われるほど、インターンシップ経由の採用に力を入れています。

 

〇魅力

ユニチャームのインターンシップの魅力は、実践的なインターンシップであり、参加することが内定に大きく近づくことです。前述のとおり、ユニチャームは、インターンシップ経由の採用に力を入れています。そのため、実践的なインターンシップに参加し、志望度を高めたうえで、内定に近づけるのは魅力でしかありません。ユニチャームのインターンシップに参加することは狭き門かもしれませんが、ぜひ参加し、内定を獲得できるようにが㎜なりましょう。

 

【24卒用】早期選考やインターン優遇で有利に就活を進める方法

1月で差をつければ就活は断然有利。

インターンや早期選考に乗れば、格段に内定率が上がります。通常選考よりも受かりやすいので、絶対に参加するのがオススメ。

その選考に乗っかっていくために必要な就活サービスをまとめてみた。ぜひ登録して、周囲と差をつけて欲しい。

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 大手やホワイトからインターンや早期選考のオファーが届く。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。

こんな就活生にOfferBox

  • インターンや早期選考のオファーが欲しい
  • 大手企業の選考を有利に進めたい
  • 内定を早めにもらって安心と自信をつけたい

内定者ESが見れる【Unistyle】

インターンと早期選考の選考内容の充実度は一番。突破者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。インターン情報は常に最新で、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyle

  • インターン優遇や早期選考のコツが知りたい
  • インターン情報を見逃したくない
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい
  • この記事を書いた人

就活の名人/SPI専門家

就活の名人を運営している就活の名人です。年間のべ180万人の就活生が当サイトを参考にしています。SPI・webテスト専門家です。ゼミ友と組んでSPIの対策をしていたのでテスト対策や就活情報を掲載しています。

-インターン優遇, 就活コラム