就活コラム

『続出!』就職課は何で使えないのかを真剣に考えてみた

就職課クソだ!みたいな話は毎年起こる。

何でこんなに使えないんだ、と思ったことは僕にでもある。今冷静になってみると少しずつ就職課のことも考えることができるようになったので、今一度就職課がどうしてこれほどまでに使えないのかを考えてみた。

 

そもそ就職課の人間は大学職員問いう事実

就職課と言っても色々な人間の人が働いている。例えば普通に会社員として働いた後に就職課に入る人間もいる。でも大半が大学職員なのである。

繰り返すが、大学職員だ。

大学職員は生ぬるい事でも有名で、いわゆるホワイト企業であり、まったりな生活を希望して大学職員になる人間は毎年かなり多い。ということは就職課に勤めている大学職員は「最初から企業就活を放棄」していたような人間もいる。

そんな人間に就活のことが分かるだろうか。本当に就活生に親身になって相談できるかは甚だ疑問なんだ。

僕たちは過度に期待しすぎている

 

就活生からすると就職課は最初のそして最後の希望のように感じるかもしれない。でもそれは大きな間違いだ。僕たちは就職課に対して過度に期待しすぎている。彼らはスーパーマンではない。仕事として学生が会社に入れるようにするだけだ。

内定を就職課がくれるわけでもないし、就職課がいつも自分が願っているような完璧なアドバイスをくれる訳でもない。

最終的に努力して内定を得ないといけないのは自分だし、よく考えないといけないのも自分である。

就活生は学生と社会人の間に位置している。就職課があたかも何でやってくるような学生局的な感覚で挑めばそれ相応のサービスを受けることができないのは当たり前のことだ。

よってそもそも就職課に期待しすぎてはいけない。

 

就職課は基本的に怠惰

就職課はそこまで能力がある人間がいるわけでもなく、ぼくたちは過度に期待してはいけないということはわかった。しかしそれにしても就職課の職員の態度は目に余ることがある。

一言で言うと、その通り、使えないんだ。怠惰と言っても良いかもしれない。

理由は実はかなりある。例えば、

  • 多くの学生が同じ時期に大量に来るので疲れてる
  • 職員の評価基準があいまい
  • 諦めてる
  • クソな学生が多い

就活の時になって一度に大量の人間がやってきて、その学生毎の願いを聞いていないといけないので大変というのは一つあると思う。

また、就職課の場合、内定者を多く出すことは目標ではあるがそれが評価に直結しているかといえばそうとも言い切れない部分がある。経済状況もあるからだ。多くの大学が「内定率」を大事にしているので就活生の希望とは関係なく「内定さえさせれば勝ち」と思っている就職課は多いだろう。

このために就職課は就職浪人させることを嫌うわけである。

就職課には今まで大学生活を適当に過ごしていた人間が急に焦ってやってくる駆け込み寺のような側面もでかい。そんな学生をいちいち相手しないといけない職員のみにもならないといけない。こんな学生が!と内心では思っている節もあるのではないだろうか。

【厳選】志望企業の内定率をあげるオススメの就活サービス

就活は馬鹿正直にやってるとどんどん差をつけられて消耗します。

就活で無双する学生は最新の就活サービスをフル活用して効率よく就活戦に挑んでいます。 できる限り近道して有利に内定を取ってください。

しかし、就活サービスと言っても質が悪いのもあれば良い物まで入り混じっていてカオスな状況だ。中には就活生を金としかみてない業者もある。ここでは本当に第一志望、志望業界への内定率をグッと押し上げてくれる就活サービスを紹介したい。

就活は情報戦なので是非登録して周囲と差をつけて欲しい。

内定者ESが見れる【Unistyle】

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。志望企業の内定者ESは間違いなく無料で見れるし、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyleがおすすめ

  • ESを手っ取り早く、もっと良くしたい
  • 大手企業を狙っている
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 これひとつ登録しておけば、寝ててもオファーが来るので楽大手やホワイトからの内定チャンスも増えるので登録した方が良い。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。OfferBox の自己分析ソフトも優秀で、質問に答えるだけで簡単にグラフ化された自己分析ができる。

こんな就活生にOfferBox がおすすめ

  • 大手&優良企業からの逆オファーが欲しい
  • 自己分析を簡単に済ませたい
  • まず一つ内定を手に入れて心を落ち着かせたい

22卒に人気の記事

1

この記事ではwebテストとSPIの解答集をまとめ、その中で何が一番良いのかと使うリスクについて書きます。 WebテストとかSPIテストセンター もう無理!ってなったら思いつくのは答えが詰まった解答集を ...

2

この記事ではSPIを極力受けたくないけど、良い会社に行きたい人向けにSPI必要ない企業、実施しない企業をまとめてみました。 もちろん大抵の優良や大手になるとSPIなり玉手箱なテストを設けることで就活生 ...

3

毎年SPIの対策が遅れてボロボロの得点を叩き出し、就活までボロボロになっている就活生は多数いる。 SPIできなかった、全然できないなんて人もいるだろう。 ある程度時間をかけないと足切り点まで点数をあげ ...

4

SPIでどの企業に受かったら使い回しても可能なの?とかこの企業のボーダーラインってどれくらいなの?というのはかなり気になるところだ。 実際、企業によってそのボーダーラインはまちまちだし毎年多くの就活生 ...

5

この記事はSPIを対策なしで挑んだりノー勉で受けようとしてる人に向けて考えたものを書いてみます。 SPIをノー勉でチャレンジしようとしているそこのあなた。 その戦略は実は悪くなかったりするが、就活失敗 ...

-就活コラム

© 2021 【22卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準 Powered by AFFINGER5