就活コラム

テンプル大学ジャパンの就職実績を細かく分析してみた

テンプル大学の就職

アメリカの大学に進学した人間は想像以上に就職で痛い目にあいます。

なぜ、ここまで留学生に対して日本の企業は辛口で見るからは甚だ疑問が残るところ(特に日系大手)ですが、テンプル大学ジャパンも実力相応の就職実績を残しているとは言い難いのが実情。

早稲田や上智、AIUと同等レベル、それ以上の勉学をしているが、以前テンプル大学ジャパンは「色物」として日系大手の人事部から見られている節がある。

だが、外資系になると違う。

英語を存分に使う企業になればテンプル大学の卒業生はその実力を如何なく発揮する。この記事ではHPの資料を参考にテンプル大学の学生の就職実績を細かく精査していこうと思うし、同時に日系大手の人事部への啓発も兼ねて、大いに論じていきたいと思う。

people-coffee-tea-meeting-medium

 

就職先の割合

career-support-employment-chart-2015

 

 

教育

教育機関が多いが、これは恐らく海外製の英会話スクールやインターナショナルスクールの実績がかなり入っていることが予想される。

テンプルを卒業した海外生はとりあえず、ベルリッツやノバなどの英会話教師になる人も多い。給料は意外に良いと聞く。下手に会社に入るよりも気軽で良いのかもしれない。だからこの割合は日本人生徒にはあまり参考にならないだろう。

 

コンサルティング 金融

 

外資系と言ってすぐに思いつく企業はやっぱりコンサルだろう。現にテンプルはコンサルに強い実績がある。アクセンチュアやデロイトなどに入る人も多い。

pexels-photo-medium-1

 

結局、コンサルと言っても今は英語ができることが最低条件になっているとはいえ面接などで問題なく英語で会話できる学生は結構少ない。そんな時にテンプル生が他の大学生を蹴散らしていくのは想像に難くない。

 

マスコミ、広告

 

ジャーナリズムやコミュニケーション学部、アート学部もあるので、この分野に行く生徒も多い。また、この分野は英語ができる人材を急務で募集していることもあり、昨今ではテンプル生の進路として目立ってきた。今後もこの分野がかなりテンプルの十八番として成長していくことが期待される。

hands-people-woman-working-medium

この分野は面白い経歴を持った人間が尊重されるので、ガチガチの日系大手(例えば商社やメーカー)に比べれば、懐広くテンプルの学生を見てくれるのだろうと予想する。

だって、テンプル大学ジャパンを卒業するというのは日本では希少的な存在なので、他の学生との違いが明白だからだ。

 

  • この記事を書いた人

芝さん/SPI専門家

就活の名人を運営している芝さんです。年間のべ100万人の就活生が当サイトを参考にしています。SPI・webテスト専門家です。ゼミ友と組んでSPIの対策をしていたのでテスト対策や就活情報を掲載しています。

-就活コラム