就活コラム

『ESの特技欄』で他との違いを鮮明にできるオススメな3つの例を公開!

pexels-photo-91938-medium

エントリーシートや履歴書で必ずある特技欄。面接官たちは意外にこの箇所から受験者の個性を見ようとしています。この記事では先哲がどのような特技を書いて就活に挑んだのか探ってみたいと思います。

 

その場でできる系

その場でできる特技を書いておくことは有効な戦略です。

「これ今できそう?」と面接官が食いついてきて「はい!やります!」となれば、印象に残ることは間違いない。本当にそれがESに書いている通りに上手くいったのならば面接の雰囲気は一気に良くなる。


その場でできる系ならばそこまで変わっていなくとも良いが、コツは「できる限り具体的」であること

歌モノマネが得意ならば、そのまま「歌モノマネ」と書くのではなく「宇多田ヒカルのFirst Loveの出だしのモノマネ」と詳しく書いた方が想像力が膨らんで食いつかれやすい。

 

奇を狙った系

ESはその他大勢からどれだけ目立つかが大事。同じような内容のESを見続けている面接官が「お、こいつは一味違う」ってなればその時点で勝ちです。
なので「読書」と書くのはもったいないんです。本当に読書が好きなのかもしれないが、あまりにありきたりなので目立たないんです。

ESは限られた欄の中で自分の魅力をアピールしないといけないので極力奇を狙いましょう。

本当に長年やっていた系

 

本当に極めているのならば書くべき。就活のためだけに作ったような趣味なら書かない方が良いけど、一つのことを長くやっていることはアピールになる。その極めたものは何でも良い。「これって少しマニアックか?」ぐらいのものを書いた方が面接官は「???これは何だろう」となって興味を抱くかもしれない。その興味を抱かして解決してあげると評価は高まるのだ。

【23卒用】早期選考やインターン優遇で有利に就活を進める方法

インターンや早期選考に乗れば、格段に内定率が上がります。通常選考よりも受かりやすいので、絶対に参加するのオススメ。

その選考に乗っかっていくために必要な就活サービスをまとめてみた。ぜひ登録して、周囲と差をつけて欲しい。

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 大手やホワイトからインターンや早期選考のオファーが届く。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。OfferBox の自己分析ソフトも優秀で、質問に答えるだけで簡単にグラフ化された自己分析ができる。

こんな就活生にOfferBox

  • インターンや早期選考のオファーが欲しい
  • 大手企業の選考を有利に進めたい
  • 内定を早めにもらって安心と自信をつけたい

内定者ESが見れる【Unistyle】

インターンと早期選考の選考内容の充実度は一番。突破者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。インターン情報は常に最新で、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyle

  • インターン優遇や早期選考のコツが知りたい
  • インターン情報を見逃したくない
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい

23卒に人気の記事

1

この記事ではインターン優遇して早期選考する企業一覧とその優遇内容についてまとめました。 早期選考は基本的にインターン参加者のみに与えられるものなので、インターン優遇=早期選考と思ってもらっていいです。 ...

2

【23卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準   この記事ではSPIテストセンターの点数と出来を判断するための高得点目安について解説していく。 SPIテストセンターの結果は受験 ...

3

この記事ではwebテストとSPIの解答集をまとめ、その中で何が一番良いのかと使うリスクについて書きます。 WebテストとかSPIテストセンター もう無理!ってなったら思いつくのは答えが詰まった解答集を ...

-就活コラム

© 2021 【23卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準 Powered by AFFINGER5