阪急阪神 早期選考 インターン優遇

インターン優遇

【24卒】阪急阪神の早期選考とインターン優遇まとめ!倍率も調べた

この記事では阪急阪神の早期選考やインターン優遇の実態についてまとめていきます。

インターンは毎年大人気。阪神阪急はインターン生に多く内定を与えているので、阪神阪急に入社したい人にとって、インターンを受けることは必須条件。必然的にインターンの人気が高まります。

阪神タイガースを始め、宝塚歌劇などのエンターテイメントや商業施設、住宅施設などの幅広い分野の先頭を走っている人気企業なので、対策は必須です。

早期選考も手厚いのでまとめていきますね。

※阪急阪神のインターン情報はunistyleが一番充実してます。

界隈では有名だけど情報がダダ漏れになってるので読まないのは損です。

【公式サイト】 https://unistyleinc.com/

\選考情報がダダ漏れ/

今すぐ読む

※手遅れにならないうちに対策を練ろう

また、他にもインターン優遇のある企業をまとめている記事があるので是非読んで優遇を掴んで楽に就活を進めて欲しいなと思います。

【24卒】インターン優遇と早期選考する企業88社を一覧にしてみた

インターン優遇 早期選考 企業 一覧
【24卒】インターン優遇と早期選考する企業110社を一覧にしてみた

続きを見る

インターンの選考フロー

一次面接は動画面接を行います。

主に、志望動機や自己PRなどが多く、具体的には自分のキャッチコピーを聞かれることもあるそうです。

一次選考を突破すると、集団面接に移ります。ここでは、グループディスカッションなどがあります。これを突破すれば晴れてインターン参加へ。

参加するのも一苦労です。

また阪急阪神のインターンの面接官はかなり鋭いで有名なので面接に挑むに際して自己分析や志望動機が甘いと突かれます。

OfferBoxのAnalyzeU+を使うとかなり高性能な自己分析や自分の強みを短時間で作成できるので一度やってみることをお勧めします。

自己PRが簡単に作成できたり自分の強みと弱みがわかるので、これを元に阪急阪神の面接対策を組み立てると、かなり突破への確率が上がります。

【公式サイト】https://offerbox.jp

\自己分析が1発でできる/

今すぐ使ってみる

※自己PRや面接対策に役立つ!

インターンの倍率

その年度によりますが、受験者数と合格者数から約5倍程度です。

とはいえ舐めてかかると平気で落とされるので入念な準備が必要です。

インターンの内容

阪急のインターンには、夏季と冬季含めて、1dayから3days、4daysのインターンがあります。

1day

オンラインで実施されています。インターン内容は新規事業立案型で、住みたい街をプレゼンします。8月上旬に一度顔合わせをし、軽く企業説明などを行い、グループを作ります。

そして、オープンチャットなどを使い、9月下旬のインターンまでに各グループで作業します。そして、当日の午前中にグループメンバーと打ち合わせを行い、午後に提案します。

3days

オンラインと対面で行います。テーマは、20,30年後に向けた新規事業立案です。

1日目は、対面で現在行われているプロジェクトを説明され、車庫の見学などをします。

2日目はオンラインです。ここでは、グループに分かれ、それぞれ社員がつき、新規事業立案を進めていきます。また、途中で座談会があり、最後に中間発表を行います。

3日目もオンラインです。2日目との間に1日休みがありました。そして、この日は資料作りと、発表準備に当てられます。そして、最終発表を行い評価されます。

3daysは主に夏季のインターンで行われます。

また、オンラインと対面の日はバラバラなことがあります。(3日目に対面になるなど)

主に3daysで行うことは、企業説明、会社見学、新規事業立案、座談会になります。(リモート飲み会をした人も)

一方で、技術職希望の人には、2,30年後の社会情勢を考慮し、新型の車両を設計してくださいという課題などもあるそうです。

4days

基本的に3日間は、3daysと内容同じです。

4日目は、3日間のインターン後より約1ヶ月以上開けることが多く、おそらく4日目に早期選考が入ってくるのでしょう。また、4daysは冬季のみでした。

阪急阪神インターンの優遇は早期選考

具体的に阪急阪神の早期選考にはこういうものがある。

  1. リク面の開始
  2. フォローアップ面談
  3. 人事面談
  4. 内定時期は6月よりも早い4月

阪急はインターンからの早期選考があり、内定者のほとんどがインターン生である。(内定者懇談会では8割がインターン参加者だったことも)

また、インターンに行っていないと、選考時期が遅くなり、内定難易度も激ムズになるので注意。

阪神阪急は、インターンからの早期選考のルートがあり、そのルートがとても大事です。

阪神阪急自体、採用ルートとして、インターンからの採用に力を入れています。そのためインターン参加は阪神阪急に採用されるにあたり、ほぼ絶対条件なのです。インターンで活躍し、早期選考の案内が来たら、阪神阪急に来て欲しい人材であると言え、胸を張って面接に挑んで欲しい。

一般選考は6月からですが、インターン参加者は3月前からリクルーター面談が開始される。これは、フォローアップ面談と呼ばれ複数回繰り返され、自分の面接やESを磨いてくれる。企業理解や、マッチ度が高いと人事面談にも進むことが出来る。

内定を貰える時期は、就活生にもよりますが、4月から5月の間です。

さらに、インターンで早期選考に呼ばれずとも、インターン参加者限定の社員訪問の機会が与えられる。また、訪問の際に、評価されれば2回目の社員方も繋がり、選考に有利になる。

つまりインターンで早期選考に呼ばれずとも、社員訪問で早期選考に呼ばれる可能性があるのだ。

社員さんにも顔を覚えてもらえる。これは、どの会社でも同じなのだが、インターンからの早期選考に重きを置いている阪神阪急では、重要度は大きい。覚えてもらえることで、早期選考で良い結果につながるだろう。

インターンは1dayでは早期選考に乗れない?

阪神阪急には、インターンで1dayと3days、4daysがありました。(基本的に3days、4daysは同じ内容でした)。

そのため、3daysに落ち、1dayに参加したという人も多いと思います。一番良いのは、夏季に3days落ちてしまったが、冬季にもう一度受け、冬季の3daysに参加することです。しかし、就活をする時期が少し遅れるなどし、冬季でも1dayしか受けられなかった就活生もいると思います。では、1dayと3daysで選考にどう影響を与えるのでしょうか。

まず、大きい影響として考えられるのが、社員に顔を覚えてもらうことだと思います。

1dayだと、なかなか強いインパクトを与えないと顔を覚えてもらうことは難しいです。しかし、3daysならば、3日間、社員と関わるためそこまでのインパクトを出さなくても、顔は覚えてもらえます(成果はしっかりと出さないといけませんが)。

しかし、大きな点でいうとこのぐらいの差です。インターンを受けると早期選考の案内が来ますが、それはインターンでこの人材が欲しい!と思わせた人のみです。そのため、3daysに参加したからと言って早期選考の案内が来るわけでもありません。(3daysに参加したほうが早期選考の案内は来やすいですが)そのため、深く考えることなく、1dayでしっかりと、インパクトを残せば大丈夫です。

逆に、インターンで全く発言できなかったなどの失敗をしてしまうと、インターンによる採用に力を入れているため、取り返しのつかないことになってしまいます。最初が肝心です。フォローアップ面談まで行くまでは、気を抜かずに頑張ってください。

阪急阪神で阪神タイガースの部門に行くには狭き門?

阪急阪神といえば、プロ野球チームの阪神タイガースの親会社(厳密には、阪神阪急ホールディングスの子会社の阪神電気鉄道)です。

プロ野球好きには(特に阪神ファン)、には、阪急阪神で働くことは夢のようでしょう。更に、阪神タイガースの部門(エンターテイメント部門)で働くことが出来るなら、そこで働きたい人は大勢いると思います。それでは実際に阪神タイガースの部門に行けるのは何人なのでしょうか?

阪急阪神には、冬のインターンからの早期選考があります。そこから上記のように、内定を貰える人が多いです。しかし、阪急阪神の年間の全体採用は40人ぐらいの中です。その中から、阪神タイガースの部門にいけるのはたった2人だけなのです。

この狭き門に挑むならば、阪急阪神のことだけでなく、阪神タイガースについてもしっかりと勉強しなければなりません。

(阪神タイガース部門の仕事も含め)さらに、阪神タイガースの仕事をしたいだけでは、他の仕事はやりたくないと思わせてしまっても良くないので、そこの塩梅も考える必要があるでしょう。特に、阪神タイガースの部門は大きく分けると、エンタテインメント部門です。その中には宝塚歌劇のステージや、六甲山のレジャー施設などの運営にも携わるため、そこの知識もある程度必要です。

阪急阪神の早期選考まとめ

かなり手厚い早期選考をもつ阪急阪神のインターンをまとめました。

本選考で馬鹿正直に受けてもかなりの確率で落とされるのでインターンに参加することは必須です。

ぜひ、まずはインターン選考を突破し、

繰り返しますが阪急阪神のインターン情報はunistyleが一番充実してます。

界隈では有名だけど情報がダダ漏れになってるので読まないのは損です。早期選考を突破したい人はここをよく読んでおくことで確率を上げることができます。絶対に読んでおくべき。

【公式サイト】 https://unistyleinc.com/

\選考情報がダダ漏れ/

今すぐ読む

※手遅れにならないうちに対策を練ろう

 

【24卒用】早期選考やインターン優遇で有利に就活を進める方法

1月で差をつければ就活は断然有利。

インターンや早期選考に乗れば、格段に内定率が上がります。通常選考よりも受かりやすいので、絶対に参加するのがオススメ。

その選考に乗っかっていくために必要な就活サービスをまとめてみた。ぜひ登録して、周囲と差をつけて欲しい。

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 大手やホワイトからインターンや早期選考のオファーが届く。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。

こんな就活生にOfferBox

  • インターンや早期選考のオファーが欲しい
  • 大手企業の選考を有利に進めたい
  • 内定を早めにもらって安心と自信をつけたい

内定者ESが見れる【Unistyle】

インターンと早期選考の選考内容の充実度は一番。突破者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。インターン情報は常に最新で、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyle

  • インターン優遇や早期選考のコツが知りたい
  • インターン情報を見逃したくない
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい
  • この記事を書いた人

就活の名人/SPI専門家

就活の名人を運営している就活の名人です。年間のべ180万人の就活生が当サイトを参考にしています。SPI・webテスト専門家です。ゼミ友と組んでSPIの対策をしていたのでテスト対策や就活情報を掲載しています。

-インターン優遇