就活サービス

【5人に会えた!】ビズリーチキャンパスを実際に使ってみた感想

この記事では実際にビズリーチキャンパスを使ってOBに会えた私が感想を書いていきます。

僕は理系の大学生ですが、研究は向いていないと感じ文系就職をしました。

しかし、周囲に文系就職をする人はほとんどいなかったため、自分から行動していく必要があると感じました。

結果としてあらゆる就活ツールに手を出しながら、手探り状態で就活を進めました。

今回紹介する「ビズリーチキャンパス」もその中の一つです。

→ビズリーチキャンパスを見てみる

\30秒の登録で内定に近づく/

ビズリーチキャンパスを見てみる

※早めにOBOGに会わないと損です

見出しビズリーチキャンパスを使った感想

個人的に、他のOB/OG訪問サイトと比較してかなりオススメです。
その理由はこちら。

  • 簡単にOB/OG訪問ができた
  • 返信率が高かった
  • ビデオ通話もできた
  • スカウトが届いた

それぞれ説明していきます。

ビズリーチキャンパスは簡単

まず、「OB/OG訪問が非常に簡単」にできました。ビズリーチキャンパスでは自分の大学を登録することから始まります。
そのため、様々な大学の就活生が一人のOB/OGに偏ることが防げます。

他のサイトは大学を限定していなかったので、連絡しても日程が合わないということが多々ありましたが、ビズリーチキャンパスではそういったことはありませんでした。

返信率が高い

また、「OB/OGの返信率が高い」という利点もありました。

企業から公式のOB/OGとして登録している方が多いので、責任もあるのだと思います。僕が利用した中で、返事が来ないということは一度もありませんでした。

一方で他のサービスではメッセージを送ったのに「返事が来ない…」ということは結構ありました。

なので、時間を有効に使いたい方はビズリーチキャンパスがオススメです。

ビデオ通話もできる

続いて「ビデオ通話ができる」という利点もあります。

僕のように地方に住んでいる学生にとって、OB/OG訪問のために何度も何度も上京するというのはなかなか現実的ではありません。
交通費も時間も必要ですからね…。

ですがビデオ通話なら自宅にいても可能です。今はコロナなのでなおさら便利な昨日になってます。

服装もそこまで気を使わなくていいので、思っているよりも気楽にOB/OG訪問ができました!

スカウトされる

また、ビズリーチキャンパスには「スカウト機能」がついています。
プロフィールをしっかりと入力しておくと特別イベントに招待されることもあります。

僕は実際に、総合商社のクローズドイベントに参加することができました。

スカウトをもらいたい人は、プロフィールはしっかりと記入しておくことをオススメします!

→ビズリーチキャンパスを見てみる

\30秒の登録で内定に近づく/

ビズリーチキャンパスを見てみる

※早めにOBOGに会わないと損です

 

ビズリーチキャンパスを実際に使ってみた結果

ビズリーチキャンパスに登録したのは大学3年生の10月頃でした。

OB/OG訪問をもっと楽にできないのか、と思っていた頃にたまたまインターネットで見つけたことがきっかけです。

スカウト機能については知らなかったので、最初はプロフィールを少し埋めた程度にして、早速OB/OGに連絡してみました。
結果的にOB/OG訪問をする上では、プロフィールはそこまで重要ではないと感じました。

大学のキャリアセンターからOB/OG訪問をする際も、自分のプロフィールを詳しく伝えるということは無いので、作り込む必要はないでしょう。
(スカウトをもらいたい、という人は書いておいた方がいいかもしれません!)

僕は総合商社に興味があったので、実際に会った人は全て総合商社に在籍している方達でしたが、他にも大手メーカーやメガベンチャーなど非常に多様な方達とお会いすることができます。

実際にお会いした方の内訳は次の通りです。
・5大商社のうちの1つ 3人
・5大商社のうちの1つ 2人

総合商社はOB/OG訪問を推奨しているので
ビズリーチキャンパスを使ってOB/OG訪問をしました。

そのうちの1人はビデオ通話で、他4人は東京でお会いしました。
東京で会った方々は1名が仕事終わりにカフェで、他3名は昼休憩の時間に会社近くのレストランでお会いしました。

時間はどの方もだいたい1時間程度でした。

基本的な流れは次の通り!

1ビズリーチキャンパス経由で「話を聞きたい」通知を送る
2「訪問OK」の通知が届く
3 OB/OGと日程調整する
4待ち合わせ場所で合流する
5近くのお店に行き、聞きたいことを自由に聞く
6その場で解散or会社前で解散

就活に関するアドバイスから仕事内容まで、基本的になんでも教えてくれたので、非常に使い勝手の良いサービスだと思います。

ちなみにご飯代は会社の経費になるらしく、僕は一円も払っていません!
美味しいランチをいただくことができました。笑

→ビズリーチキャンパスを見てみる

\30秒の登録で内定に近づく/

ビズリーチキャンパスを見てみる

※早めにOBOGに会わないと損です

ビズリーチキャンパスはこんな人におすすめ

ビズリーチキャンパスはこんな人にオススメです!

・効率よく就職活動を進めたい人
・他の人よりも有利に就活を進めたい人
・総合商社を受けようと思っている人

OB/OG訪問をすれば、企業に関する生の情報が得られます。説明会でホームページに乗っている情報をだらだら聞くよりも、スムーズに自分の聞きたいことが聞けます。
その点で合同説明会などと比べて無駄な時間を過ごすことが減り、効率的に就職活動を進めることができます。

また「他の人よりも有利に就活を進めたい人」は、ビズリーチキャンパスを使ってOB/OG訪問した方がいいと思います。
・生の情報を持っているということ
・OB/OG訪問をしていること
は面接を受ける上で有利に働きます。

正しい情報を持って質問に答えれば説得力が増しますし、OB/OG訪問をしているということは熱意の証明にもなります。

どうしても行きたい会社があるなら、ビズリーチキャンパスを使ってOB/OG訪問しておくことをオススメします!

最後に「総合商社を受けようと考えているという人」にもオススメです。

総合商社は絶対ではないですが、ミスマッチを防ぐためにOB/OG訪問を推奨しています。商社ごとの違いってなかなかわかりづらいところがあると思うので、実際に働いている人たちにお話を聞くことはとても大切です。

OB/OGが別の総合商社の人を紹介してくれることもあるので、総合商社に興味がある人は有効活用した方がいいと思います。
僕はそのおかげで、別の会社の人ともお会いすることができました。

→ビズリーチキャンパスを見てみる

\30秒の登録で内定に近づく/

ビズリーチキャンパスを見てみる

※早めにOBOGに会わないと損です

ビズリーチキャンパスのデメリットとは?

ビズリーチキャンパスは無料のサービスなので、基本的に登録するデメリットというのはありません。ですが「何もかもいいよ!」というわけにはいかないので、使ってみて「よくないなー」と思ったことを紹介します。

・会いたい企業の人がいない時もある
・他大学のOB/OGとは繋がれない

当然ですが、全ての会社に自分の大学のOB/OGがいるわけではありません。また、ビズリーチキャンパスに登録しているとも限りません。そのため、自分が「会いたい!」と思った企業の社員がいない、ということも起こり得ます。

これはデメリットですね。

ただ、徐々に広まっているサービスなので、会えるOB/OGが増える可能性は大いにあります。

また、ビズリーチキャンパスでは他大学のOB/OGと繋がることはできません。

これが可能になればより多くの人と繋がれるんですが…。
ただ、これによって一人のOB/OGに就活生が集中することを防げているとも思うので、仕方ないですね。

会いたい企業の人がいなかった場合は、他のOB/OG訪問サイトと使い分けするのがいいかもしれません。

ビズリーチキャンパスはオススメできるサービス

デメリットも述べましたが、無料で登録できるサービスであり、登録することにおいて悪い点は一つもありません。
OB/OG訪問サービスの中では使い勝手が良く、最もオススメできるサービスです。

次の項目に当てはまる人はぜひ登録をオススメします!

・効率よく就職活動を進めたい人
・他の人よりも有利に就活を進めたい人
・総合商社を受けようと思っている人

→ビズリーチキャンパスを見てみる

\30秒の登録で内定に近づく/

ビズリーチキャンパスを見てみる

※早めにOBOGに会わないと損です

 

【23卒用】早期選考やインターン優遇で有利に就活を進める方法

インターンや早期選考に乗れば、格段に内定率が上がります。通常選考よりも受かりやすいので、絶対に参加するのオススメ。

その選考に乗っかっていくために必要な就活サービスをまとめてみた。ぜひ登録して、周囲と差をつけて欲しい。

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 大手やホワイトからインターンや早期選考のオファーが届く。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。OfferBox の自己分析ソフトも優秀で、質問に答えるだけで簡単にグラフ化された自己分析ができる。

こんな就活生にOfferBox

  • インターンや早期選考のオファーが欲しい
  • 大手企業の選考を有利に進めたい
  • 内定を早めにもらって安心と自信をつけたい

内定者ESが見れる【Unistyle】

インターンと早期選考の選考内容の充実度は一番。突破者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。インターン情報は常に最新で、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyle

  • インターン優遇や早期選考のコツが知りたい
  • インターン情報を見逃したくない
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい

23卒に人気の記事

1

この記事ではインターン優遇して早期選考する企業一覧とその優遇内容についてまとめました。 早期選考は基本的にインターン参加者のみに与えられるものなので、インターン優遇=早期選考と思ってもらっていいです。 ...

2

【23卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準   この記事ではSPIテストセンターの点数と出来を判断するための高得点目安について解説していく。 SPIテストセンターの結果は受験 ...

3

この記事ではwebテストとSPIの解答集をまとめ、その中で何が一番良いのかと使うリスクについて書きます。 WebテストとかSPIテストセンター もう無理!ってなったら思いつくのは答えが詰まった解答集を ...

-就活サービス

© 2021 【23卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準 Powered by AFFINGER5