旭化成 早期選考 インターン優遇

インターン優遇

【24卒】旭化成のインターン優遇/早期選考まとめ!倍率も計算してみた

この記事では旭化成のインターン優遇や早期選考についてまとめました。

旭化成インターンの人気度

旭化成は、マテリアル・住宅・ヘルスケアにも領域を広げ、徐々に売り上げの大半を住宅関連が占めるようになり、多方面で成長し続けている企業です。日本有数の総合化学メーカーである旭化成の名前を聞いたことのある就活生も多いのではないでしょうか。

旭化成のインターンは、就活生から人気があります。

その理由として、知名度の高さやメーカーとして様々な分野でも成長していることなどが挙げられます。インターンシップ参加志望者が多いので、選考では気を抜かずに、対策をして取り組むようにしましょう。

旭化成のインターンシップ特徴

旭化成のインターンシップは年によって内容が異なります。基本的に旭化成のインターンシップは冬季(2月頃)に開催されます。夏季のインターンシップはあまり開催されていないという印象です。

しかし、2021年には夏に技術職のインターンシップのみ開催されたそうです。そのため、旭化成は全くサマーインターンシップを開催しないわけではなさそうです。

また、インターンシップは、あるコースにエントリーしつつ、他の職種のインターンシップにも応募することが可能になっています。複数の職種に興味・関心があるのであれば、複数のインターンに応募するのもいいでしょう。

インターンシップは冬季に開催が集中しています。一方で開催回数は多い印象です。そのため、選考の準備をしっかりと行えば、選考でも良い結果になります。

旭化成インターンの選考フロー

ES提出・適正検査・動画面接です。

ES内容

ESの内容としては、あなたのオタクな部分を5つ(あばたが興味・関心を持っている「もの」や「こと」、自身の持っている〇〇など、)です。年によってESの内容は変わるらしいですが、前述した設問は基本的に聞かれます。少し特殊であり、5つテーマを考えなくてはならないため、少し難しいのかもしれません。そのため、〆切ギリギリに取り組むよりも、余裕をもって時間をかけて取り組むことを心がけましょう。

動画面接

動画面接は、自宅で動画を撮影し、アップロードします。面接で聞かれたこととしては、「これまでの人生の中で一番頑張って取り組んだ事、さらにどこに困難があり、どの様な工夫等を経て、どう乗り越えたのかわかるように具体的に1分程度で話してください」です。聞かれた質問は1つの項目のみでした。

そのため、前述の設問の準備をしておけば大丈夫でしょう。しかし、1分程度で話さないといけないので、起承転結を意識して準備しましょう。また、動画面接なので小道具(フリップ)などで自分をアピールできるなら、そのような準備もできるとさらに良いでしょう。

適性検査

適性検査は、玉手箱方式でした。言語・非言語・性格がそれぞれ20分程度です。参考書や他の企業の適性検査を受講して準備しましょう。

インターンの倍率

旭化成は、東洋経済によると、「入社が難しい有名企業ランキング」で69/200位でした。日本企業の中でもトップレベルで内定がもらえない企業です。このような企業のため、内定獲得の意欲を見せるために多くの学生が、インターンシップに参加しようとするでしょう。

しかし、インターンシップの倍率はそこまで高くないと推測できます。

実際に、周囲の友人も受かる人はだいたい受かっていた印象です。開催回数は多く、参加人数も多いため、採用倍率に、気落ちせず旭化成の企業研究や企業理解を進め、対策をしっかりと行ったうえで、選考を受けましょう。

インターンの内容

・AsahiKASEI Internship事務系(総合職)「企画営業」業務体感

このインターンシップは、オンラインで開催される1dayインターンです。具体的な内容としては、企画営業についてビジネスゲーム形式で体験するプログラムに加えて、先輩社員との交流ができます。

・AsahiKASEI InternshipMR(総合職)

このインターンシップは、オンラインで開催される1dayインターンです。具体的な内容としては、未来の社会課題を考え、旭化成の製品・技術・ノウハウを用いて解決策を検討します。

旭化成のインターンの優遇は早期選考

旭化成のインターンシップに参加すると、いくつかの優遇が得られます。

例えば、OBOG訪問のシステムを紹介してもらえることです。OBOG訪問は、就活生にとって、なかなか手が出しにくいものです。OBOG訪問を行えば、他の就活生に一歩リードできるのは間違いありませんが、それでもどうやって繋がればよいのか、どうやって行動すればよいのか、なかなか難しいものです。しかし、このシステムを紹介してくれることで、OBOG訪問の壁が低くなることは間違いありません。

またインターンシップに参加後、座談会に招待されます。他の多くの企業も座談会は開催されています。座談会に参加するメリットとして、雰囲気が軽めなので気軽にきわどい質問を聞くことが出来ることや、ついつい社員の本音が聞けることなど、より会社の理解につながります。

ほかにも、化学メーカーの働き方の理解や、会社の雰囲気や価値観など、1dayインターンシップですが、インターンシップに参加していない就活生と比べれば、面接次の発言に深みを持たせることが出来ます。

旭化成のインターンシップには、早期選考の案内があります。基本的には参加者全員に早期選考の案内がくるそうです。

しかし、旭化成の早期選考には穴があります。早期選考と言えば、基本的には、選考フローが少し免除される、早めに内定がもらえる、インターンシップの成果が反映される、内定が獲得しやすいなどといった本選考とは異なった優遇があります。しかし、旭化成の早期選考は、選考フローは免除されず、インターンシップの成果も1dayのため反映されません。

本選考と1週間~2週間程度早く選考がスタートするだけなので、思っている以上に早く内定がもらえるわけではありません。また、早期選考も優秀者が案内されるわけではないので、本選考と倍率もあまり変わらない印象です。このような部分には注意しましょう。

旭化成インターン優遇のまとめ

旭化成のインターンシップの魅力としては、OBOG訪問のシステムを紹介されるということです。前述したように、早期選考と本選考はあまり倍率や選考フローなど変わらない印象です。そのため、インターンシップ参加者として他の就活生と差をつける要素として、OBOG訪問があります。このシステムを積極的に活用すれば、他の就活生に差をつけられます。企業理解なども詳しく進められるため、もし迷っている人がいるならば、1dayですので参加することをおすすめします。

 

【24卒用】早期選考やインターン優遇で有利に就活を進める方法

1月で差をつければ就活は断然有利。

インターンや早期選考に乗れば、格段に内定率が上がります。通常選考よりも受かりやすいので、絶対に参加するのがオススメ。

その選考に乗っかっていくために必要な就活サービスをまとめてみた。ぜひ登録して、周囲と差をつけて欲しい。

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 大手やホワイトからインターンや早期選考のオファーが届く。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。

こんな就活生にOfferBox

  • インターンや早期選考のオファーが欲しい
  • 大手企業の選考を有利に進めたい
  • 内定を早めにもらって安心と自信をつけたい

内定者ESが見れる【Unistyle】

インターンと早期選考の選考内容の充実度は一番。突破者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。インターン情報は常に最新で、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyle

  • インターン優遇や早期選考のコツが知りたい
  • インターン情報を見逃したくない
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい
  • この記事を書いた人

就活の名人/SPI専門家

就活の名人を運営している就活の名人です。年間のべ180万人の就活生が当サイトを参考にしています。SPI・webテスト専門家です。ゼミ友と組んでSPIの対策をしていたのでテスト対策や就活情報を掲載しています。

-インターン優遇