SPI

SPIは時間配分が勝利の鍵。でも時間切れで終わってもいい? 

SPIで鍵を握るのが時間配分。

多くの問題をできる限り正確に解きながらも素早く次の問題に移っていかないと、SPIで足切られちゃいます。

でもいたずらに速さだけを意識しても爆死します。爆死してる就活生が多いので、ちょっとどういうことかを説明します。

時間切れで大丈夫

まだ誤解があるんで言うんですけど、SPIに完答はありません。

つまり、その人によって問題数は変わります。正解し続けると途中で終わります。これ以上正解しても、こいつの偏差値が上がらないとパソコンが判断するからです。

時計の針がどんなに残っていても終わります。

逆に永遠に問題を解き続けている人もいます。ミスりまくると、その人の正しいレベルを判断するためにどんどん簡単な問題が出題されて解かされ続けます。

SPIで大事なのは正解数ではありません。正解率とその量です。

だから、時間配分を優先するためによく考えずに分からない問題は次に飛ばしてとかやってると、就活終わります。

分からなくてもある程度粘ったほうがいいです。

どれぐらいのスピード感が必要なの?

能力検査35分。一問につき制限時間があって、これは厳格に計ったことないからどれくらいかは言えないけど、おそらく2分以上もたつけば次にいっちゃう。 だから大体一問につき1分は費やしたほうがいいと言われるし、1分で分からなければ次に行けと指導される。

SPIで偏差値70レベルの奴らと会議をしたんだけど、少なくとも秒で解ける問題も数多くある。20秒くらいで解けるのもあるし、あんまり1分とかに拘らないでいいと思う。

できれば「長すぎるか?」って思うぐらいまで粘ったほうが良いって結論になった。

問題によっても解くための時間って変わるんだから、難しい問題には時間をかけていい。そうやって正答率をあげていったほうがいい。

時間時間って焦らせてる他の就活サイトははっきり言って間違ってますよ。

ただ、時間がかかる問題にちゃんと時間をかけてもいいように、そこまでは秒で解くぐらいの気構えが大事です。

SPIなんて難しい問題って言ってもたかが知れてるので(本当に)大事なのは慣れです。

スピード感覚をつけるには慣れるのが一番大事です。

スピードをつけるには慣れが必要

慣れるにはどうすればいいのかというと量を受けることです。そうやって恐怖心を取り除くことが大事です。

就活生は就活でガチガチに緊張してるのでSPIも力んじゃうんですよ。これで失敗して落ちたらとか先のこと考えちゃって。

しかもSPIってパソコンで答えを入力しないといけないからその形式にも慣れないといけないし。

だからまず、問題を解く。これが大事です。

量を解け

量をつむには参考書をやるのが手っ取り早いです。

特に僕がオススメしている地獄のSPIの参考書がありまして笑

この2冊の問題量やったら総合商社もコンサルも楽だと思っているので、まじでSPIでしくじりたくない人は下の2冊をやってみてください。

この参考書を3回ぐらいやれば相当の点数を期待する事ができる。あとは見つかった弱点を絞って徹底的に克服するだけ。

これで飽きたらなければ下の1700問という鬼畜な量のある参考書を買って欲しい。

今見ても鬼畜だなと思います。

これをやりこんでSPI足切られることはないです。

質・量ともにトップクラスです。この2つをやれば間違い無いです。本当に鬼畜なんで。

これやってるうちに問題に慣れてきます。問題が出てきた瞬間に、ああこれは場合の数だな、とかジャンルまで分かるようになります。

そうすると解放まで瞬時に出てきます。これでスピード感がめっちゃでます。

そもそもSPIは出てくる問題の範囲も鬼のように狭いので問題覚えるぐらいがちょうど良いです。

苦手分野を克服

参考書やってるうちに、止まっちゃうところが出てくると思うんです。

まずそこをしっかりとやりましょう。例えば公式があるなら覚える。頻出単語が頭に入ってないなら覚える。

もうこれは覚えればできます。逆に覚えてないとできません。

だからSPIっていうのは必ずやれば伸びるし、逆にやらないと全くできないテストなんです。企業はそこを見ています。

問題を解きまくる中で、弱点を見つけ出し、そこを徹底的にやらない限り、そこで時間を使ってしまいます。

苦手な問題を苦手なままにせずに克服してください。

SPIを練習できる企業で受けまくる

試合は最高の練習と言われますが、SPIでも一緒です。

特にSPIは最もよくできたと自分で思うものを使いまわせるので、それ以外はどんなに点数が低かろうと合否に影響しません。

だから、練習がてらに多くのSPIを受ければそれだけで場数をこなすことができます。

特にSPIは問題が使いまわせることが多いので、前のSPIでも出てきた!みたいな展開が数多く出てきます。

一度やってれば当然解くスピードも早くなります。

それからSPiのテストセンターの雰囲気や実際のパソコンで回答を入力するスタイルをしっかりと練習しておけば、もたつくこともなくなります。

問題はSPIを受けるにはESを書かないといけない、ってことですが企業の中ではESを書かずにエントリーするだけでSPIを受けられる場合もあります。

是非、エントリーしてみて練習がてらにSPIを受けるのも適切な時間配分を知る上で有効になってきます。

【練習できる】ESなしでSPI試験受けれる企業と、効果的な受験のやり方

具体的に非言語と言語の時間配分

非言語の時間配分

一番時間かかるのは推論。推論は最後に出てくるから、そこまでサクサクとこなしておく必要がある。

というかそもそもそこまでの時点で正答率が低いとまともに推論が出てこない問題が発生してしまうから、要注意。

推論は慣れも大事だけど、しっかりと解き方を学習しないといけない。なんだか適当にやってその場では正解しても同じような問題が出た時に時間かけまくった上に不正解になってる人が多すぎる。

推論といえども1分半が限度だ。2分かかったら次にいくと思ったほうがいい。

とにかく表にしたり図を書いて考えることが肝。

次に時間がかかるのは長文読みとりの計算問題だろうか。ここは速くやろうとしすぎると、まんまと出題者のひっかけに乗っかってしまう。ここは焦らずに時間をかけていいから、しっかりと設問をみて、求めないといけない数字を吟味しよう。

それ以外は基本的に公式が一発で頭の中に出てくれば秒で解ける。逆に無理なら無理だ。公式を覚える。解法に慣れる。これでサクサクといこう。

言語の時間配分

言語はこちらも長文が肝。そこまでの二語の関係とかみた瞬間にできないと、考えてるようじゃ辛い。

SPIの頻出語句も受験に比べれば遥かに少ないので覚えてしまったほうがいい。それで秒で解けるようにしよう。

長文の次に時間はかかるのは、文の並び替えだと思う。これは結構やっかい。

だから長文と文の並び替えは時間をかけていい。

できる限りここに到着するまでに言語はいかにサクサクできるかが勝負だ。

時間配分は大事だが正確さを忘れるな

時間配分は大事だ。

しかしそれ以上に大事なのは正確さだ。正解率がSPIでは大事なのだ。

とはいえもたもたしているとあっという間にSPIは終わる。就活もあっという間に終わる。

とにかく問題に慣れ、どこに時間をかけるのかを意識しながら非言語と言語の時間配分問題に取り組んでもらえればと思う。

就活は情報戦。情報を制したものが就活を制すと言っても過言じゃないです。内定者ESと選考内容の蓄積が一番豊富なのはUnistyleです。今のうちに熟読して他の就活生との差をつけてください。

unistyle

unistyle

内定者のアドバイスと選考情報がふんだんに盛り込まれている。ここまで言っていいのか?というぐらい赤裸々。 志望企業の情報を集めるならUnistyleが一番手っ取り早くて効率的です。他の就活生と差をつけたいなら今からやってないと損します。

就活生によく読まれている記事

1

テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまりどのようにSPI(テストセンター)の結果を予 ...

2

  本当に大企業というのは美人の割合が高い。 受付から始まり、一般職から営業に至るまで会社が大きくなればなるほど美人の質と率が上がっていきます。これはこれでどうなんだ、と思いつつ難しい選考を ...

3

就活サービス多すぎだろ!っていうツッコミはどの就活生も通る道なので、不満はグッとこらえてください。 使えるもの使えないもの玉石混合していて、なかなか惑わされるんですがunistyleはマジで使える就活 ...

-SPI

Copyright© 【21卒向け】SPIの高得点目安と対策方法! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.