印刷

凸版印刷の選考内容と対策まとめ!新しい考え方が求められている

投稿日:

 

凸版印刷は業界トップの総合印刷企業です。印刷業界では大日本印刷と並ぶ大手であり、その他の企業とは大きく売上高を引き離しています。

凸版印刷では印刷技術を中心として新たな価値創造に努めています。大手でありながらも挑戦を忘れない姿勢により業界トップを維持し続けています。

カートカンという紙製飲料缶などはリサイクル性が高いと高評価を得ています。また国内だけではなく、海外への事業展開にも積極的です。

常に新たな価値創造を模索し、新たな市場を追い求める姿勢が業界トップであり続ける要因だと言えます。

凸版印刷の求める人材像

凸版印刷がHPで公開している採用メッセージは「可能性を絞るには、早すぎる。」です。凸版印刷では常に新しい価値創造に目を向けています。新たな価値を生み出すためにはあらゆる可能性に挑戦していかなければなりません。

 

もうだめだと簡単に物事を諦めるのではなく、まだやれると粘り強く物事に取り組む姿勢か大切になります。一見失敗したこと、やりつくしたように思えることでもそこからさらに掘り進めれば新しいものが見つかるかもしれません。

 

何事も諦めずに取り組む根気強さ、粘り強さ。そして何もないところから可能性を見つけ出す閃き、視野の広さが必要になります。

 

可能性を諦めない。誰も見たことがない新たな価値を創造する。言葉にすることは簡単ですが、それを実行するのは極めて難しいです。

 

しかしそんな高い壁にもめげずに挑戦していく気持ちが大切です。常に向上心を持って、新しいものを追及していく姿勢が、凸版印刷では求められています。

 

ESで通りやすい内容

2017年卒の凸版印刷のESの質問は、学生時代に力を入れて取り組んだことを2点。あなたの長所と短所について。あなたの価値観に影響を与えた出来事について。就職活動においてどのような基準で企業選びをしているか。印刷業界の他にどのような業界、企業に興味があるか。凸版印刷を志望する理由と具体的にやってみたい仕事。凸版印刷で活かせるあなたの強み。凸版印刷の課題や改善策、そのために凸版印刷に必要なものはなどです。

 

質問数が非常に多いですが集中力を切らすことなく取り組みましょう。学生時代に力を入れたことは長く取り組んだことについて書きましょう。部活など大学時代だけではなく、小さなときから継続して取り組んでいることであればさらに有効です。

 

長所と短所については長所は粘り強さや向上心など。短所はそれらが高じて諦めが悪いなどにするといいでしょう。また短所もそれだけを書くのではなく、必ずそれを改善するために取り組んでいること。反省点なども一緒に書くようにしましょう。

 

価値観に影響を与えた出来事についてはそれによってどんな人間なのかが分かります。価値観に影響がある前ではなく、価値観に影響し、それが現在の価値観になってからが大切です。もし今もその価値観からさらに変わっているのであれば、それについて書きましょう。

 

就職活動においてどのような基準で企業を選んでいるかについては印刷業界だけに絞らずに軸を考えましょう。これは次の質問に印刷業界以外で興味のある業界や企業について答える質問があるからです。両方に答えられるように業界ではなく、企業ごとの違いで選んでいるという点を強調しましょう。

 

別の業界、企業についても向上心を大事にしていたり、積極性が必要な企業を選びましょう。

 

志望動機についてはやりたい仕事と一緒に答えます。志望動機を練ることも大切ですが、具体的な仕事についても絞り込んでおきましょう。

 

凸版印刷で使える強みは、実際に使えるかどうかは別にしてとにかく自分の強みをアピールしましょう。

 

凸版印刷の課題などについては充分に企業研究、業界研究をして書きましょう。凸版印刷は業界最大手ですが、挑戦を続けている企業です。上手く課題を提示することが出来れば高評価に繋がるでしょう。

 

選考情報(面接の詳細)

2018年卒の凸版印刷の選考は6月よりも若干前倒しで行われました。ES提出後WEBテストなどはなく、また筆記試験もありませんでした。

 

1次では1対1の個人面接です。志望動機や学生時代に頑張ったことなどの深掘りがされます。

 

2次では学生1人面接官2人です。ESの深掘りが中心になります。和やかな雰囲気で雑談形式で進みます。ESが中心の質問ではありますが、その時々でランダムな質問もありますので注意が必要です。

 

凸版印刷では最終面接にも珍しく学生3人面接官4人のグループ面接です。基本的にはESを中心深掘りがされていきます。グループ面接なのでそれほど難しい質問はなく、意思確認の意味合いも強いと言えます。

 

内定の連絡は数日以内です。面接の連絡も同じくらいですので、比較的連絡は早いと言えます。

 

最後に選考のポイント

凸版印刷は印刷業界最大手でありながら今なお新たな価値を創造し、模索し続けています。その姿勢は社員の志でもあり、可能性を諦めることなく常に挑戦を続けています。

 

就活生にもその挑戦の姿勢が求められています。強い意志で物事に取組み、諦めることなく新たな価値を創造すること。そして適切な状況判断、分析で問題解決に努めることが大切です。

 

ただがむしゃらなだけではいけません。冷静な思考を持ちながらも挑戦していく熱い気持ち。その両立が必要になります。

 

難しい選考にはなりますが、まずはその高い壁にも挑戦していく気持ちが大切です。常に挑戦し続ける姿勢を見せることが内定獲得への近道と言えます。

就活は情報戦です。
その情報はネットに転がっているので、できる限り早く使える就活情報サイトを見つけてください。
僕は、Unistyleで行きたい企業の情報をめちゃめちゃ入手できました。 今のうちに熟読して、早めに他の就活生と差をつけてください。
就活は先手必勝です。
選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

就活生によく読まれている記事

1

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

-印刷

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.