建設

大成建設の選考まとめ!挑戦をゼネコンの中で一番重んじる?対策を分析してみました

投稿日:

 

大成建設は建設業界を牽引する総合建設会社ことゼネコンの一つです。またゼネコンの中でも売り上げ1兆円を超えるスーパーゼネコンの一角を担う大企業です。

 

ここ数年の売上高はほぼ横ばいに推移していますが、営業利益は大きく上昇しています。成長傾向が続く建設業界の中でも特にその成長ぶりが期待されている企業でもあります。

大成建設はもともと旧大倉財閥系の同族経営でした。しかし今は同族経営を脱却し、非同族経営となった業界でも珍しい企業です。

主な建設物はさいたまスーパーアリーナや東京ミッドタウンなどです。また2020年の東京オリンピックの新国立競技場の建設を予定しています。まさに今乗りに乗っている企業と言えるでしょう。

 

【Start就活

  • 最強のSPI対策
  • 優良就活サイトの管理
  • 企業の選考情報の見逃しがなくなる

就活を成功させたい就活生に絶対にオススメの就活サイトです。

大成建設の求める人材像

建設業界は東京オリンピックや再開発の影響を受け、業界全体として成長傾向にあります。年々確実に成長を続けているため、就活生からの人気も高くなっている業界です。また建設業界が女性の獲得に力を入れていることも人気の要因だと言えるでしょう。

建設業界全体として求められる人材は主体性と協調性、そして責任感があることです。特にゼネコンの場合は自らチームを引っ張っていくリーダーシップ。そしてチームと協同して仕事を成し遂げる協調性が重要になります。

 

大成建設はHPで採用メッセージを公開しています。大成建設が大事にしている言葉は「地図に残る仕事。」です。そして採用メッセージは「次代の「地図に残る仕事。」を担う人物像」とし、そのキーワードを「Change&Innovation」としています。

 

建設業界の仕事は何十年、何百年と後世に残るものを作ります。まさにそれらは地図に残るもので、だからこそ強い責任感を持たなければなりません。

 

それに加えて「Change&Innovation」。つまり変化と革新が重要視されています。今まで積み上げてきたものを守る誠実さ。そして常に新しいものを求めて、突き進む開拓心。強い向上心が大成建設では求められています。

 

ESで通りやすい内容

大成建設の2018年のESの質問は、学生時代の重大ニュースを3つとそのうち1つの詳細。長所と短所。就職活動で重視している業界。入社したらやりたいこと。就職活動で業界選択の際に重要視していることなどです。

 

何に興味を持っているのか。どんな体験をしてきたのか。物事についての考え方などが問われています。常に新鮮な経験を味わっている人はそれだけ感性も磨かれます。学生時代の重大ニュースについては特に注意して書く必要があります。

 

特殊な経験をしたのであればそれについて書きましょう。他の人があまり経験したことがないことであれば、有利に働きます。また変わった経験がないという場合でも、どのように物事を捉えているのかをアピールすればいいでしょう。普通の人なら何でもないことだと見過ごしてしまうことを書くことで、自分の感性をアピールすることができます。この人は普段から人と違う目線で物事を見ているということが伝われば好印象になります。

 

また業界選択についての質問が目立ちます。自社や同業界を志望する理由だけではなく、どうしてそこでなければならないのか詳しく書きましょう。

 

ES攻略のキーワードは好奇心、向上心、協同、責任感などです。それらを駆使ししてESを作成しましょう。

 

選考情報(面接の詳細)

大成建設の選考スケジュールはかなり前倒しで2017年卒では4月中に全ての面接が終了していました。

 

2017年卒では4月上旬にWebテスト。4月の下旬で1次、2次、最終面接とスピード感のある選考スケジュールが特徴です。WebテストはTG‐WEBです。しっかりと事前に対策をしておきましょう。

 

1次面接は学生1人に対して面接官は4人です。自己PRや志望動機などスタンダードな質問が主になります。それぞれについて30秒と短い時間でまとめなければなりません。簡潔に話すことを心がけましょう。

 

2次面接は学生1人に対して面接官は2人です。1次と同様に自己PRと志望動機。2次では志望動機についてさらに深堀りがされ、なぜ建設業界か。その中でもどうして大成建設か。どんな仕事をしたいのか。どんな役職に就きたいか。将来的にどんな人になりたいかなどかなり具体的なことを聞かれます。将来のビジョンについてしっかりと固めておきましょう。

 

最終面接は学生1人に対して面接官は3人です。質問についてはこれまでとほとんど同じです。海外での仕事は可能かなど、入社後のこともいくつか聞かれます。最終面接の時点で能力的には問題がないと判断されているので、後はしっかりと熱意を伝えることが大切です。企業側としても最終面接は意思確認のつもりで行っている場合も多く、入社したいという気持ちがあれば、内定を出すというところも多いです。

 

面接結果の発表はほとんどが当日中です。内定の連絡についても同じで、選考スケジュールがタイトなため、連絡もそれに応じて早いと言えるでしょう。

 

最後に選考のポイント

大成建設は旧大蔵財閥系の企業でしたが、現在では同族経営を脱却しています。同族経営が多い建設業界では珍しく、それだけ革新を求めている企業だという事が分かります。

 

建設業界は成長の波に乗っています。このまま波に乗り続けるには常に先を見据え、向上心を持って取り組まなければなりません。大成建設が掲げる「Change&Innovation」のように変化と革新がこれからのキーワードになります。

 

これからの建設業界を支えていくのは若い力です。積極的で、革新的、そして責任感を持った人が必要になってきます。そして何より新しいもの、人のためになるものを作るという熱意が重要です。建設業界には求められる能力も多いですが、ここで働きたいという熱意を見せることが内定獲得への近道だと言えるでしょう。

 

【Start就活

  • 最強のSPI対策
  • 優良就活サイトの管理
  • 企業の選考情報の見逃しがなくなる

就活を成功させたい就活生に絶対にオススメの就活サイトです。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。2017年は売り手市場でした。2018年もそうなることが予想されてます。なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、おめで ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-建設

Copyright© 就活の名人 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.