化学

住友化学はグローバル感と責任感が重要!選考のまとめと突破への対策をまとめてみた

投稿日:

住友化学は総合化学業界の国内2位の企業です。石油化学を始め、電子材料・農薬・医薬の事業を持ち幅広い分野で活躍しています。

電子材料では液晶偏光板などに強みがあります。農薬では国内最大手の事業規模を誇り、海外にもその活動の幅を広げています。グローバルな活躍も遂げる企業だという事が分かります。

 

また傘下に大日本住友製薬をおさめるなど企業としての基盤も強いです。医薬分野については大日本住友製薬が事業を担当しています。そういったプロフェッショナルの存在が企業の成長を支えていると言えます。

住友化学の求める人材像

住友化学ではHPに住友化学の社員に必要な資質を3つ公開しています。1つ目は起業家精神に溢れていること。2つ目は日本国内だけではなく、世界にも目を向けることができること。3つ目は住友化学の事業精神である「自利利他、公私一如」の考え方に共感できることです。

 

起業家精神とは挑戦し、目標を達成していくことを指しています。仕事を与えられるのではなく、自ら能動的に動いて仕事をすること。そして他の人がやっていないことでも臆さずに開拓していける力が必要ということになります。

 

住友化学は海外事業にも力を入れているのでグローバルな視点を持ち合わせていることも大切です。世界に目を向けることは視野の広さにも繋がります。広い視野を持って前進し続けることも大切です。またグローバルな企業ですので、語学力もあれば有利になるでしょう。

 

自利利他、公私一如とは自分の利益。すなわち住友化学の利益は他人の利益。つまり社会や国家の利益であること。住友と社会は連携してともに成長を目指すということです。企業でありながら公人さながらの奉仕の精神が必要になります。

 

事業を育て、化学の進歩によって社会に恩返しをする。社会に対してありがたみを感じ、社会のために働ける人が求められていると考えられます。

 

ESで通りやすい内容

2018年卒の住友化学のESの質問は、学生時代の学業への取り組みについて。学生時代に力を入れたこと。工夫した点と苦労した点など解決方法を中心に。志望動機についてです。

 

住友化学では社会に対する貢献度も重要視されていますので、学生の本分でもある学業についても重要になります。

 

学業の取り組みについては研究テーマや卒論など何かについて詳しく勉強したものがあればそれを書きましょう。直接化学に関係することでなくても勉強に取り組んだという姿勢が大切になります。また関係ないように見えて実は深い関係にあったという場合もあります。研究テーマなどは化学と関係がないか、視野を広げて可能性を考えてみましょう。

 

学生時代に力を入れたことは学業以外についてでも構いません。学業について詳しく述べきれなかった場合。もしくは複数の課題に取り組んでいた場合はその旨を記しても構いません。

可能であれば社会に貢献した内容を書きましょう。ボランティアやアルバイトなど様々なことが挙げられます。また留学経験のある人はそれについて書くとグローバルに活躍出来ることをアピールできます。

 

工夫した点、苦労した点については自分なりに考えて行動したということを書きましょう。解決に辿り着くことが大事ですが、そのプロセスを自ら見つけ出したということが重要になります。他人に教えてもらったのではなく、誰に聞けばいいのかを自分で考えた。解決方法を模索した結果、周囲の助けが必要だと分かったなどあくまで自分が主体的に行動したことを書きましょう。

 

志望動機はなぜ化学業界なのか。その中でもどうして住友化学でなければならないのかと深掘りをして書きましょう。志望動機の中で自利利他、公私如の考えに共感できたことを書けばさらに印象は良くなるでしょう。

 

選考情報(面接の詳細)

住友化学の2018年卒の選考スケジュールは6月よりも前倒しで行われました。4月にESとWEBテスト。5月にGD、1次、2次、最終となり5月中に内定が決まりました。

 

WEBテストは企業のオリジナルでSPIと玉手箱の言語、非言語をミックスした問題になっています。テストセンターの勉強をしておけばそれほど問題にはならないでしょう。

 

GDは学生6人面接官1人です。事業見学会という名目で行われ、簡単な説明会の後にGDとが行われるので注意が必要です。お題は新事業を行うか否かについてなどです。化学の事業について問われる質問が多いので、業界研究を進めておきましょう。

 

1次は1対1の個人面接です。基本的には雑談の形式で進み、ほとんどが逆質問になります。事前に質問をいくつか用意しておき、積極的に質問をして志望度が高いことをアピールしましょう。

 

2次も1対1の面接です。ESの内容を中心に深掘りがされていきます。1次と違って落ち着いた雰囲気で面接が進むので緊張してしまうわないように注意が必要です。

 

最終は1日に2度面接が行われます。1度目は2次と同じようにESの深掘りです。2度目も同じような質問や学業についてさらに深掘り。ESに書いたこと以外で学生時代に頑張ったことなどが聞かれます。1回の時間が短いので端的に答えるようにしましょう。

 

内定の連絡は数日以内で、面接の結果は1週間以内ぐらいです。

 

最後に選考のポイント

住友化学は総合化学業界2位の大手企業です。様々な部門の事業に力を入れることでその成長を遂げてきました。そしてその成長を支えているのは社会であり、社会のために働くことが住友化学では求められます。

 

住友化学の事業精神は自利利他、公私一如です。自社の成長はもちろん、それは公共の利益にもなること。社会と一体となって事業を発展させていくということが求められています。

 

向上心を持って自ら取り組むこと。グローバルな視点を持つことも大切ですが、それ以上に責任感を持って社会のために仕事をすることが大切です。

 

求められる資質はたくさんありますが、一番は真面目で、誠実。そして熱意があるということです。実直な性格が好まれる企業ですので、一つ一つの選考に対して全力を尽くし、誠実に取り組むようにしましょう。

注目第一志望企業に内定したESを見ておこう→Unistyle34,5463人が参考にしました。

注目大手企業からスカウトが届いて内定確率UP→キミスカ21,465人が参考にしました。

注目SPI対策はアプリで。正解率が出るのは→【Start就活】54,953人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-化学

Copyright© 就活の名人 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.