損保

損保ジャパン日本興亜の選考内容と対策!論理的に明るく話すことが大事

投稿日:

損保ジャパン日本興亜は国内大手3メガ損保の一角を担う損害保険会社です。

2010年に、損保ジャパンと日本興亜損保の共同持株会社として「日本興亜ホールディングス」が誕生し、損保ジャパン日本興亜はその中核会社として位置づけられています。

 

学生からの人気も高く、キャリタス就活2018において行われた「就職希望企業ランキング」では、メガバンクの一角であるみずほ銀行を抑えて4位にランクインしました。

 

損保ジャパン日本興亜は国内最大の収入保険料を誇るなど国内損保事業において、高い市場シェアを占める点に特徴があります。

 

また、介護事業・ヘルスケア事業を積極的に推進していて、2015年には居酒屋大手ワタミの介護子会社を買収する動きがありました。

 

国内最大規模の介護事業基盤を確立したことに加えて、保険事業で得た知見・既存の顧客基盤と販売チャネル・ブランド力を総合的に生かして、お客様の「安心・安全・健康」な暮らしを支える、高品質な介護・ヘルスケアサービスの提供が期待できるでしょう。

 

今回は損保ジャパン日本興亜の選考情報とそのポイントについて、ご紹介します。

損保ジャパン日本興亜の求める人材像

 

損保ジャパン日本興亜が求める人物像は、以下のように紹介されています。

 

・お客さまの声、社会の変化を真摯に受け止め、常に誠実さを心がけ、最高品質の安心とサービスを、スピード感をもって提供できる社員

・自ら考え、自律的に行動し、学び続け、失敗を恐れず常に高い目標に向かってチャレンジし続ける社員

・常に未来志向で変化に強く、革新的な行動と強いリーダーシップでチームのパワーの最大化を図れる社員

・国内外を問わず、ボーダーレスな発想と行動力で地域・社会に貢献できる社員

 

損害保険は形のないサービスで、他社との明確な差別化要因はありません。

そのため、一人ひとりの誠実な行動と努力をもって、お客様と向き合うことが求められています。

 

また、損害保険という領域は全産業の発展、人々の幸せの実現のために必要不可欠な「社会のインフラ」であり、日々世界中から新たな「挑戦」を求められ続ける仕事です。

 

そのため、日々変化する状況に興味を持ち、主体的且つ柔軟に新たな役割や課題を創造し、未知の領域に果敢にチャレンジできる多様な人材が求められていると言えるでしょう。

 

加えて、損害保険事業は、お客様や代理店はもちろん社内外の多くの方々と関わる仕事です。仲間と確固たる信頼関係を築き、チームとして取り組むことで、より大きな成果に繋がります。そこで損保ジャパン日本興亜ではリーダーとしてチームを引っ張っていける人材が求められています。

 

ESや面接に関しても、これらの要素を意識しながら準備を進めましょう。

損保ジャパン日本興亜の選考情報

ES

・学生時代頑張ったこと3つ(各50字以内)

・上記の質問のうち、最も力を入れた取組み(1つ)について、理由・活動期間・役割などイメージができるように具体的に教えてください。(その取組みの中で発揮したあなた自身の強みや、認識した課題についても教えてください)(400文字以内)

・損保ジャパン日本興亜で実現したいこと(200字以内)

 

損保ジャパン日本興亜のESは設問が丁寧です。学生時代頑張ったことについての設問も、問題の指示に従って丁寧に回答を作成すれば、論理的でわかりやすい回答が出来るように作られています。

 

加えてWebテストは「SPI」で、自宅受験型のテストです。

 

1次面接

 

面接形態:企業1名 対 学生1名

所要時間:30分

内容:自己紹介、趣味、志望動機、学生時代頑張ったこと、最後に言いたいこと

対策:基本的にはESの設問に沿って質問がされます。雰囲気は和やかで、どちらかというと雑談に近いため、面接官と会話をすることを心がけましょう。

 

 2次面接

 

面接形態:企業1名 対 学生1名

所要時間:30分

内容:自己紹介、趣味、志望動機、学生時代頑張ったこと、就活状況、最後に言いたいこと

対策:基本的には1次面接の質問と変わりません。落ち着いて面接官に伝わるように話しましょう。また、「最後に何か一言はあるか」という問いに関しては必ず第一志望である旨を語り、熱意を見せると通過の可能性が高まると考えられています。

 

 最終面接

 

面接形態:企業2名 対 学生1名

所要時間:30分

内容:自己紹介、選考状況、これまで自己の成長のために投資したことがあるか、女性営業も外回りの仕事があるが大丈夫か 最後にこれだけは言いたいことはあるか

対策:最終面接は単なる意思確認ではなく、通常の選考です。1次・2次面接よりも仕事の理解度を問う設問が多い傾向があります。面接前には再度業界・企業研究をおさらいし、職種理解を深めましょう。

 

選考のアドバイス

 

損保ジャパン日本興亜の選考では、特段変わった質問などはありません。

学生時代頑張ったことや自己PRなど、基本的な事項を端的に論理的に話すことが出来れば評価に繋がります。また、明るく元気にはきはきと話せていることも評価に繋がります。

 

加えて志望度も重視されるため、志望動機は周りの人にも協力してもらった上で改善に努めるなど、説得力があり、面接官に熱意が伝わりやすいように準備をして面接に臨みましょう。

就活は情報戦です。
その情報はネットに転がっているので、できる限り早く使える就活情報サイトを見つけてください。
僕は、Unistyleで行きたい企業の情報をめちゃめちゃ入手できました。 今のうちに熟読して、早めに他の就活生と差をつけてください。
就活は先手必勝です。
選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

就活生によく読まれている記事

1

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

-損保

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.