就活準備

ぶっちゃけ就活の準備段階ってどれぐらい大事で何すれば良いの?って疑問に答えてみる

更新日:

就活を始めてみると予想外に忙しいと感じるのではないでしょうか。就活解禁が3月。そして選考のスタートが6月。その間たった3カ月しかありません。しかもこのスケジュールを守っているのは経団連に加盟している企業ばかりです。その他の企業は6月を待たずに選考がスタートしています。

就活が解禁になると同時に選考を始めるという企業も少なくありません。6月から選考スタートの企業でも、ESなどはそれ以前に提出がほとんどです。となると解禁と同時に就活をスタートさせなければなりません。就活が本格化してしまうとゆっくりと準備をしている暇はありません

それでは就活の準備はいつからやっておけばいいのでしょうか?今回は就活の準備について解説していきます。

ちなみに僕は就活生時代よくUnistyleを読みながら戦略を練っていたのでもしも参考になれば。結局、内定者たちのアドバイスを見て真似するのが一番突破確率が上がります。

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

就活の準備はどれくらい大切か

就活の中で最も大切なことは準備といっても過言ではありません。なぜなら就活は準備で決まるからです。就活ではやらなければいけないことが山ほどあります。自己分析や業界・企業研究やSPIの勉強。そしてスーツなどの物理的な準備もあります。

 

解禁日から選考までほとんど駆け足で行われます。解禁日すぐにエントリーを締め切る企業もあります。そこから志望動機や自己PRを一から作成するのはあまりにも大変です。仮にできたとしても内容の薄い仕上がりになってしまうでしょう。

 

志望動機や自己PRは何度も試行錯誤を重ねてようやく完成するものです。就活を進める中でも常に改善を考えなければいけません。なので事前に準備していないと形が出来上がった頃には選考が終わっていることも考えられます。就活が本格化すると面接やESの提出にいっぱいいっぱいになります。そうなると自分の時間を作ることも難しく、いつまでも準備不足のままになります。

 

就活は準備が明暗を分けますので、これでもかというほど念入りに準備しておきましょう。

 

3年生のうちに具体的にどんな準備をしておくと良いですか?

まず自己分析、業界・企業研究を始めておきましょう。というのも就活が始まるとなかなかそれらをする時間がなくなるからです。時間のあるうちに何度もやっておきましょう。

 

自己分析や業界・企業研究をしていれば自分が志望する企業も見えてきます。就活の方向性を決めるためにも自分がどんな業界・企業に行きたいのかを知っておきましょう。この時期からある程度志望動機も考えておけるといいです。志望動機は企業ごとに変える必要があります。しかし大枠は同じでも大丈夫です。細かい修正はエントリーのときにするとして、志望動機の雛型を作っておきましょう。

 

SPIの勉強も少しずつ始めておきましょう。SPIはそれほど難しいものではありません。中学や高校で習った内容のものもあります。最初は難しく感じるかもしれませんが、思い出してくると慣れてきます。どんなものなのか分かっていればいいので、軽くさらうだけでも大丈夫です

もし時間に余裕があったり志望する企業が決まっているならインターンも経験しましょう。全ての企業が募集しているわけではありませんが、志望するものがあればやっておきましょう。インターンを経験することで企業への理解が深まります。就活ではプラスに働くので、何をすればいいか分からない人はとりあえず参加してもいいでしょう。

いつから就活の準備を始めるべきか

準備は早ければ早いだけいいです。しかしあまり早くから準備していると疲れてしまい本番で力を出せない可能性もあります。なので1年前ぐらいから、つまり3年生からスタートするといいでしょう。もちろん不安だという人はもっと前からでも構いません。ただペース配分には気をつけましょう。

 

本格的に準備をしなくても、どんな業界や企業があるのか。世間の動きはどうなのかなど、文献や新聞を読むことも立派な就活の準備です。早めに始めたいという人はそのぐらいのことから始めるといいでしょう。

 

1,2年生のうちに勉強に専念し、単位をたくさんとっておくことも重要です。単位をとっていれば3年生からでも充分に準備をする時間があります。就活が始まっても学業もこなさなくてはなりません。就活に集中できる環境づくりも大切ですので単位はきちんと取りましょう。バランスを考えれば、3年生からの準備がベストかもしれません。

 準備不足で就活に挑むとどうなるか

準備不足で就活に挑むと確実に取り残されます。3月に解禁、6月選考の駆け足な就活になります。準備ができていないと書類選考から苦戦する可能性もあります。

 

面接に挑む場合でも同じように苦戦するでしょう。人事担当者は採用のプロです。何百人、何千人の学生を相手にしています。そんな人たちに付け焼刃の自己PRや志望動機は通じません。すぐに準備不足を見破られてしまうでしょう。

企業は意欲的な学生を望んでいます。準備不足は企業に対する興味がない。つまり意欲がないと取られてしまいます。準備をしないまま面接に挑むのは失礼なことでもあります。充分な準備を心がけましょう。

 

【まとめ】

採用スケジュールが前倒しになったこともあり、超駆け足で就活がスタートするようになりました。タイトなスケジュールで大変な反面、しっかりと準備をしていればすぐに就活から解放されます。しかし準備をしていないと一気に取り残されてしまうのが怖いところです。

 

就活は早めの準備を心がけましょう。準備はいくらやっても足りないぐらいです。短期決戦を乗り切るためにはそれぐらい準備が必要です。しっかりと準備をしていれば、就活は楽だったと思えるかもしれません。ぎりぎりからやって痛い目を見るのか。早くから準備して楽をするのか。アリとキリギリスのようですね。よく考えておきましょう。

 

就活は大変です。加えてタイトなスケジュールになったのでさらに大変になっています。

就活を成功させるカギは事前の準備です。逆に言えばしっかり準備ができていればそれほど恐れることもありません。大変なことを事前に察知して準備しておく。社会に出てもその能力は必要になります。就活の準備を通してその能力も身に着けておきましょう。

あと付け足しですが、企業選考の内容は内定者が述べている内容をよく学んだ方が良いので、Unistyleなどに登録して熟読するようにしてください。

就活の大成功を祈っていますm(_ _)m

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。
注目就活は内定者からの情報が一番正確で役立つ→Unistyleで内定者のアドバイスを読む34,5463人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-就活準備

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.