就活コラム

『第一印象を良くする』就活の履歴書と面接で使うべきネクタイの色とは?

更新日:

 

第一印象とは、ずばり「ネクタイ」

面接に臨むとき、一般的にはリクルートスーツを着ていきますよね。

リクルートスーツは色も柄もほとんどのもので統一されており、中に着るシャツも白の無地と個性が出ないものになっています。そんな中唯一好きなものを選ぶことが出来るのがネクタイです

ネクタイとは元々首に巻いていたスカーフが起源と言われており、現在の日本では「真心」を表すものとしてビジネスシーンでは必要なものとされています。面接時には「嘘偽りない心で御社の面接に臨みます」という意思表示にもなります。多くの人がリクルートスーツを買うときに紺色のネクタイを買われたのではないでしょうか?

だからと言って紺色のネクタイで面接に挑んではいけませんよ

ここでは面接が二回ある企業を想定して第一印象をあげる方法をお伝えいたします。では、最初に履歴書用の写真での第一印象を決めましょう。

 

エントリーシートでのネクタイ

履歴書の写真では「紺色」

学生としては多額な出費は避けたいですよね。面接を受ける数だけ証明写真を撮っているとお金も馬鹿になりません。そのためどの企業に出してもいいようなオーソドックスなストライプ柄な紺色のネクタイをつけましょう

履歴書は後に多くの人が見ることになるため、多くの人がNOと言わないものを選ぶのがポイントです。

また紺色はスマートさを演出してくれるもっとも就職活動にベターな色であり、写真にすると顔を引き締めてくれる効果もあるため、最適な色と言えます。

 

1次面接でのネクタイ

一次面接は自分をイメージする明るい色が無難。

多くの学生がここで落とされます。皆さんもその経験があるのではないでしょうか。ネクタイ選びの前に一次面接をする側の企業の気持ちをお伝えいたしますと、「疲れる」「大変」など結構ネガティブなものが多いです。「ふざけるな!」と思いますが、企業にも理由があるのです。

よほどの大企業でない限り、面接官は一次面接を受けるすべての学生と面接をします。その中から企業にとって「金の卵」となる人物を見つけ出すことが面接官の仕事です。多くの人物と話し、複数人いる面接官同士で「あのこはどうだろうか?」「ああ、あの赤色のネクタイの」なんて話しながら次回面接の定員数まで人数を絞り込むのです。

もうお分かりだと思いますが、このときネクタイの色で学生さんを識別することが多いです。多いときは十人以上の人と会うため、中々名前を覚えることが難しかったりするのですが、面接に来る学生で唯一違いがはっきりとわかるのがネクタイの色です。

しかもわかりやすい色であればあるほどすぐに思い出してくれるため、面接後の話題にも上がりやすかったりします。例えば、面接で部活に打ち込んだことを話すなら情熱的な赤、多くの行事に積極的に参加したと話すなら活発な黄色などのようにすると効果がより高まり、面接後にも余韻が残りやすいです。この余韻をネクタイが作り出してくれるのです。

2次(最終)面接でのネクタイ

最終面接まで残ったと言うことは、企業はあなたの入社を歓迎していると言っても過言ではありません。ですが企業も全員を雇えるわけではないため、役員ならびに社長に見ていただき、決めてもらおうというところ。

ですのでここで大事なのは社長・役員のお目にかなうことです。とても難しく感じますか?いえいえ、そんなことはありません。会社を作っている人がもっとも意識している色を取り入れるのです。それは「企業カラー」です。

例えばホームページを見て明らかにある色を多く使っている色や、名刺に使われている色などを確認し、ネクタイに取り入れます。会社をイメージするものを色に変換して取り入れる(若い人が活躍しているなら爽やかな水色など)のもOKです。

社長や役員は会社のイメージを大切にしていることが多く、面接では企業のイメージと一致するかどうかをみられるのが最終面接です。「御社のイメージ通り」を体言して自分をアピールしていきましょう。

まとめ

第一印象は大きなところだと持って生まれたものもあるかもしれません。

ですが新卒の面接で見られる点は「今まで何をしてきたのか」です。「ネクタイごときに大げさな」と思われる方もいると思います。「そんなことしなくても私は大丈夫」と思った方もいるでしょう。ですが適当に選んだ方とそうではない方では必ず違いが出てきます。この意識の差は積もれば大きなさとなります。大切なのは意識して行動することです。

注目第一志望企業に内定したESを見ておこう→Unistyle34,5463人が参考にしました。

注目大手企業からスカウトが届いて内定確率UP→キミスカ21,465人が参考にしました。

注目SPI対策はアプリで。正解率が出るのは→【Start就活】54,953人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-就活コラム
-

Copyright© 就活の名人 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.