会社

【人は33歳になると年収が気になりだす】平均年収や許容年収を晒してみよう

投稿日:

pexels-photo-27406-large

入社から10年

新卒から10年経った年齢が33歳。

この年齢になると年収やキャリアに差がで始めるので、ネットで「33歳 年収」と検索し出す人が続出します。僕はそれが健全だと思います。周りの年収はきになるし、自分が相応の給料をもらっていないのであれば、転職を考えるのも妥当です。

基本的に転職は早いに越したことがないです。

だいたい最初の転職を平均して29歳から33歳ぐらいまでの間にするので、33歳はギリギリの年齢だとも言えます。それ以降に最初の転職を経験すると色々と大変です。

まずは33歳の平均年収や許容範囲を例示していきます。

33歳の年収の現実

この年代になると、結婚に対しての焦りもみ始める頃ですね。女性も男の年収に対してある程度の「妥協」が生じる時です。
最低でも1000万円!などというバカは消えていくわけです。500万円だって今の時代全ての会社員が手に入れられるわけじゃないので。

33歳 平均年収 476万円

です。500万円届きません。どうですか、この数値は。

一部の大手企業でも大体30歳に500万円を突破して、40歳まで横ばいに近い上昇をしていくので、ある意味この年収はかなり妥当なラインだと思います。中小企業になればこれだけおらえていれば万歳、というところでしょう。

しかも

 300万から500万で全体の半分以上を占める

ので、かなり団子状態になっていることがわかると思います。どんなに頑張ってもあまり年収には差がつきにくいのが、33歳の現実なんですね。
こんなデータを見ていると、

  • 残業をしているのがバカらしくなる。
  • 世間の評判が高い会社にいても結局年収は対して変わらない
  • ならば自分の好きなこと、好きなことをする時間を増やしたほうが良いじゃん

と思い出す人が出てくるし、「あれ、もしかしたら不当な査定を受けているのかも」と転職サイトに登録しまくる人が出てきます。僕は繰り返しますが、それはかなり正常な思考だと思ってます。

10年で何かに気がつく

一生懸命に社会に出て働いてきた人は、それが当たり前のように今までやってきたのに33歳で様々な現実を目の当たりにします。33歳って人生の第二の分岐点です。ある程度お金もたまっているので独立したり新しいことを始める人も多い。会社の上が詰まっている現状を見てポスト争いがバカバカしく思えてしまったりとか。色々あります。

それが年収によって追い打ちをかけていくのかなって。30代になったからといって劇的に年収が上がるわけでもない。かといって徐々に同期の中で出世するやつなんて出てきたりして、今の会社にいることが急にバカバカしく思えたりします。

新しいことを考えよう

結局会社員はどこも一緒です。そこまで劇的に待遇は良くもないし、悪くもありません。働いている人間がバカを見やすい構造になっています。もっと実力主義的な会社へと転職を図るのか、ライフワークとして何か見つけていくのか、それは各個人によって様々あると思いますが、何か新しいことを考えた方が良いと思います。

33歳 年収。

その現実を見つめた時に、もっと自分らしい人生を歩んだ方が楽しくないですか?

就活は情報戦です。
その情報はネットに転がっているので、できる限り早く使える就活情報サイトを見つけてください。
僕は、Unistyleで行きたい企業の情報をめちゃめちゃ入手できました。 今のうちに熟読して、早めに他の就活生と差をつけてください。
就活は先手必勝です。
選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

就活生によく読まれている記事

1

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

-会社

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.