モテる男

サイバーエージェントが社内恋愛多いのはマジだよって記事

投稿日:

サイバーエージェントの社内恋愛

そもそも社内恋愛の方が続くと思っている僕からするとサイバーが社内恋愛をむしろ推奨しているような姿勢にはかなり共感が持てる。サイバーエージェントはIT企業の中でもとにかく働く会社だから自分の時間なんてあまり持てない。結果的に職場にいる人と仲良くなるのは当然だし、その方がお互いの仕事の事情なんてのも分かり合えるからうまくいきやすい。。

 

と、最初に持論を述べてしまったが、サイバーエージェントの社内恋愛を項目ごとに見て説明していきます。

city-road-street-buildings-medium

 

社内恋愛は本当に豊富か?

 

答えはYES。

飲み会や雑談でも「誰が付き合っていて、誰が別れた」のように高校生みたいな会話が割と平気で行われている。自然に。それだけ社内恋愛が多いという証拠だし、会社としても特に制限をかけていない証拠だとも言える。

 

そもそも社長だって自分の秘書と結婚しているくらいだから、もうそこらへんは推奨レベルまで行っている。ウェブ上でも話題になるが、サイバーの女性は容姿端麗な方が採用される傾向にあるし、男だって「ザ・ベンチャー」みたいなイケイケの容貌が多く肉食系だから、カップルになるのは普通っちゃ普通か。

最初でも述べたが、サイバーは残業時間も多いのであまりプライベートの時間を確保するのが難しい。ITは常に時間との戦いだからだ。よって近くにいる異性と親密になるのも人間の性であると言える。

pexels-photo

 

どんな社内恋愛が多いのか

 

  1. 同期同士
  2. 案件被り
  3. 飲み会、イベント

サイバーは若い会社だ。社員自体も皆若い。そういう会社は社内恋愛をしていくには向いている。今後サイバーがどんどん成熟していくとその流れは消えていくようにも思うが、社内恋愛推奨の流れは今後も続くのだろう。

さて、まず同期同士。

サイバーは横のつながりが結構強い。同期飲みやイベントも盛んにあるので、そういったところで恋愛に発展するケースがある。社員たちもそういう恋愛事情を公表していくことに躊躇がないので積極的に行動もできる。

people-office-group-team-medium

案件被りについてだが、サイバーはベンチャーだ。一つの案件を少人数でもの凄いタフに進めていく。その中で同じになる異性とは夜遅くまで一緒にいることも多いし、体力、精神的にきついことを一緒にこなしていくので親密になっていくのは世の常だ。

 

飲み会や社内イベントも企画されているのでそういったところで交流を持つ人もいる。わりかしサイバーは合コンに行く人もいるのでもちろん他社の人と交際する人もいるわけだが、社内に容姿が良い人がたくさんいるのに外に追い求める必要はあるのか、となる。

注意点

社内恋愛が推奨されている環境は結構怖さもある。一つの恋愛のトラブルはあっという間に広まってしまう恐れもあるから、会社にいづらくなってしまったり、次の交際相手を探すのに障壁になってしまう場合だってある。それは注意が必要だ。もちろんおおぴっらに公表するのかどうかも含めて。

 

また、社内恋愛が多いとは言ってもメインは仕事であり、仕事ができない人間は相手にされない。サイバーは特に実力主義的な傾向が強いので、その点は注意が必要だ。

就活は情報戦です。
その情報はネットに転がっているので、できる限り早く使える就活情報サイトを見つけてください。
僕は、Unistyleで行きたい企業の情報をめちゃめちゃ入手できました。 今のうちに熟読して、早めに他の就活生と差をつけてください。
就活は先手必勝です。
選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

就活生によく読まれている記事

1

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

-モテる男

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.