総合商社

三菱商事の社内恋愛事情をまとめてみる

更新日:

三菱商事の社内恋愛

昨今は社内恋愛に関しても寛容な企業が増えてきた。むしろ歓迎しているような企業まで出始めている。実際問題、一緒にいる時間も長いので情が芽生えるのは自然なことだとも言える。それを制約しない方が、会社への満足度が上がりやすいというのもなんとなくわかる。

 

さて、三菱商事だ。言わずと知れた、人気企業である。才色兼備の男女が集まりやすい場所だ。それぞれの項目に沿ってまとめてみた。

pexels-photo-45917-medium

 

社内恋愛は寛容

表向きは厳しいように見せかけているが、社内恋愛はほぼ無法地帯になっている。とやかく言うことはない。会社としてもいつ社員が異国の地へ飛ばされるか分からないので早めに結婚をさせておいたほうが良いという風潮もある。男性もそのことは頭に入っているので、早めに身を固めようとする。

 

総合商社といえば合コンのイメージが強いかもしれないが、実は社内恋愛の末に結婚するパターンが多い。

これは、

  1. 社内での飲み会が多いので男女で仲良くなる機会が多いということ
  2. 合コンやっている暇が実際ない
  3. 一般職の方も同僚と結婚する気で来ている

ということが影響している。自然に同僚同士で付き合い、結婚するというケースが多くなる。会社も寛容にならざるおえない。

 

社内恋愛のパターン

 

  1. 内定者懇親会でそのまま
  2. 社内の飲み会やクラブ活動等で出会う

この2パターンです。はっきりと言うと笑

内定者懇親会で知り合ってそのまま結婚する流れは割と大手企業とかだとあるのかなと思っています。三菱商事も例外ではありません。この懇親会でとんでもない名家の出だったりする子と知り合ったします。

三菱商事は社内でのイベント毎が結構好きな企業です。かなり多くの企画が実行されていて、自由に参加することができます。実際にそういう場に参加することで知ってはいたけど交流がなかった人などと仲良くなれたりします。

pexels-photo-55781-medium

社内恋愛の組み合わせ

 

 総合職(男)×派遣社員(女性)

の組み合わせが最も多いかも。もちろん一般職の女性と付き合っている男性はいますが。

派遣社員の方のほうが綺麗だったりするのはありがちですし、期間が決まっていたりする分(正社員)ではないという意味で、男性は声をかけやすいのかもしれません。コンプライアンスやモラハラなど最近はうるさい場合もあるので目立って行動できないこともあります。

 

まとめ

基本的に仕事が忙しくなると半径10m以内にいる人と結婚する確率が格段に上がるので、これは仕方がないことでしょう。三菱商事は相応に社内恋愛が多いです。むしろその方が良いとすら思っています。

20卒必見

就活は情報戦ですが、溢れかえって訳分からないですよね。 できる限り最新で使える就活情報サイトを見つけてください。 僕は、Unistyleで行きたい企業の情報を手軽に、かつ大量に入手できました。 今のうちに熟読して、早めに他の就活生と差をつけてください。  
選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

就活生によく読まれている記事

1

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

2

SPI試験で1番対策のしようがなさそうなのが性格審査ですよね。 自分の性格を偽って企業受けしそうな自分を演じるのか、自分を思いっきりだしてそれでも受け入れてくれる企業にいくことにするのか、はじめてだと ...

3

SPIのテスト中、自分がどれぐらいの点数を取れているのか気になりますよね、 気になって全然集中できない時もありますよね。webテストの場合、出題された問題から現在自分が高得点かそうではないのかがわかり ...

4

就活生の皆さん、SPIの試験を受けるのはとても不安じゃないですか? 結果がわからない試験って入試問題みたいで嫌ですよね。 基本的にSPIの結果を知ることができるのは人事部だけです。テストで間違った箇所 ...

5

  就活生の皆さんが、就活をはじめる前に、就活担当から就活の対策として手始めに取りかかるようにと言われるのが、SPI試験ではないでしょうか。SPI試験はどの企業のSPI試験でも、年度によって ...

-総合商社

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.