面接

大手の最終面接の倍率は昨今は3倍ぐらいだよっていう根拠

 

最終の倍率

最終まで行っても最終で落ちてしまったら意味がない! だからこそ気合も気持ちも入りますが、果たして最終の倍率はどれぐらいあるのか。会社によってはほとんど通す場合もあれば、最終が一番難しいなんて場合もある。

これも採用戦略の一つだから、企業によっても最終の突破倍率は違うわけだが、こういう企業は最終の倍率が低い、とかこういう企業は比較的通すということがわかっているのでまとめてみる。

 

相場は2倍だけど

基本的に倍率が

2倍 妥当

3倍 きつくない?

4倍 相当準備しないと

5倍〜 運ゲーム

ってなるわけだ。世間的には最終の倍率は2倍ぐらいだと言われているが、それははっきり言って甘い。最近では大手に限っていえばかなり倍率が高くなっている。

最終の倍率が高いのは人事にとっては都合が良い。だって、「お偉いさんが選んだんでしょ?」と暗に人事部の正当性を役員たちに説明することができるからだ。人事部と現場だけで決めると、後々問題が起きた時に責任追及されやすい。

また昨今では「全員採用」という言葉も流行っているので、最終での面接が決してお飾りではなく選考としてやる風が強まっている。

 

 

最終面接と面接回数は関係性あり

面接の回数と最終倍率には相関関係があると思っていて、面接の回数が多ければ多いほど最終の倍率は減ります。

だいたい大手企業になると、1次選考、2次選考、そして最終面接と続く場合がほとんですが、中には間にGDなり筆記があったりと選考回数が3回を超える企業もしばしば(総じて人気企業)

そんな企業の最終はほとんど選考ではない。1倍。どんなに高くても2倍はいかない。なぜならそれまでの選考で相当の人数が切られているので最終で選考をする必要がないのだ。これは出願者が多い人気企業などでは多い。

よく言う例だと電通や博報堂、サントリーとかも。

普通は2倍〜3倍で落ち着く

なので、面接回数が3回未満で、就職ランキングでの最上位層でもない限りは2倍〜3倍の間で落ち着く。だが2倍はほとんどないと思った方がいい。2.5倍だとも言える。2倍だと思わせるのは罠。そこで気をぬくと鋭い質問がきた時に対応できないぞ。

 

倍率が3倍以上の場合

総合商社の最終は3倍を超えることがざらになった。これはない英事態に備えるためでもある。総合商社を始め人気企業は意外に内定辞退も多い。というのもそのクラスの会社の内定をもらえる人間は複数の企業に受かるだから。

内定辞退で予定採用人数に満たない、そんな理由で首を切られる人事部長がいるのはよくある話なので、人事は内定辞退にビクビクしている。最終に人を進ませておく子で、ある意味「キープ」をする。

そんな狙いがあって最終の倍率が高くなることがあるのも知っておこう。

また、就活生は客観的に自分を見るのが難しいと思う。僕もそうだった。いくら面接の練習をしてもなかなか直らない。なので思考を変えてみた。面接官の気持ちになって面接に挑むようにした。昨今では評価シートも出回っているので是非見てみてほしい。

参考面接官がどこを見ているのかをチェックし、その部分だけを意識すれば面接突破率は劇的によくなっていきます。

【23卒用】早期選考やインターン優遇で有利に就活を進める方法

インターンや早期選考に乗れば、格段に内定率が上がります。通常選考よりも受かりやすいので、絶対に参加するのオススメ。

その選考に乗っかっていくために必要な就活サービスをまとめてみた。ぜひ登録して、周囲と差をつけて欲しい。

コロナで大盛況の【OfferBox】

コロナで大手企業が続々と参入する逆求人系サービスの筆頭。 大手やホワイトからインターンや早期選考のオファーが届く。良いオファーほど早くなくなるので、早めの登録がオススメ。OfferBox の自己分析ソフトも優秀で、質問に答えるだけで簡単にグラフ化された自己分析ができる。

こんな就活生にOfferBox

  • インターンや早期選考のオファーが欲しい
  • 大手企業の選考を有利に進めたい
  • 内定を早めにもらって安心と自信をつけたい

内定者ESが見れる【Unistyle】

インターンと早期選考の選考内容の充実度は一番。突破者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。見れるES数は5万。インターン情報は常に最新で、良いのか?ってぐらい選考情報がダダ漏れしてるので見ないのは損です。

こんな就活生にUnistyle

  • インターン優遇や早期選考のコツが知りたい
  • インターン情報を見逃したくない
  • コロナ以降の最新の選考情報が知りたい

23卒に人気の記事

1

この記事ではインターン優遇して早期選考する企業一覧とその優遇内容についてまとめました。 早期選考は基本的にインターン参加者のみに与えられるものなので、インターン優遇=早期選考と思ってもらっていいです。 ...

2

【23卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準   この記事ではSPIテストセンターの点数と出来を判断するための高得点目安について解説していく。 SPIテストセンターの結果は受験 ...

3

この記事ではwebテストとSPIの解答集をまとめ、その中で何が一番良いのかと使うリスクについて書きます。 WebテストとかSPIテストセンター もう無理!ってなったら思いつくのは答えが詰まった解答集を ...

-面接

© 2021 【23卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準 Powered by AFFINGER5