総合商社

総合商社に一番強い大学は本当に慶應? 少し考察してみた

日本は学歴とか学閥を非常に重要視します。それは当然就活でもあるわけですが、その色は総合商社でも色濃く残っています。

昨今は人材の多角化を狙っていますが、やはり大学に偏りには傾向があります。昔から総合商社は慶應有利と出回っていますが、本当にそうか、データを使って分析してみます。

データをまとめてみる

慶應 早稲田 東大 京大 一橋 上智
三菱商事 50 29 39 13 12 10
三井物産 32 27 18 9 13 8
住友商事 34 29 20 14 8 10
伊藤忠 21 16 13 12 6
丸紅 30 21 13 9 9 8
双日 5 7 2
豊田通商 10 15 6 5

2013年のデータだ。これをもう少し見やすくしてみると、

慶應 早稲田 東大 京大 一橋 上智
採用合計 182 144 111 57 48 41
生徒数 33625 52078 27955 22785 6382 13435
採用確率 0.005 0.002 0.004 0.002 0.008 0.003

こうなる。これどういうことかというと、早慶は学生数も多いのだから、「一概に比べても意味なくないか?」って個人的に思ったので生徒数で商社の採用合計数を割ってみた。

すると実に面白い結果がでたことがわかる。

 一橋が一番総合商社へとの入社確率が高い

ということだ。次に慶應、東大、上智と続く。関西の京大が不利なのはわかるが、京大と早稲田は総合商社の内定という観点から見るとかなり近しいということがわかる。

一橋は少数精鋭で善戦していることがわかるだろう。もちろん慶應の採用人数が頭抜けているのだが、それ以上に玉砕している人数が多いということである。

会社別

総合商社別に見てみると、

三菱商事は圧倒的に慶應の牙城。三井物産は慶應が苦戦し、一橋やその他の旧帝とマーチが善戦。住友商事は三井物産と同様になる。伊藤忠も慶應が苦戦し、その他の国立が強いという意外な結果になっている。

 

総合商社はOB訪問が命とも言われている。優秀な大学に通う学生であっても気をぬかず総合商社のOBに連絡を取ってESと面接対策をしてほしい。

総合商社は準備を完璧にすれば絶対に内定を取れる企業だ。

 

ちなみにUnistyleでは大手の内定者のES(エントリーシート)を100社分公開しているので、ここもチェックしておくと良いです(僕もだいぶお世話になった。)

できる限り最新で使える就活情報サイトを見つけてください。 僕はUnistyleで行きたい企業の情報を手軽に、かつ大量に入手できました。 今のうちに熟読して、早めに他の就活生と差をつけてください。

unistyle

unistyle

内定者のアドバイスと選考情報がふんだんに盛り込まれている。ここまで言っていいのか?というぐらい赤裸々。 志望企業の情報を集めるならUnistyleが一番手っ取り早くて効率的です。

就活生によく読まれている記事

1

テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセンター)の結果を ...

2

  本当に大企業というのは美人の割合が高い。 受付から始まり、一般職から営業に至るまで会社が大きくなればなるほど美人の質と率が上がっていきます。これはこれでどうなんだ、と思いつつ難しい選考を ...

3

就活サービス多すぎだろ!っていうツッコミはどの就活生も通る道なので、不満はグッとこらえてください。 使えるもの使えないもの玉石混合していて、なかなか惑わされるんですがunistyleはマジで使える就活 ...

4

やたらと就活サービスのサイトに登録していたんですが、使わないサイトも多くでメールだけ来るはでかなり痛い目に合いました。 就活の準備も遅れてしまったので内定も人より遅れるはで絶望していたんですが、そこで ...

-総合商社

Copyright© 【21卒向け】SPIの高得点目安と対策方法! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.