就活コラム

2016年のボスコン、GSのボーダー低下に伴う日系の余波

投稿日:

ボスコンとGSのボーダーが下がったことが17卒の就活のスタートです。実際今年はどこもボーダーがかなり下がるんじゃないかと言われてます。それが6月選考によって就活生が準備不足に追われているからです。結構可哀想といえ可哀想だったんだよね、今年の就活生は。去年は8月で今年は6月って経団連の意向に振り回された形になりました。

pexels-photo-90425-medium

なぜ外資のボーダーが下がる余波

ボスコンとGSのボーダーは明らかに下がった。商社への使い回しは危険と見る受験者が多かったがその判断は賢明。だけども、日系の会社もボーダーは下がると思う。これが今後の傾向になるのか、今年限りの傾向なのかは疑問だけど、考えられる要因を挙げてみる。

  • 6月選考になり、動きが読めないのでボーダーを下げて通過率を上げた
  • エントリー数が減った
  • 受験者の質が落ちた
  • 面接重視になった
  • そもそもテスセンのボーダーの概念が間違っている

受験者の質は例年そこまで変わらないだろうから、他を考えてみよう。いわゆる17卒の6月選考は短期決戦と言われる通り、かつてよりも短い時間で就活をしなければならなくなった。時間ないんだよね、色々と。会社によっては早い段階で囲いこみを始めたけど、要は「どうなるか不安だから、良い奴は早めに採用しておこう」ってことだ。

来年以降もこの流れはあまり変わらないだろうね。企業はできる限り早く良い人間を採用しようとする。ただそうなると、就活生の中では準備ができてない人間が出てくる。経団連的には「就活の準備をさせない」で「大学に専念」させることが目的だから、一応狙い通りなんだけど、企業と受験者からしたら困っちゃうわけだ。

準備不足の学生向け?

外資のボーダーが何故落ちたのかはよく分からないけど、日系企業もこの流れを追従して、ボーダーを下げてくるだろう。総合商社でもES重視にしていこうという流れはあるので、もしかしたら企業が「SPI」で取りこぼしている人材の重要性に気がつき出したのかもしれない。

そもそも新卒採用は採用業務の中でも肝になっている。そこに対して各社色々なアプローチをして自社に合った人材を囲わないといけないのに、SPIで一律にバッサリと切っていくシステムに疑問が生じている可能性はある。

pexels-photo-medium

もちろん何万人といるエントリーを区切る一つの要素にはなり得るが、できる限り面接で現場の社員に判断させた方が良いと判断したのだろう。2015年に住友商事のテストセンターのボーダーが下がったように日系企業もテストセンター軽視の流れがやってくるかもしれない。

就活は情報戦です。
その情報はネットに転がっているので、できる限り早く使える就活情報サイトを見つけてください。
僕は、Unistyleで行きたい企業の情報をめちゃめちゃ入手できました。 今のうちに熟読して、早めに他の就活生と差をつけてください。
就活は先手必勝です。
選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

就活生によく読まれている記事

1

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

-就活コラム

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.