建設

大林組の選考内容と内定へのコツをまとめてみました

投稿日:

 

大林組は建設業界を牽引する大手ゼネコンです。ゼネコンは総合建設会社と訳され、建設業界の中でも大きな事業を任される企業です。大林組はその中でもスーパーゼネコンと呼ばれ、業界最大手の企業となっています。

 

スーパーゼネコンはゼネコンの中でも売り上げが一兆円を超える大規模な企業を指します。大林組はスーパーゼネコンの中でも業界1位の売り上げを誇っています。

 

建設業界は年々成長傾向にあり、大林組も着実に業績を伸ばしています。業界成長の要因は様々ですが、東京オリンピックの影響が大きいと言えます。大林組も含め、業界全体が東京オリンピックに向かい成長を続けています。

 

大林組は関西に大きな勢力を誇る企業で、グランフロントなど大型施設の建設を手掛けています。また近年では東京スカイツリーや六本木ヒルズなども手掛け、関東での活躍も見受けられます。大林組は今や日本中で活躍する企業だと言えます。

ちなみに僕は就活生時代よくUnistyleを読みながら戦略を練っていたのでもしも参考になれば。結局、内定者たちのアドバイスを見て真似するのが一番突破確率が上がります。

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

大林組の求める人材像

 

建設業界は全体的に成長傾向にあるため、採用枠を広げている企業は多いです。また近年では女性の活躍も見られ、男女問わず働ける環境になっています。

 

建設業界として求められる人材は主体性と協調性を持ち合わせた人です。ゼネコンともなると大きな事業に関わることになり、一人では決してプロジェクトを達成することができません。大勢の人との関わりの中で建設は進んでいきます。そのため、チームを牽引できる主体性と、チームで協力することができる協調性が非常に重要になってくるのです。

 

大林組は数あるスーパーゼネコンの中でも特に大きな企業です。手掛ける事業規模は並ではなく、後世にまで残るものも少なくありません。時代を象徴する建造物を手掛けるわけですからそこには当然大きな責任がかかります。

 

何十年、何百年と時を超えて人々に愛され、利用され続けるものを作るには人々の気持ちを知り、そしてそれに応えなければなりません。大林組に求められる人材は責任感が強く、自由な発想で時代を切り開くエネルギーを持った人ということになります。

 

ESで通りやすい内容

 

大林組の2017年卒のESの質問は卒論や修士論文の内容について。学業で特に力を注いできたこと。学業以外で継続して取り組んできたこと。自身の特徴や長所、セールスポイントについて。身の周りで魅力を感じる人物とその理由について。建設業に興味を持った理由。大林組でやりたい仕事とその理由などです。

 

基本的には自己PRや志望動機でそれほど変わった点はありませんが、注目したい点は魅力を感じる人物についてです。建設業は様々なものを作りますが、それを利用するのは全て人です。つまり使う人のことを考えて仕事を進めていかなければなりません。

 

この質問で問われている内容はいかに人に対して興味を持っているか。またどんなこと感性をしているかです。建設業では常に使う人の立場で考えることが大切です。そのためには主観だけではなく客観的に見ることができる広い視野を持っていなければなりません。

 

また常に新しいものを作るという意欲も必要です。そしてその意欲の先にある感性が非常に重要になります。既存ものと同じものをいくら作っても成長にはなりません。独自の視点で新たなものを作ることが建設業界の成長に繋がります。

 

ESでは個性的であること、人が好きであること。さらには積極性や主体性、協調性など様々な能力をアピールしなければなりません。人のために作る、後世に残るものを作る、果ては未来を作るということを意識してESを作成しましょう。

選考情報(面接の詳細)

 

ゼネコンは企業の規模が大きいため応募職種が数多くあります。また全国にも事業所が存在しています。そのため転勤可の全国採用か、転勤なしの地域採用の2種類に分かれること多く、面接の回数などもそれによって変わることがあります。

 

大林組も全国採用か地域採用に分けられ、面接の回数も違う場合がありますが、概ね3~4回程度のようです。大林組の面接で特徴的で、1次から最終まで必ず同じ質問がなされます。

 

面接の最初に大学名、学業で頑張ったこと、それ以外で頑張ったこと、建設業の志望理由、大林組の志望理由を3分で話します。長すぎても短すぎてもだめで、ここで失敗するとあまり質問が回ってこないようなので注意が必要です。

 

傾向としては1次面接では志望動機について深掘りされることが多いようです。どうして建設業なのか。その中でもなぜ大林組なのか明確な答えを用意しておきましょう。

 

2次面接では志望動機よりも本人について深掘りされることが多いようです。ざっくばらんな雰囲気で雑談のように行われることが多いです。ここではコミュニケーション能力も見られているので、緊張しすぎず、伸び伸びと振る舞うといいでしょう。

 

最終面接についてはほとんどの場合、入社の意思確認程度で終わる場合が多いようです。全ての面接で行われる最初の質問で躓かないよう気をつけましょう。

 

内定の連絡は数日以内で、いずれの面接でも同じことが言えます。連絡は比較的早いと言えるでしょう。

 

最後に選考のポイント

 

2020年の東京オリンピックに向けて建設業界は最もその成長が期待されている業界だと言えます。業界は常に成長状態にあり、日々様々な進歩を遂げています。また男性のイメージが強い建設業ですが、女性の活躍も目覚ましく、男女関係なく成長していける業界になっています。

 

大林組は建設業界でも最大手の企業です。手掛ける事業規模は大きく、後世にも残る建造物に携わることができます。しかしその分大きな責任がかかるのも事実です。強い責任感を持って臨むことが必要とされます。

 

建設業は一人では決して成し得ない仕事で大勢の人の協力が必要になります。協調性を発揮しながらも主体的に取り組み、一歩一歩進んでいきます。強い責任感と人のために何かを作るという想いを持つことが選考を有利に進めるポイントだと言えます。

あと付け足しですが、企業選考の内容は内定者が述べている内容をよく学んだ方が良いので、Unistyleなどに登録して熟読するようにしてください。

就活の大成功を祈っていますm(_ _)m

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。
注目就活は内定者からの情報が一番正確で役立つ→Unistyleで内定者のアドバイスを読む34,5463人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-建設

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.