就活コラム

就活のお祈りメールは風物詩程度に思って、落ち込んだりショックすな

投稿日:

 

就活をしていればすべての企業に受かるわけではありません。何社も受けてようやく一社合格したという人も多いのではないでしょうか。エントリーして、面接を受け、その度に企業から連絡がきます。最近では選考の結果をメールで通知するのがほとんどです。

 

選考の結果のメールがくればどきどきしますよね。不採用だと落ち込んでしまうかもしれません。最近では不採用を通知するメールのことをお祈りメールと呼んでいます。なぜお祈りメールと呼ばれるようになったのでしょうか。今回はお祈りメールについて解説していきます。

 

【Start就活

  • 最強のSPI対策
  • 優良就活サイトの管理
  • 企業の選考情報の見逃しがなくなる

就活を成功させたい就活生に絶対にオススメの就活サイトです。

そもそもお祈りメールとは?

お祈りメールとは選考の結果が不採用であったことを知らせるメールの通称です。なぜお祈りメールと呼ばれるようになったのでしょうか。それはメールの文面に関係があります。

 

選考結果を通知するメールには、時候の挨拶、そして選考結果についてが書かれています。採用の場合は、次回選考の日程などが記されています。不採用の場合は、末尾に「今後の活躍をお祈り申し上げます」などの文面が記載されています。

 

この末尾の「お祈り申し上げます」というところから不採用通知のことをお祈りメールと呼ぶようになりました。また単に不採用についてもお祈りと呼びます。なので採用者にしか連絡が来ないという場合にはサイレントお祈りと呼ぶようです。

 

お祈りメールが届くやっぱりショック

お祈りメールが届くともちろんショックです。言葉を言い換えてあるだけで不採用には変わりありません。メールを開いてお祈り申し上げますという一文を見れば落ち込んでしまいます。

 

就活に慣れてくるとメールを開かずともタイトルだけでお祈りメールかどうか判断できるという人もいます。合格の場合は〇次面接のご案内。不合格なら選考結果についてであるなど、パターンがあるようです。もちろんすべてがこの限りではありません。選考結果についてという題名でもお祈りメールではない場合もあります。当たり前ですがメールにはすべてきちんと目を通しましょう。

 

お祈りメールが届くだけましと考える人もいるようです。通知が来ないサイレントお祈りを嫌う学生は多いです。多くの場合、採用のならいつまでにメールが行くと事前に通知されています。その期間内はずっとどきどきしなければなりません。また通知までの期間が2カ月という長期な場合もあります。

 

企業側の都合としては辞退者の数により次点の学生を引き上げるために期間を長くとっているようです。しかし就活生にとってはそんな事情は関係ないので、長期間通知が来ないと諦めるかもしれません。

 

忘れたころに次回面接の通知が来る場合もあります。そのときには別の業界を見ていたりすると急いでその業界を研究し直さなければなりません。受けたときは入りたかったけど、通知が来たときには興味がなくなっていることもあります。

 

サイレントお祈りは結果がはっきりしないので就活生の負担になります。お祈りメールを見るのも辛いですが、結果がはっきりしている分いいかもしれません。

 お祈りメールで落ち込む人へ

お祈りメールが来れば落ち込むのも仕方ありません。しかし就活は長期戦です。落ち込んでばかりもいられません。気持ちを切り替えて次の企業に挑戦しましょう。

就活は企業と学生のマッチングを図るものです。その企業でこんなことがしたいと考えていても現実は違うかもしれません。実際に働いてみると大変で、続けられないと感じてしまう可能性もあります。企業としてもすぐに社員に去られては困ります。お互いにミスマッチをしないために何度も選考を重ねるのです。

その企業からお祈りメールが来たということはその企業とあなたはマッチしなかったということです。もしその企業で働いてもいい結果は出せないかもしれません。せっかく就職するなら自分に合った企業に入るべきです。その方がお互いにとっても幸せです。

自分にとって最もマッチする企業を探しましょう。世の中にはたくさんの企業があります。あなたにマッチする企業は必ずあります。他の企業からのお祈りメールは就活を続けるあなたへのエールだと捉えましょう。

文面通り他の企業とのマッチングを応援していると考えればお祈りメールも悪くないと思えるかもしれません。素直でポジティブな気持ちで就活に励みましょう。

 

まとめ

 

お祈りメールとは上手く言ったもので不採用通知よりも断然ポップな感じがします。事実として不採用を伝えるものということに変わりはないですが、前向きに考えるということは大切です。

 

就活を続けていれば何件、あるいは何十件もお祈りメールが届くかもしれません。一つ一つに目を通すのは辛いですが、しっかり現実を受け止めましょう。世の中にはサイレントお祈りというものもあります。結果がすぐに分かるだけでもありがたいと思いましょう。

 

就活は焦ってもいい結果は出ません。後ろ向きな考えでもいい結果は出ません。お祈りメールが増えても焦らず落ち込まず頑張りましょう。志望度の高い企業からお祈りメールが届けば深く落ち込むこともあるでしょう。しかしすぐに気持ちを切り替えて次の企業に挑戦しましょう。

 

不採用だったということはその企業には合わなかったということです。自分に合わない企業のことで落ち込むよりも、自分に合う企業を探すことに力を注ぎましょう。企業は意欲的な学生を望んでいます。落ち込みネガティブな思考では受かるものも受かりません。明るく前向きに就活を続けていれば自分にぴったりの企業に出会います。お祈りメールにも屈しない強い気持ちを持って就活に励みましょう。

【Start就活

  • 最強のSPI対策
  • 優良就活サイトの管理
  • 企業の選考情報の見逃しがなくなる

就活を成功させたい就活生に絶対にオススメの就活サイトです。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。2017年は売り手市場でした。2018年もそうなることが予想されてます。なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、おめで ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-就活コラム

Copyright© 就活の名人 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.