IT

NTTドコモの選考内容と対策まとめ!好奇心とコミュ力をアピールせよ

投稿日:

NTTドコモは大手の通信事業者です。携帯電話などの無線通信サービスを提供していることで有名です。

また携帯電話だけではなく、無線通信を通じて様々な分野に事業を展開しているのが特徴です。クレジットビジネスや広告通信、ホテル向けの通信サービスの提供など様々な分野に乗り出しています。

また新技術の開発にも積極的です。より通信速度の速い5G通信や農業ICTサービスなど生活にも近い分野で発展を続けています。

【Start就活

  • 最強のSPI対策
  • 優良就活サイトの管理
  • 企業の選考情報の見逃しがなくなる

就活を成功させたい就活生に絶対にオススメの就活サイトです。

NTTドコモの求める人材像

 

NTTドコモは求める人材像についてHPで公開しています。それは「世界を、もっと、つなげたい。」です。NTTドコモの企業コンセプトは「世界は、もっと、つながれる。」であり、それを体現できる人材が求められているということになります。

基本となる事業は無線通信サービスです。無線通信サービスの発展によってより柔軟にお互いにコミュニケーションがとれるようになりました。携帯電話やネットで繋がることが当たり前となった時代で、さらに繋がることを目指してNTTドコモは日々挑戦しています。

 

そこで求められるのは時代の流れを読む能力。最新の技術に臆することなく挑み、それを体現できる向上心。難しいことであっても諦めずに最後までやり抜く行動力です。

 

誰かに言われるのではなく、自ら考え行動して未来を切り開いていける人材が何よりも求められています。また無線通信を通じてですが、人と人とを繋げる仕事です。人と関わることが好きであったり、高いコミュニケーション能力もまた求められる資質の一つです。

 

③ESで通りやすい内容

 

2018年卒のNTTドコモのESの質問は非常にシンプルです。質問は成功失敗を問わず学生時代にチャレンジしたエピソードについて。ドコモで叶えたい夢についての2つです。

 

ポイントは新しいものを探求していけること。難しいことでも諦めずに挑戦していけることをアピールすることです。特に一問目では学生時代にチャレンジしたことについて成功失敗を問わず聞かれています。普通であれば成功したことについて書く人が多いですが、あえて失敗について書いてもいいでしょう。

 

成功について書く場合には、それがなぜ成功したのか。成功させるためにどのように考え、どのように努力したのか。またなぜそれに取り組もうと思ったのかなど、そもそものチャレンジした理由から遡って書きましょう。

 

失敗したことについては最終的な結果が失敗で終わったことでも構いません。ただ失敗から何を学んだのか。何が失敗の原因だったのかについて分析するようにしましょう。

 

失敗は成功の母と言われるほどに失敗には成功するために必要な物が詰まっています。しかし多くの人は失敗を失敗のままにしています。失敗をそのままにせず、失敗から学ぶ。また失敗を恐れない勇気を示すことが最大のアピールになります。

 

また失敗談を赤裸々に書くということで相手に親近感を与えることもできます。面接で深掘りされた際にも印象が良くなりやすいので、上手く書くことができれば選考でもかなり有利になります。

 

ドコモで叶えたい夢についてはコンセプト通りに世界と人を繋げることについて書きましょう。誰を繋げたいのか、どのように繋げたいのかについて詳細を書くようにしましょう。たとえ今の技術では出来ないことでも将来的には可能になることはたくさんあります。未来の技術の発展を信じて書いていきましょう。またその繋がればどのようなことがあるのかメリットについても書きましょう。

 

選考情報(面接の詳細)

 

2018年卒のNTTドコモの選考は経団連の指針通り面接は6月を待って行われました。ESとWEBテストが3月。面接の開始が6月です。ESとWEBテストは就活解禁からの期間が短いので急いで受験するようにしましょう。WEBテストはTG-WEB形式で行われます。

 

1次はGDで学生5人面接官2人です。お題はフリーで、お題決めから発表まで全てグループでどのようにするか決めなければなりません。協調性を発揮することが非常に重要になります。

 

2次は学生1人面接官2人の個人面接です。基本的にはESの深掘りで面接が進みます。チャレンジした経験などについてはかなり深掘りがされます。なぜそれにチャレンジしようと思ったのか。その時に困難なことはなかったかなどかなり細部まで掘り下げられますので注意しましょう。面接官の雰囲気も人によって違い、圧迫気味だったり和やかだったりと様々なようです。

 

最終は学生1人面接官2人です。2次と同じようにESの深掘りがメインの質問になります。また志望動機についても聞かれますので準備をしておきましょう。細部について聞かれるだけで質問自体に難しいものはありません。

 

内定の連絡は基本的には当日中で面接についても同じです。連絡はかなり早いと言えます。

 

最後に選考のポイント

 

NTTドコモは国内でも大手の通信事業者です。無線通信サービスの提供がメインの事業となり、それを活かして様々な分野にも事業を展開しています。

携帯電話のイメージが強い人も多いですが、携帯電話があくまで事業の一部です。身近に知っている企業だからこそ細部まで企業研究が必要です。

 

無線通信サービスを使って世界とより繋がっていく、人と繋がるを目標に事業が進められています。社員にも同じように繋がること、繋げていくことが求められています。

 

新技術にも恐れずに挑戦していけること。人との関わりを大切にし繋げていける能力が必要です。何事にも興味を持ち、積極的に進めていける姿勢をアピールして選考を有利に進めましょう。

【Start就活

  • 最強のSPI対策
  • 優良就活サイトの管理
  • 企業の選考情報の見逃しがなくなる

就活を成功させたい就活生に絶対にオススメの就活サイトです。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。2017年は売り手市場でした。2018年もそうなることが予想されてます。なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、おめで ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-IT

Copyright© 就活の名人 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.