食品

森永乳業で内定を取る奴の特徴と突破のコツ!選考内容もついでにまとめてみました

投稿日:

森永乳業は牛乳、乳製品の分野で業界を牽引する食品会社です。数多くのブランド商品を持ち、国内でも最大手の企業だと言えます。

 

森永乳業の強みは社名にもあるように乳製品が充実していることです。「明治おいしい牛乳」や「ビヒダスヨーグルト」など長く愛される商品を数多く販売しています。

 

またグローバル化が進み、海外企業を子会社にしたり、提携するなどで培ったブランド力もあります。コンビニのプライベートブランドが企業の商品を圧迫している中、売り上げを安定させているのはブランド力に他なりません。

 

また営業利益率も少しずつですが、着実に成長し続けているのも特徴の一つです。業界最大手でありながら、日々進歩を続けて高品質な商品を生み出していることが森永乳業の強みです。

森永乳業の求める人材像

 

食品業界は経済的には成長を続け安定していますが、市場は常に変化を続けています。社会の動きや経済の状況によって市場は大きく変わり、その流れを読み取る力が必要です。また読み取った流れから積極的な行動を起こし、未来を切り開くこと。これがこれからの食品業界で求められている人材です。

 

森永乳業はHPで採用メッセージとして「真っ白な情熱」という言葉を公開しています。ここでの白とは牛乳を意味し、また様々な色に染まる変化を暗示してもいます。

 

森永乳業は乳製品の会社であり、その根幹は牛乳にあります。牛乳なくして乳製品は作れません。また牛乳は様々なものに変化していくという可能性も秘めています。牛乳の可能性を信じ、あらゆる考えで新たなものを生み出していく能力が必要になります。

 

牛乳で未来を変えていくこと。熱意を持って取り組めること。新しい時代を築いていける情熱があることが森永乳業が求める人材像です。

ESで通りやすい内容

森永乳業のESは非常にシンプルです。2018年卒のESでは学生時代に最も力を入れて取り組んだこと、その中で一番苦労したこと、どう乗り越えたかの1問のみです。技術職の場合はこれに加え、研究テーマなどについての質問もありますが、概ね同じだと言えます。

 

質問が1問だけとシンプルですが、その分難しくもあります。重要なポイントは苦労したこと、大変だったことをどのようにして乗り越えたかということです。

 

森永乳業では情熱があることに加え、問題に出くわしても様々な工夫でそれを解決できる問題解決能力。問題に屈しない強い精神力も求められています。そのためただ解決した方法を語るのではなく、問題に対して自分はどのような視点を持っていたか。どのように分析し、問題解決に臨んだかなど、問題解決までのプロセスも併せて書きましょう。

 

最も力を入れて取り組んているからこそ、問題解決にも必死になっているはずです。簡単に諦めてしまったエピソードを書くのではなく、解決に成功したこと。あるいはその場では解決できなくても、後に達成した、別の形で実現させたなどのエピソードを書くといいでしょう。

 

どんなにつらい状況であっても、目標を諦めなかったという伝えると好印象を与えられます。情熱、諦めない、積極的などの言葉を意識してESを書き進めましょう。

 

選考情報(面接の詳細)

 

森永乳業の選考フローはES、筆記試験、1次面接、2次面接、最終面接になります。2017年卒では1次面接がGDでした。

 

1次のGDでは学生8名で行い、お題は若者の牛乳離れを止めるにはどうすればよいかなどです。基本的に牛乳、あるいは乳製品などに関するお題が出されます。

 

メンバーが8人と多いため、目立つのが難しいですが、無理に目立とうとせず協調性を発揮することが大切です。メンバーと協同しながら、お互いの意見を尊重し、個性を引き出しあうという形が理想です。

 

2次では学生1人に対して面接官は2人です。質問される内容は志望動機や自己PRなどでスタンダードな質問が多いようです。ESの内容をさらに深堀りしていくので、事前に見直しておく必要があります。またESには書ききれない熱意などを言葉や表情でアピールしていくことが大切になります。

 

最終面接も学生1人に対して面接官が2人です。基本的な質問は2次と変わりませんが、それに加え将来のキャリア形成についての質問があります。情熱をもって未来を切り開くには明確なビジョンが必要です。事前によく考えておき、どのようにそれを達成するのか、自分の行動についても考えておきましょう。

 

また企業に足りないものは何かなどの鋭い質問もあります。商品をけなさないようにバランスを取ることは難しいですが、就活生には専門的なアドバイスは求められていません。消費者として、お客さんとしての目線で素直に答えましょう。また改善していくにはどうすればいいかなども併せて伝えるとよいでしょう。

 

内定の連絡は当日あるいは数日以内です。他の面接の結果についても同じで、連絡は早いと言えます。

 

最後に選考のポイント

 

森永乳業は牛乳、乳製品分野で活躍する国内でも最大手の食品会社です。自社ブランドに加え、海外と連携したブランド商品などを有し、圧倒的な知名度、人気を誇っています。しかしそれに満足することなく常に革新を続けているのが森永乳業です。

 

日々様々なことに取り組み、変化を続けている森永乳業ですが、それにふさわしいのは同じように成長を続けられる人です。自ら積極的に動き、進歩に対して貪欲であること。変化を恐れずに飛び込んでいく勇気。市場の先を行き、道を切り開いていく勇気など様々な力が必要です。

 

採用メッセージの「真っ白な情熱」にもあるように、あらゆる可能性を信じ、情熱を持つことが大切です。広い視野を持ちながらも情熱的に走り続けることが、森永乳業への内定への第一歩だと言えるでしょう。

注目第一志望企業に内定したESを見ておこう→Unistyle34,5463人が参考にしました。

注目大手企業からスカウトが届いて内定確率UP→キミスカ21,465人が参考にしました。

注目SPI対策はアプリで。正解率が出るのは→【Start就活】54,953人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-食品

Copyright© 就活の名人 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.