損保

三井住友海上の選考内容と対策!ありのままの自分が面接官にうける

投稿日:

三井住友海上は2001年、三井海上と住友海上が合併して誕生した損害保険会社です。

また、3メガ損保の一角であるMS & ADインシュアランスグループホールディングスの中心的企業です。

三井住友海上は他社に先駆けてASEANに進出し、現在ではASEAN10カ国すべてに拠点を持ち、現地にMSIGブランドを浸透させています。

 

また、主要4カ国(シンガポール・マレーシア・タイ・フィリピン)で5位以内のポジションを確保するなどASEAN域内No.1の収入保険料規模を誇ります。

 

加えて2016年2月には、グローバルに事業を展開する英国の大手保険グループAmlin plcを買収し、完全子会社化しました。この買収により、Amlin社が持つ高度な保険引き受けのノウハウと商品開発力が、三井住友海上の持つネットワークで展開することが出来るため、更なる高品質な商品・サービスの提供が期待できるでしょう。

 

今回は三井住友海上の選考情報とそのポイントについて、ご紹介します。

ちなみに僕は就活生時代よくUnistyleを読みながら戦略を練っていたのでもしも参考になれば。結局、内定者たちのアドバイスを見て真似するのが一番突破確率が上がります。

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

三井住友海上の求める人材像

 

三井住友海上が求めじる人物像を、5つの行動指針(Value)から以下のようにご紹介します。

  1. お客様第一(CUSTOMER FOCUSED)
  2. 誠実(INTEGRITY)
  3. チームワーク(TEAMWORK)
  4. 革新(INNOVATION)
  5. プロフェッショナリズム(PROFESSIONALISM)

 

この5つの行動指針(Value)は、経営理念を実現していくために欠かせない三井住友海上の社風や人財の原点です。したがって学生にも求められる要素と言えるでしょう。

 

この5つの中でも、三井住友海上が重視しているのは特に「誠実」と「チームワーク」です

 

損害保険は形のないサービスで、他社との明確な差別化要因はありません。そのため、一人ひとりの「誠実」な行動と努力こそがグループの求心力であり、強みであると考えられています。

 

また、損害保険事業は、お客様や代理店はもちろん社内外の多くの方々と関わる仕事です。一人ひとりの個の力だけでは成し遂げられないことも、仲間と確固たる信頼関係を築き「チーム」として取り組むことで、より大きな成果に繋がります。

 

ESや面接に関しても、この5つの指針の要素を意識しながら準備を進めましょう。

三井住友海上の選考情報

ES

・困難に向き合い、乗り越え、実現してきた経験を教えてください。(300字以内)

・異なる価値観に影響を受けた経験を教えてください。(300字以内)

・自ら学び、行動した経験を教えてください。(300字以内)

・他者を巻き込み、リーダーシップを発揮した経験を教えてください。(300字以内)

・三井住友海上を志望する理由を教えてください。(200字以内)

 

三井住友海上のESは設問数が多く、様々な切り口から過去の経験を聞かれます。

 

三井住友海上の採用コンセプトは「向き合うから強くなる。Tough Spirits, Big Heart」です。そのため「困難に真正面から向き合い、乗り越えた経験」が最も重視される設問です。

この設問は面接でも掘り下げられる傾向があるので、数あるエピソードの中から最も自信をもって語れるものにしましょう。

 

また、設問数が多いですが、できるだけ多くのエピソードを披露したほうが面接でも自身のアピールチャンスが広がります。エピソードが重複することのないように予め複数の経験を用意してESを書きましょう。

 

加えてWebテストは「玉手箱」です。

 

1次面接

 

面接形態:企業1名 対 学生1名

所要時間:1時間

内容:学生時代に頑張ったこと、困難に向き合い乗り越えた経験について、異なる価値観に影響を受けた経験について、自ら学び考え行動した経験、志望動機

 

対策:基本的にはESの設問に沿って質問がされます。そのため面接前には自身がESに記入したことを再度見直し、面接の場で違うエピソードを話さないように注意しましょう。また、自分のエピソードを面接官としっかりと共有できるように、数字を使うなどして具体性をもって話すことを心がけましょう。

 

2次面接

 

面接形態:企業1名 対 学生1名

所要時間:1時間

内容:困難に向き合い乗り越えた経験、自ら学び考え行動した経験、リーダーシップを発揮した経験、志望動機、なぜ損害保険業界か、他社との違い、最後に何か一言はあるか

対策:2次面接も基本的には1次面接の質問と変わりません。落ち着いて面接官に伝わるように話しましょう。また、「最後に何か一言はあるか」という問いに関しては必ず第一志望である旨を語り、熱意を見せると通過の可能性が高まると考えられています。

 

3次面接

 

面接形態:企業1名 対 学生1名

所要時間:30分

内容:成績について、なぜこの授業を受講したか、困難に向き合い乗り越えた経験、自ら学び行動した経験、リーダーシップを発揮した経験、志望動機、なぜ損害保険業界か、最後に何か一言はあるか

対策:3次面接では、成績証明書を元に学業面での質問がされる傾向があります。履修した科目を見直し、その中でも興味深かった科目とその理由については簡潔に答えられるように準備しましょう。

 

最終面接

 

面接形態:企業2名 対 学生1名

所要時間:30分

内容:志望動機、成績について、人と対立したらどう乗り越えるか、なぜ損害保険業界なのか、他社との違いは何か、社員の良さ以外で三井住友海上を志望した理由はあるか、最後に一言はあるか

対策:三井住友海上は最終面接も意思確認ではなく、通常の選考です。最後まで気を引き締めて受けましょう。志望動機は「人」を理由にする学生が多いようですが、人以外の魅力をきかれたときに答えに詰まると評価は下がってしまうかもしれません。最終面接前には改めて業界研究・企業研究ノートを見返しておく必要があります。

選考のアドバイス

 

三井住友海上の選考はESが大切です。ESの提出締切日は例年早い傾向があります。したがって早いうちからESを完成させておいて、周りの人に添削してもらうなど完成度の高いESを提出できるようにしましょう。

 

面接の場では、三井住友海上が掲げる行動指針にもあるように「誠実」な学生が評価されます。多少背伸びしたくなる気持ちもあるかもしれませんが、正直に自分の言葉でありのままの姿を語る方が印象は良く、誠実さにもつながります。

 

加えて個人面接は周りに学生もいないため、だらだらと話す人が多い傾向がありますが、一つ一つの質問には端的に回答し、面接官とテンポよくコミュニケーションを取ることを意識しましょう。

あと付け足しですが、企業選考の内容は内定者が述べている内容をよく学んだ方が良いので、Unistyleなどに登録して熟読するようにしてください。

就活の大成功を祈っていますm(_ _)m

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。
注目就活は内定者からの情報が一番正確で役立つ→Unistyleで内定者のアドバイスを読む34,5463人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-損保

Copyright© 就活の名人 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.