金融

三井住友銀行選考内容と対策まとめ

投稿日:

三井住友銀行は、三井住友フィナンシャルグループ傘下の都市銀行であり、国内2番手のメガバンクです。

国内に440箇所もの支店、海外にも17支店を展開していて日本三大メガバンクであることからも、その総資産額や総預金額は群を抜いており、150兆円を超える総資産、100兆円に近い預金を有しています。

三井住友銀行の強みは少数精鋭で社員一人一人の生産性が高いこと、サービスの提供が迅速であることだと言えます。2011年の本社移転を機に、ワークスタイル変革にも取り組んでおり、「日本で一番生産性の高い銀行になる」という目標を掲げ実現に向けて積極的に社内改革を進めていることに特徴があります。

また、働きやすい職場の実現にも力を入れており、特に産休育休制度や時短勤務制度を積極的に活躍できる環境づくりに努めています。女性行員でも長く働き続ける環境が整っている点で、金融業界志望の女子学生からの人気も高い企業です。

今回は三井住友銀行の選考内容とアドバイスについてご紹介します。

1. 三井住友銀行の求める人材像

三井住友銀行の求める人物像は以下のように紹介されています。

・若者らしいチャレンジ精神と柔軟な発想を持った人

・誠実で高い倫理観を持つ人

・新しい知識やスキルを吸収し、自らを高めていける人

・難局にも敢然と立ち向かう勇気と旺盛な行動力のある人

今現在、銀行では国際業務の割合が増加傾向にあります。特にアジア諸国への進出が活発化し、総合職として入社するならば海外転勤を経験する機会も大いに得られると予想されます。

このような局面を想定すると、全く文化が異なる環境に飛び込むチャレンジ精神や勇気が求められています。国内業務でも、自分に与えられる裁量の中で最善の判断をすることが難しい場合があります。そこでも周りを積極的に巻き込み、与えられる多くの情報を総合的に勘案してスピード感を持って決断を下す力が求められます。

また、金融業界全般に言えることですが金融業界では人が商品となります。自分の市場価値を高めることに日々重きをおいて、新しい知識やスキルを吸収し、成長し続けられる力も大切です。

三井住友銀行の選考情報

ES

①あなたの「自分ならでは」を教えて下さい。(100字以内)
②上記質問にて、具体的なエピソードや取り組みを教えて下さい。(400字以内)
③上記質問にて、苦労したことや克服したこと、そこから得たものを教えて下さい。(400字以内)
④三井住友銀行を志望する理由について教えて下さい。(400字以内)
⑤興味のある業務と選択した理由をお答え下さい。(200字以内)

三井住友銀行のESでは、「自分ならでは」がキーワードになります。

また、学生時代頑張ったことを問う設問では①〜③の合計900文字で説明することができます。

面接でもこの設問に関しては深く聞かれる傾向がありますので、過去の経験を振り返り数あるエピソードの中でも、何を聞かれても大丈夫なくらい自信のあるものや注いだ熱量が大きいものを選定するようにしましょう。

また、集団で取り組んだことであればメンバーの人数や取り組んだ期間、成果などを数字で具体的に表すことでイメージが共有しやすくなり、効果的です。

また、総合職で応募するのであれば配属部門としては6つ考えられます。その中から、自分が興味のある部署とその理由をきちんと相手に伝わるように書くためには、説明会やOB訪問などで様々な部署の方にお話を聞くことが良いでしょう。

三井住友銀行の筆記試験は2回あります。1回目はWebテストの「玉手箱」で、自宅のパソコンなどで受験する形態です。2回目は「SPI」で専用試験会場で受験します。

2.  リクルーター面談

三井住友銀行はリクルーター制度を採用しており、三井住友銀行主催のイベント参加後にリクルーターが学生につきます。

人によって3〜10回の幅はありますが、確実にリクルーター面談が実施されその全てを通過しなければ面接を受けることはできません。

このリクルーター面談は、選考という側面がある一方で、三井住友銀行の行員を知る機会でもあり、自分の興味のある部署の人がいれば紹介をして話を聞く機会が与えられるようです。リクルーターには興味を前面に押し出して積極的に質問をし、志望度をアピールするのが良いでしょう。

リクルーターは入社2年目程度の若い行員で、OBであることが多いです。そのため、比較的に学生と距離が近く、場も盛り上がりやすいですがあくまで選考されていることを忘れないで下さい。失礼のない程度にリクルーターとの会話を楽しみ、明るい学生であることをアピールしましょう。

 1次面接

面接形態: 企業1名 対 学生1名

所要時間: 20分

内容: 学生時代に頑張ったことについて、志望動機、他社の状況、他メガとの比較、興味のある業務、単位の状況、周囲の方からどういわれるか、強み弱みそれぞれ3つ、逆質問、自分を動物に例えると、今後の選考スケジュールの流れについて質問。

対策:基本的にはリクルーター面談でリクルーターと一緒に作り上げた志望動機などを落ち着いて話しましょう。自分を動物に例えるという質問についてはやや変化球的なものですが、自分の強みなどを瞬時にすり合わせて無難に回答しましょう。

もし瞬時に対応できなくても焦って出まかせの答えを言ってしまわないように気をつけましょう。「少し時間を頂いていいでしょうか?」と一言聞いて落ち着いて回答を整理して回答しましょう。

2次面接

面接形態:企業1名 対 学生1名

所要時間:30分

内容:(作文)「事前にプライベートセッションで聞かれていた自分の人生を1単語で表すと?」

(面接)志望動機、学生時代頑張ったこと、休日の過ごし方、お酒は飲めるか、選考状況、逆質問。

対策:作文は書ききれない分量なので、丁寧に書くことに専念しましょう。作文は通常書ききれないものらしく、その分面接で補完するよう話をする時間が与えられるので安心して臨みましょう。

また、明るくハキハキとしゃべるだけでなく、辞退しない覚悟まで見せることを意識しましょう。

最終面接

面接形態: 企業1名 対 学生1名

所要時間: 40分

内容:学生時代頑張ったこと、志望動機、内々定・選考状況、逆質問、志望業務、転勤の確認、独身寮への入寮確認、事務確認など

対策:最終面接は単なる意思確認の場ではなく、通常の選考です。明るくハキハキと質問に答えるだけでなく、嘘偽りなく本音で語ることで銀行員として大切な誠実さをアピールしましょう。第一志望である旨を志望動機も併せてしっかりと伝えましょう。

選考のアドバイス

三井住友銀行の選考はリクルーター面談を突破できるかがカギです。年の近い若手行員の面談を通過するためには、コミュニケーション力や明るさをアピールしましょう。

リクルーター面談は就職活動初期から始まる傾向があるため、志望度の高い学生はそれまでに大人と会話をすることに慣れておきましょう。リクルーター面談さえ突破できれば、選考を突破できる可能性が高まります。

最後まで気を抜かず、リクルーター面談で得た情報や感じたことも志望動機に絡めて、志望動機の質を向上させ続けて面接の場で話せれば熱意が伝わり評価に繋がります。

就活は情報戦です。
その情報はネットに転がっているので、できる限り早く使える就活情報サイトを見つけてください。
僕は、Unistyleで行きたい企業の情報をめちゃめちゃ入手できました。 今のうちに熟読して、早めに他の就活生と差をつけてください。
就活は先手必勝です。
選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

就活生によく読まれている記事

1

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

-金融

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.