食品

明治HD(ホールディングス)の選考まとめと、内定もらえる奴の特徴と突破のコツ

投稿日:

 

明治HD(ホールディングス)は明治製菓と明治乳業が統合してできた食品会社です。企業規模も大きく、菓子や乳業事業では国内最大手の企業になっています。

 

「明治ブルガリアヨーグルト」などのロングセラー商品を多数開発、販売しているのが売りです。また機能性ヨーグルトの分野では先駆け的な存在だと言えます。

 

多くの消費者から愛される商品を数多く持ち、事業も消費者のニーズに合わせて展開を進めています。高齢化社会に合わせて、宅配サービスを開始するなど、時代を読む力に優れた企業だと言えます。また菓子事業においても超ロングセラー商品を販売し、まさに大人から子供にまで幅広く愛される企業です。

明治の求める人材像

 

食品業界は成長度の高い分野で、業界全体の成長率も順調に伸び続けています。しかし同時に市場の変動が大きい分野でもあります。食に関してのニーズは常に変化し続けるため、正しいニーズを読み取り、また広く発信していく力が必要になります。新しいことを恐れず、自ら進んで行動していける人が食品業界では好まれます。

 

明治のHPで公開されている採用メッセージは「チャレンジ精神溢れる、個性豊かな人材」です。与えられたことを漫然とこなすだけではなく、常に目標を設定し、それをクリアすること。また自分なりの意見や見解を持って、独自の視点で物事を捉える人や解決していく人が望まれます。

 

食品業界は分析とチャレンジの繰り返しです。問題を見つけ、それを分析すること。そして解決の方法を考え、それを実現していくには能動的な人材でなければなりません。自ら考え行動することが求められ、そしてこの自ら考えるという部分が非常に重要になります。

 

明治は常に新しい可能性を模索しています。人が自分の力で考えることは誰にも想像の出来ないことが生まれる瞬間でもあります。それぞれの個性豊かな人材が考えて行動することで、予想もつかない未来を創造することができます。明治はそういった個性的で独創的な人を募集しています。

 

ESで通りやすい内容

 

明治では個性豊かな人材を募集しているためESでも随所に個性を見る質問が含まれています。2018年卒のESの質問は、ストレス解消方法。長所・短所。食品業界でなぜ明治を志望するのか。第一志望の職種でどのように活躍したいか。学生時代に課題から逃げずに粘り強く頑張ったこと、またそこから得られたこと。自己PRなどです。

 

個性豊かであると同時にチャレンジ精神に溢れていることもアピールする必要があります。キーワードは積極的、向上心がある、独自の視点や見解などです。長所では自分のいいところを存分にアピールし、短所は述べるだけではなく、それをどのように改善しようとしているかなども書きましょう。

 

志望動機については自分が食品業界や明治の未来を支える、変えていくということを書き、熱意をアピールしましょう。目標は大きく、そして達成するための行動なども具体的に記せば、チャレンジ精神をアピールすることができます。

 

学生時代に逃げずに取り組んだことでもチャレンジ精神が見られています。困難なことを乗り越えたということを書き、逆境を跳ね返す力があることをアピールしましょう。また逆境に屈せず、その状況を楽しむことができるなどの特徴もプラスに働くでしょう。

 

採用メッセージにもあるようにチャレンジ精神と個性を意識しながらESを作成していきましょう。個性については考えすぎることなくありのままを書きましょう。自分では個性だと気が付いていなくても他人から見れば立派な個性だというものはたくさんあります。むしろ、意識せず自然体で書くことで、より個性をアピールすることができるでしょう。

 

選考情報(面接の詳細)

 

明治では経団連の指針通り、面接の開始は6月からです。それまでにESとWebテストがあります。WebテストはSPIなので事前にしっかりと勉強しておきましょう。

 

2018年卒の採用スケジュールはES、Webテスト、1次面接、2次面接、最終面接です。1次は学生2人に面接官1人。2次は学生1人に面接官2人。最終面接は1対1になります。

 

1次面接では自己紹介や志望動機など基本的な質問に加え、自社製品で好きなものなどについて聞かれます。好きなものについては何でも構いませんが、好きな理由などエピソードを交えて話すといいでしょう。

 

2次面接ではさらに志望動機などについて深掘りがされます。なぜ明治を志望したのか。またなぜその職種で志望したのか、入社後どんなことがしたいかなどを聞かれます。志望動機をしっかりと固めておくと同時に明確な将来へのビジョンも考えておきましょう。

 

最終面接も1次や2次と同じような内容について触れられます。その他の企業の選考状況。勤務地が全国に広がっているため、転勤は可能かなど入社に対する簡単な意思確認も行われます。

 

面接は全体を通して和やかな雰囲気で行われます。それは学生の緊張を解き、本来の個性を判断したいからです。企業側が望むようにしっかりと個性を出して面接に臨むようにしましょう。

 

内定の連絡は当日中、あるいは数日以内に来ます。基本的にはすぐに結果が出るようになっています。

 

最後に選考のポイント

 

明治は菓子、乳業事業において国内最大手の企業です。圧倒的な知名度を持ち、大人から子供まで幅広い層から信頼を集めています。しかし明治は現状に満足することなく、常に新たな成長を求めている企業です。

 

国内の市場の変化や食品業界のグローバル化に対応するには様々な人材が必要です。食品業界を牽引していくのは個性に溢れた人材であり、明治もその獲得に力を入れています。多様な個性が求められるため、チャンスは増えましたが、その分競争率は高くなります。

 

個性的であり、かつ常に前を向き進んでいくエネルギッシュな人がこれからの食品業界には必要です。その最大手の明治が欲しているのはまさにそういった人材です。自分の個性をきちんとアピールし、積極的で向上心があることをアピールすることが内定への近道だと言えます。

就活は情報戦です。
その情報はネットに転がっているので、できる限り早く使える就活情報サイトを見つけてください。
僕は、Unistyleで行きたい企業の情報をめちゃめちゃ入手できました。 今のうちに熟読して、早めに他の就活生と差をつけてください。
就活は先手必勝です。
選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

就活生によく読まれている記事

1

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

-食品

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.