旅行

近畿日本ツーリストの選考内容と対策まとめ!やりたくない仕事でもできるとアピールしよう

投稿日:

近畿日本ツーリストは日本の大手旅行会社で、近畿日本ツーリストグループの1社です。

また、同グループの店舗の商品やブランドになっています。

近畿日本ツーリストの強みは、個人がアイデア次第で新しいビジネスを創造できることです。近畿日本ツーリストの前身である日本ツーリストでは、「修学旅行専用列車」や「夜行スキーバス」、「卒業旅行」をいち早く手がけてきました。

また、2014年には「未来創造室」を創設し、これには2020年東京オリンピック・パラリンピック開催後を見据えて近畿日本ツーリストの企業価値を向上させる目的があります。近畿日本ツーリストは「企業価値=社会に必要とされる企業であること」と定義を定め、「社会問題の解決」に繋がる取り組みを主軸としています。

具体的には、スマートツーリズムやシェアサイクル、第6次産業化、産後ケア・レスパイトなど様々な事業を展開している点が特徴的です。

今回は、近畿日本ツーリストの選考とアドバイスについてご紹介します。

ちなみに僕は就活生時代よくUnistyleを読みながら戦略を練っていたのでもしも参考になれば。結局、内定者たちのアドバイスを見て真似するのが一番突破確率が上がります。

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

1.  近畿日本ツーリストの求める人物像

近畿日本ツーリストの求める人物像は以下のように紹介されています。

・成長意欲が高く、自らを鍛えたい人

・いかなる変化にも柔軟に対応し、前進できる人。

・何事も主体的に考え、行動する力がある人。

・相手の気持ちになって考え、気配りができる人。

・最後まで挑戦し続ける人。

旅行は形のない商品です。そのため、自ら開拓し、前例のないことにも果敢に挑戦する必要があります。従って成長意欲が高いことが求められています。

また、以前は店頭販売が主流でしたが今はWebサイトでの予約申し込みが主流であることを鑑みると、旅行は時代の変化に合わせて変わりゆくものです。

そこでいかなる変化にも柔軟に対応し、果敢に前進できるタフさが必要です。

また、旅行業は接客業であるため、人を喜ばせるために相手の気持ちになって考えて細かい気配りができることが大事です。どうしたらお客様の潜在的なニーズを把握して、お客様を最大限に喜ばせることができるかは担当者のホスピタリティ精神、コミュニケーション能力に関係しています。

2.  選考情報

1.  ES

・近畿日本ツーリストを志望する理由

・入社後、挑戦してみたい仕事

・当社でいかせるご自身の強み

近畿日本ツーリストを志望する理由については、説明会などで得た情報と自身がパンフレットやホームページを見て企業研究を総合的に勘案して、近畿日本ツーリストでなければならない理由が明確に伝わるものにしましょう。

どこの旅行会社でも使い回しが効くような志望動機では、採用担当者の目には止まりません。近畿日本ツーリストの魅力を沢山探して、理路整然と述べましょう。

「入社後挑戦してみたい仕事」当社で「会社でいかせる自身の強み」についての設問は、職種理解と自己PRを問うものです。挑戦してみたい仕事は、出来れば近畿日本が今力を入れている事業などを書くと良いでしょう。

それ以外の仕事でも、プロジェクトの前面に関わる人だけではなく、それを支える裏方の仕事にも目を向けてそれぞれの仕事を理解した上で、自身が興味をもった仕事を記入すると良いでしょう。

 1次面接

面接形態: 企業3名 対 学生2名

所要時間: 30分

内容: 学生時代頑張ったこと、もし自分が就きたい仕事に就けなかったらどうするか

対策:1次面接ではグループ面接であり、一人がアピールできる時間は限られています。従って自分が回答をする際は、だらだらと話し過ぎず端的に回答することを心がけましょう。

また、この面接では志望動機等は聞かれず、どれだけ自己分析をしっかりできているかを見られています。主に今までどのようなことを考えてどう行動し、決断してきたかを重視しています。

仕事をしている中で、自分が希望する仕事とは違う仕事をすることも多々あります。そのような場面を想定した質問もなされます。この質問の回答で最も重要なことは、今与えられた場所でしっかり目の前のことに取り組む姿勢があるかどうかです。

希望が通らなかったから落胆して辞めてしまう人もいるようですが、やりたくない仕事をしていればそれが成長の糧となり、いつか生かされる場面に出会うかもしれません。企業はこの質問を通して学生の忍耐強さ、粘り強さを測っています。過去の事例も交えるなどして、出来るだけポジティブな回答をしましょう。

最終面接

面接形態:企業6名 対 学生1名

所要時間:20分

内容:将来やりたい仕事は何か、自身が持っている能力をどう活かすか

対策: 最終面接では、入社してからの事が多く聞かれます。何がしたいか、何ができるかなどを深く質問されます。近畿日本ツーリストの選考では人物重視というよりキャリアビジョンや思考を重視する傾向があるようです。

また、志望度についても何回か聞かれ、本当に第一志望かどうかを尋ねられます。JTBやHISなどと併願する学生も多くいるため、近畿日本ツーリストでなければならない理由をしっかり述べて第一志望であることを示しましょう。

役員が6名もいるため、萎縮してしまうかもしれませんが雰囲気としては和やかでしっかりと学生の話を聞いてくれます。

明るくハキハキと、笑顔を忘れずに皆が聞き取れるようゆっくりと話すことを意識しましょう。

選考のアドバイス

まず、旅行会社を志望する理由として「旅行が好きだから」というのは理由は方避けましょう。もちろん、旅行が好きなことはいいことですが、業界志望理由として「自分がお客様にどのような価値を提供したいか」を考えて、その手段として「なぜ旅行でなければそれが実現できないのか」を考えると、より具体的な理由が出来ます。

また面接では、論理的に考えられることが重要です。面接の内容を準備して棒読みになってしまっては勿体無いです。旅行会社は接客業であるため、コミュニケーション能力も大切な要素です。

自分の考えを論理的に組み立て、思ったことをはきはきと喋ることが重要であると考えます。頭の良さをアピールすることも重要ですが、自身の考えをはっきり伝えることを意識した方がいいと思います。

近畿日本ツーリストは求める人物像が極めて明確であるため、ESや面接ではこれらのポイントをしっかり意識して選考に望むようにしましょう。

あと付け足しですが、企業選考の内容は内定者が述べている内容をよく学んだ方が良いので、Unistyleなどに登録して熟読するようにしてください。

就活の大成功を祈っていますm(_ _)m

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。
注目就活は内定者からの情報が一番正確で役立つ→Unistyleで内定者のアドバイスを読む34,5463人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-旅行

Copyright© 就活の名人 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.