電機

鬼のキーエンス選考内容と対策。心して選考に挑め!

投稿日:

キーエンスは自動制御機器や工場などで使用されるセンサーの計測機器。情報機器や電子・光学顕微鏡などの開発、製造、販売を行う企業です。

国内だけではなく、海外でも広く活躍しているのが特徴で、海外の売上比率は50%にも上ります。営業利益率が50%超えと高いのも特徴です。

また新製品の70%近くが世界初や業界初となっています。業界でも屈指の開発力や技術力を誇っています。高い営業利益率は高い開発力や技術力に支えられていると言えます。

キーエンスの求める人材像

キーエンスはHPで公開している採用メッセージは「考動熱。世界を拓け。」です。またビジネスにおいて必要な五感として、考、動、熱、拓、創を挙げています。

これは主体的に考えること。積極的に行動すること。仲間と高い意欲と熱意をもって取り組むこと。市場と能力を切り拓くこと。新たな価値を想像することを指しています

ただ闇雲に行動するのではなく、現状や問題、市場を見つめ正しい答えを導く分析力。マーケティング能力。そして新しいものにも恐れずに挑戦していける勇気と好奇心が必要ということになりまs。

 

もちろんそれらを支えるのはチームの仲間でもありますのでコミュニケーション能力も必要です。主体性を持ちながらも協調性を忘れず、お互いに高め合っていけることが大切なのです。

 

求められる能力が多いですが、それが世界レベルで成長を続ける企業の水準でもあります。高いレベルに臆することなく、挑戦する人材がキーエンスでは求められています。

ESで通りやすい内容

 

キーエンスでは所定のESはなく履歴書の提出のみとなります。履歴書で記入するのは志望動機と自己PR自身の強みと弱み。趣味や特技、資格などです。

 

書類選考でメインとなるのは志望動機と自己PRです。そこを意識して書くようにしましょう。志望動機についてはキーエンスならではの魅力。キーエンスでなくてはならない理由。なぜキーエンスなのかなどを書きましょう。

 

キーエンスの特徴として営業利益率が高いこと、開発力、技術力が高いことが挙げられます。しかし志望動機としてはこれらだけでは不十分です。これらすべてを兼ね備えるのは確かにキーエンスならではの特徴です。しかしそれでは環境だけで選んでいるということになります。

 

キーエンスでは自分の力で考え行動することが求められています。整った環境を求めるだけではなく、もっと自発的なところをアピールしなければなりません。企業の成長率などではなく、そこにいる人に焦点を合わせると効果的なアピールが出来るでしょう。

 

例えば突き詰めれば同じ理由でも、それらを達成する人と一緒に働きたい。一緒に会社を成長させ、新たな価値を生み出していきたいでは印象も変わります。人に焦点を当てることで協調性やコミュニケーション能力も同時にアピールすることができます。

 

強みと弱みについては強みは好奇心や積極性、向上心などをアピールしましょう。キーエンスの求める人材像に照らし合わせて強みもアピールする必要があります。ビジネスに必要な五感全てに当てはめる必要はありませんが、可能な限り当てはめるようにしましょう。

 

また短所については長所の裏返しにするとマイナスの評価を得ずに済みます。短所もただ書くだけではなくその解決方法や改善方法。そのためにどのような努力をしているかを書きましょう。

 

趣味や特技に関してはそれほど考えすぎる必要はありません。人柄を表すものなので飾らずにありのまま書きましょう。資格に関しては英検やTOEICがあれば有利になりますので忘れずに書きましょう。

 

選考情報(面接の詳細)

 

2018年卒のキーエンスの選考は6月よりもかなり前倒しで進められています。2月にWEBテストと面接。3月には内定が決まります。WEBテストは専用の会場で言語、非言語、性格診断でSPIです。

 

1次では学生3人面接官1人の集団面接です。面接前にフェイスシートというESのようなものを書かされます。自分のキャラクターの特性を4つの選択肢から当てはまるものを選ぶというものです。

 

面接ではなぜそのキャラクターを選んだのか。学生時代に頑張ったことなどについて聞かれます。また3分で電卓派をそろばん派に変えるという説得面接もあります。

 

2次は学生1人面接官2人です。面接前に性格検査とフェイスシートへの記入。その後ビデオを見てそれに関する感想や意見などを言うビデオ面接になります。

 

最終は1対1の個人面接です。面接前にフェイスシートの記入があります。就活の軸や志望動機などについて記入します。

 

面接ではフェイスシートの深掘りがされます。また性格検査についてのフィードバックなどもあります。

 

内定の連絡は数日以内で、面接に関しても同じぐらいです。連絡はそれほど早くはありません。

 

最後に選考のポイント

 

キーエンスは高い営業利益率と開発力、技術力を誇る企業です。新商品は世界初、業界初がほとんどという圧倒的な開発力を持っています。

 

また国内だけではなく、海外にも大きく進出しています。日本の中でもトップクラスのグローバル企業と言えます。

 

キーエンスではビジネスに必要な五感、考、動、熱、拓、創を大事にしています。これらの要素を上手く表現し、アピールすることが内定への近道です。

 

また面接の様式も他の企業と大きく変わっています。当日にESのようなものを書いて面接をすることがほとんどで、対策が難しくもあります。しかしそこで力を発揮することが出来れば合格は近いです。尻込みするのではなく積極的に取り組んで内定を勝ち取りましょう。

注目第一志望企業に内定したESを見ておこう→Unistyle34,5463人が参考にしました。

注目大手企業からスカウトが届いて内定確率UP→キミスカ21,465人が参考にしました。

注目SPI対策はアプリで。正解率が出るのは→【Start就活】54,953人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-電機

Copyright© 就活の名人 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.