インターン

【21卒向け】Speeeのインターン選考と体験談を書いてみました

Speee のインターンシップは二種類のインターンシップが開催されています!
私はその中でも「チームビルディングについて考えることができるってどんな内容なんだろう?と思い応募、参加しました!選考フローは会社説明選考会と面接が一回です。

インターンシップの具体的な内容は 会社は拡大する中でどのように 人事制度を整えていけばより良い組織を作ることができるのかどうかを考えるワークとチームプレーを行うワークであんまり他のインターンシップでは見られないので面白かったです!

Speeeはベンチャー企業の中でもインターンシップの母集団形成(申し込み層の囲い込み)がうまいといわれていて優秀な学生が多く集まっているインターンだと言われています…

学歴はあんまり関係ありませんが、インターンシップ参加者は早慶や国公立大学が多く、MARCHクラスの学生が少しいるイメージです。そのため「あまりベンチャー企業には興味がないけれども一つぐらい受けてみたい」という人や「 ベンチャーの中でもトップクラスの学生が集まるところに行ってみたい」 という人はぜひチャレンジしてみてください!

選考内容

説明選考会

説明選考会ではまずはじめに簡単な会社説明会があった後にアイスブレイクとなるワークとグループディスカッションがあります。
アイスブレイクのワークにもグループディスカッションにも各テーブルに二人ほど社員の人がついており 手持ちのスケッチブックに評価をつけていました。

詳しい 選考基準は 分かりませんが 発言量の多さよりも、質の高い発言をしていくことが大切かなあと思いました!
私はたくさん発言はしませんでしたが、進んでいる議論を違う角度でとらえて発言することを意識し、なんとか選考を通過することができました。

グループディスカッションは 普段ディスカッションすることがない人にとってはなかなか慣れないですよね…。SpeeeでのGDは初めてではなかったのでだいぶ慣れて望むことができましたが、初めてやるうちはかなり慣れず思った通りに発言することができませんでした…

就職活動の支援会社などが積極的にディスカッションワークショップや選考突破対策の無料講座を開いているので参加してみることをお勧めします。

私も実際に参加することで自分に何が足りていないのかまたどうすればその能力を補助することができるのかを考えることができました。純粋になれてきて自信もつきました。

面接

面接では小学生から今までの歴史を簡単に話すように求められます。 小学生の時は具体的なエピソードはある人あまり多くないのではないのかと思うので、 どんなことが好きだったかなど簡単に話せるようにしておくといいかもしれません。(私は初めてだったのでかなり緊張しました笑)

また見ていることは自分の中でどのようなタイミングで飛んだかちかが形成されたのかまた Story として一貫性があるのかということを非常によく見られている印象でした。

また自分の人生において大切にしている価値観は何なのかまた意思決定の基準は何なのかといったことを見られています。

また他のインターンの合格実績もある程度重視していると思われます。
(詳しく聞かれました)

これからの面接でも小学生や中学生時代のエピソードをに掘り下げられることも多いので、 このタイミングでどのようなことを話すとかある程度決めておくのもいいかもしれません!

インターン内容

インターンシップは二日間にわたって行われます。
クイズ形式のワークと チームに分かれたディスカッション、最終ワークはプレゼンの総合評価で決まります。

クイズ形式のワークでは実際に クイズ形式の問題用紙が何枚か配布されそれをチームの力を合わせながら解いていきます。 他のインターンシップにはあまりないような新しい切り口のものだったのでかなり面白かったです。 仕事体験というよりはみんなで 力を合わせて人を集めながらクイズを解いていくといったものに近いです。

チームに分かれたディスカッションでは5人から6人が一チームになって相手チームと一つのお題についてディスカッションしますあらかじめ自分達の意見は決められており、 どのようにして自分たちのチームの意見に説得性を持たせるのかということを徹底的に詰めて考えます。

ここで大切なのは人を説得するのは論理性だけではないということです。 会話の中で相手がどのように発言しているのかまたその発言をしている人は何なのかを考え抜いて瞬時にその考えに対して意見を見つけていくことができるかどうかという点が非常によく見られている印象でした。 また起動しているうちについつい熱くなりすぎてしまうチーム終わりそこは逆にマイナス評価を受けている印象でした。

最終ワークは実際にベンチャー企業が組織拡大をする上でどのようにして人事制度を設計していくかというものでした。 なかなか難しいものではありましたがほぼ徹夜で翌日まで議論を詰めました。インターン中はホテルに宿泊するのですがそのホテルの部屋でメンターさんと夜遅くまで議論をします。

3つのワークにそれぞれ点数が付けられておりその総合評価で優勝チームが決まります。

また私が参加した帰りは MVP というものがあり実際にチームの中で一人一番活躍していた人が MVP に選抜されます。

学べることとしては様々な種類のワークに全力で取り組むことを通じて自分がどのようなことを考えるのが得意で無料なことを考えることが苦手なのかということが明らかにわかります。 パターチームビルディング型のインターンでもあるのでチームワークを最大化するにはどうしたらいいのかということについて考えるきっかけにもなります。

またこの会社はベンチャー企業の中でも超上位校の学生を毎年獲得し ているのも特徴なので議論の質も高く、非常に優秀な人が多い印象です。

またここのインターに参加していることは本選考にかなり有利になります。 MVP を獲得した学生は社員と個別でランチに行くことができ、そこから本選考優遇ルートに進むことができます。

通常の選考とは異なり選考フローもいくつかスキップされるので志望度が高い学生はお勧めです。

まとめ

Speee のインターンシップは二日間という短い時間の間に様々なマークが凝縮されているので色んなインターンシップを体験したいという人にとってはおすすめのインターンシップです!!!

ただ、この会社もワークの内容が業務とは違うので、
実際の仕事がどのような内容なのかということについてあまり知ることができる機会はないので別途社員さんに直接話すことをお勧めします!!

コロナの状況で内定を効率よく取る方法

コロナによるオンライン採用の活発化により、逆求人サービスのOfferBoxが盛況になっている。

企業が家やオフィスにいながらできるオンライン採用に力を入れ出しているからだ。

だいぶここでみんな逆オファーをもらっていると聞いている。こんな時だからウェブでESを見て学生を囲いたい企業が増えているのだ。

上のように超優良企業が積極的にウェブで学生にオファーを送っているので、登録してみて欲しい。

参考良いオファーほど早くなくなってしまうので、早めに登録するのが吉。

効率よく大手優良からオファーをもらっている就活生がいる中、逆にこのサービスを使わずに家にいるのはとても損だ。

就活生によく読まれている記事

1

【21卒用】SPIテストセンター7つの高得点目安と判断基準   テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんい ...

2

  本当に大企業というのは美人の割合が高い。 受付から始まり、一般職から営業に至るまで会社が大きくなればなるほど美人の質と率が上がっていきます。これはこれでどうなんだ、と思いつつ難しい選考を ...

3

コロナの影響で合説が中止になることから始まり、選考がウェブ化され、SPIまで中止になった。ここまでなるとは思ってなかったという人が大半だろう。 正直、この件で就活生の中で動揺してる人がいるが安心して欲 ...

4

追記:2020.3.10に最新verに更新。 就活をはじめる前に手始めに取りかかるようにと言われるのが、SPI試験だがesなしでパパッと踏み台企業で練習したいところだろう。 その考えはクソみたいだが正 ...

-インターン

Copyright© 【21卒向け】SPIの高得点目安と対策方法! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.