インターン

【21卒向け】サイバーエージェントのインターン選考と体験談を書いてみた

投稿日:

 

 

私はサイバーエージェントのインターンシップを友人の紹介で受けました。ベンチャー企業を中心に就活就職活動をしていて、メガベンチャーの中でも誰もが知っているような会社なので知ってみたいとうミーハー心で応募しました笑

 

選考に関しては通常ルートはトライアウトというグループディスカッションが入るのですがそれは免除になり面接を3回行ってインターン参加が決まりました。

 

インターンの内容はいわゆる新規事業立案型のインターンとプロダクトグロースのプレゼンを行う2種類のインターンがくっついた形の新しいインターンでした。

 

このインターンシップがおすすめの人は「サイバーエージェント受けたい」という人や「なんとなく事業立案であったりだとか企画職に興味はある」という人にとってはおすすめです!

 

選考内容

 

0次面談

会社の中でもある程度上層部の方と面談がセッティングされました。

またここで会った社員さんは後にメンターとしてインターンに参加していました。

この面談では簡単な自己紹介を行った後に実際の業務内容や就職活動について相談に乗ってくれる時間でした。

 

合否があるのかどうかまではわかりませんが、

私はその場で次回の面接に進むことを言われました。

 

普通の通常選考であるとトライアウトというグループディスカッションかつプレゼンテーションのようなものが行われているようで、そこでから選抜された人が次の一次面接に進むことができるみたいです!

一次面接

オーソドックスな学生時代に力を入れたことについてをメインに深掘りが中心でした。

その中でのポジションやどのような工夫をしたのかなどいろんな角度から質問され、

結果的に自分は高校時代の話などをすることにもなりました。

 

二次面接

このインターンの志望動機や学生時代に力を入れたことについて改めて深堀りをされました。また面接相手はある程度職歴の長い社員の方で風格がありました…

 

他のベンチャー企業で長期インターンをしていたこともありその中での業務内容や自分が行った工夫などについて様々な角度から深堀をされました。また自分は二次面接と3次面接が同時に2回行われるものがセットされていたので自動で三次面接が行われるかたちでした!

 

三次面接

三次面接は 大学時代に力を入れたことについて主に質問がメインでしたが、自分のポジションは自分が周りからどういう人と言われるかなど自分のパーソナルなことを知ろうとする質問があったので予め準備しておくといいかもしれないです。

 

また私が参加したタームの参加者のほとんどは友人からの紹介ルートで受けている人が多くインターンのコースにもよりますがそのルートに乗れるかどうかはかなり大切です!(たぶん)

 

自分の一つ上の先輩でサイバーエージェントの内定者などがいたらそこから紹介してもらえる可能性も高いので予め連絡しておくことをお勧めします!

 

インターン内容

インターンは 3日間にわたる新規事業立案型のインターンでした。

インターについては主に最初に自己紹介を行った後には楽に取り掛かるという流れでした2回のプレゼンがありそれぞれの点数が合計されて評価されるといったものでした。

 

参加している学生層としては早慶が中心であまり国立の大学の学生は少なかった印象がありました。 また学生はメガベンチャーやベンチャー系のインターンを中心に受けてる人が多く。 サイバーエージェントしか受けていないという人もいました。

 

またディスカッション慣れしていない人も多いので、 かなり議論が止まることも多かったです。

 

また1日目と三日目には懇親会過去飲み会がありそこで社員の方々や 同じグループメンバーと交流する機会があります。

 

また基本的に企画のことについて学びたいというのであればインターンではなく長期インターンで企画職に関わった方が良いかと思いました。基本的に3日でできるプレゼンのレベルには限界がありそこで企画を学びたいというスタンスで行くのは違います。

 

しかし自分が向いているのかどうかを知るために参加してみるのもいいかもしれません。

 

得ることができるものとしては優秀な大学の学生が集まっているのでその中での自分の位置や自分のグループ立箇所の中での特徴などについてよくわかるのでこれから就職活動を進める上では優位になるかもしれません。

 

また会社の雰囲気についてはよく分かると思います。昨年のサイバーエージェントのインターンに参加した優秀な学生がサポーターとして会場におりいろんな話を聞くことができます。

 

自分はこのインターンを通じてエンタメ系の事業にはあまり興味がないことが分かったので志望度としては下がりましたが、 インターンに参加したメンバーの中では志望度が上がってる人も多かったです。

 

また私のインターンは事業立案型のインターンでしたが他にも広告系や CEO 系など新しいコンセプトのインターンがたくさん開催されているので自分にあったインターに参加してみることをお勧めします。

 

またサイバーエージェントを志望している人に関しては早期選考のルートがあるのでそれに応募することができます。

 

また例年サイバーエージェントはドラフトという様々なインターンの中での優秀だった人を選抜して泊まり込みのインターンを開催しますがこれに参加することができるとかなり本選考に近づき有利になります。

 

ただドラフトに選ばれることはなくても十分に内定している人もいますし、 社員の人と連絡先を交換することができるので今後こういう人に会いたいということを伝えれば合わせてくれます。 そこから長期インターンの斡旋もあるのでおすすめです。

 

インターンが終わって何ヶ月か経った後に同窓会という形で他の種類のサイバーエージェントのインターンに参加していた人と合同で懇親会がありその時にも社員の人と話す機会があるのでおすすめです。

 

まとめ

サイバーエージェントは人気企業でもありまたメガベンチャーでもあるのでよく他のメガベンチャーと比較されますが、社員の雰囲気であったりともその前にセットが全く他のメガベンチャーとは違うのでそこについてをよく見極めた方がいいと思います!

 

またインターン選考に関しては実際の本選考での面接慣れという目的もあるのであまり結果を気にする必要はないと思います。 就職活動はそれぞれ にとっての一番いい会社を見つけるということが目的なので浮かれに行くというよりは自分のことを100%相手に伝えることを意識しながらすると納得就活にな流と思います!

就活生によく読まれている記事

1

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

2

SPI試験で1番対策のしようがなさそうなのが性格審査ですよね。 自分の性格を偽って企業受けしそうな自分を演じるのか、自分を思いっきりだしてそれでも受け入れてくれる企業にいくことにするのか、はじめてだと ...

3

SPIのテスト中、自分がどれぐらいの点数を取れているのか気になりますよね、 気になって全然集中できない時もありますよね。webテストの場合、出題された問題から現在自分が高得点かそうではないのかがわかり ...

4

就活生の皆さん、SPIの試験を受けるのはとても不安じゃないですか? 結果がわからない試験って入試問題みたいで嫌ですよね。 基本的にSPIの結果を知ることができるのは人事部だけです。テストで間違った箇所 ...

5

  就活生の皆さんが、就活をはじめる前に、就活担当から就活の対策として手始めに取りかかるようにと言われるのが、SPI試験ではないでしょうか。SPI試験はどの企業のSPI試験でも、年度によって ...

-インターン

Copyright© 【21卒向け】SPIの高得点目安と対策方法! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.