グループディスカッション(GD)

GDの評価ポイントをまとめてみたので、突破するためにとりあえず確認しておいてくれ

投稿日:

 

採用試験を受ける上で、評価ポイントというのは気になります。筆記試験ならもちろん点数が高いこと。面接では志望動機や自己PRが評価ポイントになると考えられます。それではGDの場合はどうでしょうか。GDの評価ポイントを知ったうえで取り組むことができているでしょうか。

GDで意見を出し合い、まとめ、発表します。その工程の全てに評価ポイントはあります。評価ポイントを知っていれば取り組み方も変わってきますので、今回はGDの評価ポイントについて解説していきます。

 

ちなみに僕は就活生時代よくUnistyleを読みながら戦略を練っていたのでもしも参考になれば。結局、内定者たちのアドバイスを見て真似するのが一番突破確率が上がります。

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

そもそもGDは何のためにやるのか、を考える

面接は企業への熱意やその人の特徴を知るため。筆記試験では学力を測るため。それではGDは何のためにやるのでしょうか。

GDではその人の人間性を見るために行われます。ただその人の人間性を見るだけではありません。人間性と企業がマッチしているのかを見るために行われます。

面接や筆記試験では準備をして臨むことが可能です。しかしGDの場合は練習をしていてもその通りのお題が出ることはまずありません。慣れることはできても完全に対策することはできません。その即興性の中にこそ人間性が出ると考え、GDを行う企業は多いです。

 

面接官は何を見ている?

面接官はGDで何を見ているのか。その評価ポイントを見ていきましょう。

 きちんと自分の意見を主張することができているか

GDではまず発言するということが大切です。発言をもとにその人を評価します。なので全く発言しなければ評価のしようがありません。緊張感のある場でもしっかりと自分の意見を言う事ができるか。その主体性を評価します。

 簡潔に意見をまとめる能力があるか

だらだらと話すのではなく、要点をまとめて簡潔に話すことができるかも評価ポイントです。要点をまとめて話すというのはビジネスの基本です。GDではその能力があるかも見ています。

 論理的に話ができるか

簡潔に話せればいいのではなく、その内容も大切になってきます。きちんと論理的に話すことができるか。議論に対して建設的な意見を言う事ができているかも評価ポイントです。

 周りの意見を聞くことができているか

GDはチームで取り組む作業です。なのでチームワークが重要視されます。自分の意見ばかりを話していてはいけません。周りの意見も聞き、そして自分の意見も主張する。そのバランスを上手く取ることができているかも見られています。

 まとめることができるか

チームで意見を出し合えば、発表のためにそれをまとめなければなりません。それぞれの意見を集約して、短時間で発表できるようにまとめられるかもポイントになります。

 プレゼンテーション能力

GDでの発表は代表者が1人で行う場合が多いです。発表者にはプレゼンテーション能力が求められます。また発表者だけではなく、話し合いの場でもこの能力は見られています。自分の意見をいかに相手に納得させられるか。それもプレゼンテーション能力です。

 スケジュール管理

GDでは決められた時間内で意見を出し合い、発表しなければなりません。どれくらいの時間で意見を出し合うのか。まとめるのか。発表するのか。短時間でのスケジュール管理も評価ポイントの一つです。タイムキーパーを設定する場合もありますが、全員が意識しながら作業できているかが見られています。

 コミュニケーション能力

意見を出し合い、議論する場なので当然コミュニケーション能力も評価ポイントの一つです。議論が過熱することもあるので、いかに円滑に場を進められるかがポイントです。

 

評価ポイントに対してどのようにGDでは振る舞うべきだろう

評価ポイントに対しどう振る舞えばいいのかを考えましょう。まず自分の発言に関して。自分の意見は簡潔にかつ、論理的に発言しましょう。コツとしては結論から話すということです。結論は~です。その理由は~だからです。という話し方をすれば論理的に話しているように聞こえます。また簡潔性を持たせるためには話している時間を気にしましょう。1分だと話過ぎに感じます。30秒を目安に発言しましょう。

 

相手の発言を聞くということに関しては、相手を否定しないこと。相手の発言を遮らないことが大事です。たとえ自分とは意見が違っていても否定してはいけません。相手のことを尊重したうえで、自分の発言をしましょう。

 

他の人の意見をしっかり聞くことができればまとめやすくもなります。全体をまとめることが難しければ、誰がどの立場にあるのかを確認するだけでも大丈夫です。

 

話しが進めば、時間の管理も大事です。時折タイムキーパーに残り時間を確認し、全体で共有するといいでしょう。プレゼンテーション、コミュニケーション能力に関しては近い部分が多いです。とにかく円滑に議論を進めること。そして自分の話に説得力を持たせること。試験だからと硬い言葉だけを使うのではなく、少し砕けた言葉で話せば、説得力も生まれます。全体での一体感も高まりますので、状況に応じて言葉遣いも変化させましょう。

 

まとめ

GDでは全体のバランスが大事です。小さくてもグループになるとそれぞれの役割が出てきます。話す人。聞く人。まとめる人。バランスを取る人など、組織を縮小したものだと考えましょう。なので評価ポイントはありますが、すべてをなぞる必要はありません。その時々の役割によって、スタイルを変え、狙う評価のポイントも変えましょう。

 

たくさん発言をする人がいれば、バランスを取ることを心がけましょう。議論が進まなければ自分で発言をしてグループを引っ張りましょう。チームのバランスをみながらどの役割をやるのか、それを見極めるのがGDでは大切です。

 

とはいえ基本的に必要な能力もあります。スケジュール管理。プレゼンテーション能力。コミュニケーション能力などはどの役割でも必要な能力です。その分どの役割でもアピールできる評価ポイントでもあります。プレゼンテーション、コミュニケーション能力は慣れが必要です。しかしスケジュール管理なら意識すればその場からすぐできます。

 

まずはできるところからおさえて評価を上げていきましょう。GDに慣れてきたら少しずつ他のポイントも意識してさらに高評価を目指しましょう。

あと付け足しですが、企業選考の内容は内定者が述べている内容をよく学んだ方が良いので、Unistyleなどに登録して熟読するようにしてください。

就活の大成功を祈っていますm(_ _)m

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。
注目就活は内定者からの情報が一番正確で役立つ→Unistyleで内定者のアドバイスを読む34,5463人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-グループディスカッション(GD)

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.