グループディスカッション(GD)

GDの進め方はどうする?お題や煮詰まった時の発言を名人が解説してみた

投稿日:

採用試験で一つの関門になるGD。GDは企業ごとにお題が違います。お題だけでなく形式違う場合が多いので苦手な就活生は多いです。なぜ苦手なのかというとGDの進め方が分からないからです。効率的なGDの進め方を知っていればそれほど苦手意識を持つ必要はありません。

今回はGDの進め方について解説していきます。GDでよく出るお題。GDでの使える発言や進め方などを紹介します。これさえ覚えておけばGDももう怖くありません。

GDではどんなお題が出るのか

GDで出されるお題は企業ごとに違います。なのでお題の数は企業の数だけあると考えましょう。一つ一つのお題を予想することはできません。しかしお題の形式はある程度予想することができます。

GDのお題の形式は大きく分けて4つです。お題に対して自由に議論するもの。グループで別れてディベート形式で答えを出すもの。企業の商品や販売戦略について考えるもの。お題に対して答えの選択肢があり、答えを選ぶものです。

最も主流なのがお題に対して自由に討論するものです。このお題では専門的な知識は必要ありません。どんな意見を出せるか。自己主張がきちんとできているか。チームで協力することができているかが評価のポイントになります。

ディベート形式のものでは、意見の論理性、正当性が求められます。相手を説得するプレゼンテーション能力なども必要になってきます。勝ち負けがそのまま選考結果に反映されるわけではありませんが、勝ったチームのほうが有利になるのは確かです。

企業の商品や販売戦略について考えるものは専門的な知識を要します。就活生が企業に対し関心を持ち、研究ができているかが見られます。また入社後の会議なども想定しているので、ビジネスマナーに則り議論ができているのかも重要なポイントです。

選択肢を選ぶ形式のお題は多くはありませんが、採用している企業もあります。物事に対して理由付けができるか。チームで協力して答えをまとまられるかが見られています。選択肢の正解、不正解があるわけではありません。選んだ選択肢に対して正当な根拠や理由がつけられているかが大切です。

議論が煮詰まった時に使える発言

GDでは議論が滞りなく進めばいいですが、必ずしもそうであるとは限りません。時には煮詰まってしまい全員が黙り込んでしまう場面もあるでしょう。議論の途中で黙り込むことはGDでは最もやってはいけないことです。そんな状況を打破するめに使える発言があります。

煮詰まったら、これまでの状況をまとめてみましょうと提案しましょう。とにかくチームの発言を促さなければなりません。一度状況を整理することで、発言自体も増えますし、見落としていた点も見つかるかもしれません。気づきがあればそこから話も膨らみますし、止まったらまず振り返るようにしましょう。

また切り捨てたアイデアをもう一度検討することを提案するのもいいです。GDでは時間が限られているため、素早く意見の取捨選択をしなければなりません。なので切り捨てた意見の中には充分に検討されていない意見がある可能性もあります。それについての検討を促してみましょう。

残り時間があまりないのならそれまでのアイデアとは全く違う方面で検討するのは危険です。あくまで同じ方向の別のアイデアについて検討しましょう。時間があるなら思い切って別のアイデアに乗り切るというのも手です。より議論が進みそうなほうを選びましょう。

GDでは答えよりも、答えに至るまでの過程が重視されます。その中でどんな発言をしたのか。どのように協力できたかが判断のポイントになります。なので個人としてもチームとしても議論が進まなければ評価はもらえません。議論が煮詰まってしまったら、とにかく発言し現状を打開する策を見つけなくてはなりません。

時間による進め方の例

GDでは時間が時間の設定があるので、効率良く議論を進めなければなりません。そのために最初の数分でどういったスケジュールで議論を進めるかを決めます。

例えば制限時間が30分の場合、最初の2分程度で大まかな議論のスケジュールを決めます。次の1分から1分半はアイデアを考える時間になります。GDで唯一この間だけは黙っていても評価は下がりません。アイデアを練ったら3分程度でブレインストーミングを始めます。

この3分間でとにかく出せる限りの意見を出します。ある程度意見が出れば5分程度で意見をまとめます。これで前半の10分が経過しています。ここからさらに10分程度で議論の方向性を決め、議論を開始してさらに意見を深堀りしていきます。

20分が経過した頃に議論をやめ、まとめに入ります。まとめは2~3分です。議論の終盤になればまとめを意識して議論を進めるといいでしょう。まとめに時間がかかりすぎると発表の練習の時間がなくなります。

まとめ終え、次の2~3分で発表の練習をしておきます。練習なしでやるよりも練習をしたほうが確実に評価はよくなります。これで残り4~5分が残っていますが、これは予備の時間です。

GDではこの予備の時間を予め決めておくことが大事です。議論の最中に急な方向転換があるかもしれませんし、まとめに時間がかかることもあります。空白の時間を作っておくことで急なトラブルにも対応することができます。必ずこの時間は作っておきましょう。5分あれば安心ですが、時間が捻出できなければ3分程度でも構いません。余裕を持つということが大切です。

まとめ

GDは採用試験の中でも対策するのが難しい試験です。しかし全体の流れや効率的な進め方を知っていることである程度対応はできるようになってきます。

企業ごとにお題は違いますので、お題ではなくその形式に慣れるようにしましょう。どの形式ならどこが評価のポイントになるということを知っておけば振舞い方も変わってきます。

GDでは発言することがとにかく大事です。議論に煮詰まったら方向転換も視野に入れて意見を検討し直す勇気も大切です。GDではどんなトラブルが起こるか分からないので必ず最初に空白の時間を設定するようにしましょう。

GDは難しい試験ですが、考えようによっては楽しい試験です。GDの効率的な進め方を知り、試験自体を楽しめるようになりましょう。楽しむことができればGDの突破もそう難しくはありません。

注目第一志望企業に内定したESを見ておこう→Unistyle34,5463人が参考にしました。

注目大手企業からスカウトが届いて内定確率UP→キミスカ21,465人が参考にしました。

注目SPI対策はアプリで。正解率が出るのは→【Start就活】54,953人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-グループディスカッション(GD)

Copyright© 就活の名人 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.