グループディスカッション(GD)

GDが苦手?むしろ得意な人なんていないから、突破する事だけ考えれば良いので方法を伝授

投稿日:

GDは難易度の高い試験のため、苦手意識を持つ学生は多いです。GD自体を難しく感じている学生や、他人とコミュニケーションを取ること自体が苦手という人もいます。GD少し特殊な試験なので、得意と苦手がはっきりと分かれてしまいます。

またGDが苦手という人には特徴がありますし、苦手に感じる理由というのも存在しています。今回はGDが苦手になる理由やGDの攻略法について解説していきます。

ちなみに僕は就活生時代よくUnistyleを読みながら戦略を練っていたのでもしも参考になれば。結局、内定者たちのアドバイスを見て真似するのが一番突破確率が上がります。

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

GDは苦手でいい

GDに苦手意識を感じている就活生は非常に多いです。GDは試験としての難易度も高く、複合的な視点で判断されるため、難しい試験です。なのでGDを苦手だと感じても何もおかしいことではありません。試験は簡単ならそれに越したことはありませんし、GDは対策をするのも難しい試験です。

特にコミュニケーションを取るのが苦手だと、GDは大変なことに感じるかもしれません。GDでは他人との会話でも評価が決まります。発言の一つ一つが判断材料になるので、その緊張感が苦手という就活生もたくさんいます。

GDが苦手になる理由

GDが苦手になる大きな理由はその評価基準の曖昧さではないでしょうか。GDは筆記試験のように明確な答えがあるわけではありません。また同じ働きをしても受かる企業受からない企業があります。

GDでは評価のポイントがありますが、企業によってそれぞれ異なります。また仮に評価のポイント自体は同じであっても、求める人物像の違いもあります。GDでは議論を通して評価され、かつその企業の求める人物像であるという必要があります。

A社では自己主張をしていたら受かったのに、B社で自己主張をすれば落ちたという原因はここにあります。どれだけ評価が高くてもその企業に人間性がマッチしなければ受かりません。自信があったのになぜか落ちたということがあればGDに苦手意識を持つようになるでしょう。

また単純に他人と共同作業をするのが苦手で、GDが嫌いという人もいます。GDではグループはランダムに決められることがほとんどです。そしてこのグループ分けも選考の結果を左右する重要な要因になります。

自分と合う人ばかりのグループになればいいですが、必ずしもそうはなりません。逆に自分の苦手な人ばかりのグループになってしまうこともあります。もともと他人と接するのが得意でない上に、苦手な人ばかりで作業をしていれば当然嫌な気持ちにもなります。またたまたま自己主張の強い人と同じグループになり、その雰囲気に圧倒されてGDが苦手になるという人もいます。

GDはよくも悪くも巡り合わせの要素が強いです。企業自体もそうですし、試験内でのグループでもそうです。何度もGDで落ちれば、GDを苦手になるかもしれませんが、運が悪かったと深く考えすぎないようにしましょう。マッチしない企業に入ってしまえば、入社後にそのギャップに必ず苦労します。自分とは合わない企業なんだ、縁がなかったのだと思えばGDに対する苦手意識も少しはましになるでしょう。

苦手でもGDを突破する方法

GDは巡り合わせとはいえ、何の努力もしないのはいけません。あくまで落ちた時の考え方です。受ける前には気合いを入れて、全力で臨みましょう。

GDが苦手だと感じるならどこが苦手なのかまず考えましょう。人と話すことが苦手なのか。
人に合わせることが苦手なのか。発言する勇気がないのか。

人と話すのが苦手。緊張すると感じているならGDが始まる前に他の学生と打ち解ける努力をしましょう。ほとんどの場合GDが始まる前に自己紹介も兼ねてアイスブレイクの時間が設けられます。そのときに積極的に話、自分の緊張をほぐしましょう。それだけでは不十分だと感じるならGDの待ち時間も有効に使いましょう。

GDでは控え室に学生が集まります。そこで他の学生と話をして打ち解けておきましょう。打ち解けておけば本番でもお互いに仲間意識を持ちやすくなります。仲間意識を持つことができれば、自然に協力することができるようになるでしょう。

もし他の学生の勢いに飲まれ、発言できなくなってしまうなら自分が一番最初に話始めましょう。一番最初に話始めることで自分のペースで話ができますし、主導権も握ることができます。主導権さえ握っていれば相手のペースに巻き込まれることもなくなります。

また発言するのが苦手だと感じるのなら自分からあえて司会に立候補するのも手です。司会はたくさん話さなければならないイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。全体のバランスをみて、それをまとめるのが仕事です。

自分の発言に自信がないなら聞き役、まとめ役になることで自分の立場を確立できます。積極的に意見しなくても、他人の意見を促し、まとめるだけでいいのです。要所要所で自分の意見を挟んでもいいですし、発言するのが苦手な人こそ思い切って司会に挑戦しましょう。

GDは気持ちの持ち方一つでずいぶんと変わります。苦手だと思い込まないことが大切です。自信を持って取り組めば、周りの学生の反応も変わります。周りの学生の反応次第では自分がペースをとることも可能です。自信満々の顔をしてはったりをかますというのも有効な手段です。自分自身を奮い立たせるためにも苦手意識は捨てましょう。

まとめ

GDは難しい試験なので、苦手意識を持つ学生は多いです。自信がなさそうに見えると面接官も評価を下げますし、周りの学生にもおいていかれます。GDはチームワークが大切ですから周りの学生においていかれないようにしなくてはなりません。

まずはなぜ苦手なのかを考えてましょう。何度も落ちているから苦手と感じているなら、GDが終わるたびに反省しましょう。GDの苦手意識の多くは対人関係からくるものです。対人関係を克服するには思い切って自分から動いてみましょう。

自分から動き、他人とも動きを合わせることでよりチームとしての力を発揮できます。GDではチームで動けているかは大きな採点基準になります。

一人ではなく、チームでやっているのだと思えば、苦手意識も和らぎます。とにかく苦手を苦手と思わないこと。GD攻略の鍵はここにあります。

あと付け足しですが、企業選考の内容は内定者が述べている内容をよく学んだ方が良いので、Unistyleなどに登録して熟読するようにしてください。

就活の大成功を祈っていますm(_ _)m

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。
注目就活は内定者からの情報が一番正確で役立つ→Unistyleで内定者のアドバイスを読む34,5463人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-グループディスカッション(GD)

Copyright© 就活の名人 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.