グループディスカッション(GD)

やっぱりGDで司会をやるメリットは大きいけど、デメリットも大きい。一か八かの賭けかもしれない

投稿日:

 

GDでは色々な役割があります。その中でも司会は注目度の高い役割ではないでしょうか。司会はグループ全体をまとめるリーダーのような存在です。司会の良し悪しによって議論が上手くいくかどうかも決まります。司会がGDの要になるといっても過言ではありません。

 

司会が上手くいけば評価も上がります。議論自体の評価もそうですし、司会者個人の評価もです。それならぜひ司会に挑戦したいと思いますね。今回はGDで司会をするとはどういうことなのか、解説していきます。

 

ちなみに僕は就活生時代よくUnistyleを読みながら戦略を練っていたのでもしも参考になれば。結局、内定者たちのアドバイスを見て真似するのが一番突破確率が上がります。

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

GDで司会をやるメリット

GDではグループで協力しつつ、面接官に自分を印象づける必要があります。その点では司会をやることにはメリットがあります。

まず議論全体のバランスを取らなければならないので協調性をアピールすることができます。調整のためには自然と発言も多くなるので、目立ちやすくもなります。司会を買って出れば、積極性やリーダーシップも認められます。

司会をやるというだけでもこれだけのメリットがあります。これに加えて個人の評価。そして司会が上手くいけば、その評価もプラスされます。グループをコントロールするのは難しいことですが、自信があるならぜひとも挑戦しましょう。

 

司会になるための方法と作戦

司会はメリットがたくさんあるので、人気の高い役割です。1グループに1人なのですぐさま手を挙げなければなりません。GDでは役割に司会が設定されている場合とそうでない場合があります。

 

司会が設定されているのであれば、まずはそこに立候補することです。もし司会が設定されていない場合。役割としてはないものの、議論の進行役になれば司会と同じ評価を得ることができます。

 

司会をやりたいのなら一番初めに発言することです。GDでは本題に入る前にアイスブレイクの時間が設けられているケースが多いです。その段階から主導権を握りましょう。

一番最初に口を開けば、議論の主導権を握ることができます。司会の役割がなく、書記やタイムキーパーのみに役割が限定されていても同じです。口火を切り、誰が書記をやるのか、タイムキーパーをやるのかという提案をすればペースを握ることができます。何かを決める人というイメージが出来上がれば、そのまま議論を進行させても違和感がないでしょう。

 

司会の仕事と評価をあげるポイント

司会はGDの責任者であると考えましょう。議論をどう進めるのか。内容をどうまとめるのか。どのようなタイムスケジュールで議論していくのか。その全てを決めるのが司会の仕事です。司会の仕事ではとにかく全体のバランスを取るということを考えましょう。

 

司会はグループ内での発言のバランスもとらなくてはなりません。きちんと人の話を聞き、発言の少ない人に話題を振るのも仕事です。なので発言が得意な人よりも聞き役に徹することができる人のほうが向いているといえます。自分本位にならず、個を殺してでも全体をフラットに見れる冷静さが司会には必要になります。

 

司会は主役に思いがちですが、実はそうではありません。意見を出すひと、議論をするそれぞれの人が主役です。司会はそのバランスを整える人なので影の主役。縁の下の力持ちのポジションです。バラエティ番組のMCを思い浮かべるといいかもしれません。上手にゲストに話を振り、ゲストの力を最大限に引き出す。相手の意見を引き出し、議論を活性化させることも評価のポイントになります。

 

時には分かりにくい意見だったり、発言者の言葉が足りず理解できない場合もあります。それを補足して、全員で理解の共有をするのも司会の仕事です。全員が共通の意識を持ち、議論に参加させることができれば司会としての評価は認められるでしょう。

 

バランスを取るといっても全員にいい顔をしていればいいのではありません。責任者でもあるので、議論が本筋から離れないように監視しておく必要があります。もし本筋以外で盛り上がった場合にはきちんと軌道修正をすることも大事です。お題に対してきちんと話をするように促すのも司会の仕事です。話題がそれたときに強引にでも引き戻すのは評価されるポイントでしょう。

 

また不足事態に陥ったときにどう解決できるかも司会の腕の見せ所です。議論をしていてアイデアが出なくなるということもあります。そんなときに思い切った方向転換をするのか。それとも既存のアイデアで打開策を考えるのか。それを上手に考えるのも司会の仕事です。同じ考え方に固執するのではなく、柔軟に考えなければなりません。そして大胆な決断を下すことも求められます。大きなリスクは伴いますが、危機を無事乗り切ることができれば、司会の評価はうなぎ上りになるでしょう。

 

まとめ

GDの司会は大変な役割です。グループはそのときによって個性も違いますので、それを瞬時に判断しなければなりません。発言する人の多いグループなら議論のまとめに徹しなければなりません。逆に発言が少なければ、自ら発言をしたり様々な人に呼びかけ議論を活性化させる必要があります。1人だけが話しているのなら他の人にも話を振る。1人だけ議論に参加していないならその人に話を振る。常に全体を見て、バランスを整える必要があります。

 

GDでは発表内容自体ではなくその過程を見られています。しかし、きちんと発表内容の形ができていなければ、過程も評価してもらえません。それはチーム全体の責任になりますが、司会の責任も大きくなります。司会はメリットもある反面、責任感も重大であるということを覚えておきましょう。

どんな形であれ、最後にはまとまるということが大事です。どうにかまとめるというのが司会の最低限の仕事です。司会で困ったら着地点を探すことを優先して考えれば。面接官の評価は高いです。

あと付け足しですが、企業選考の内容は内定者が述べている内容をよく学んだ方が良いので、Unistyleなどに登録して熟読するようにしてください。

就活の大成功を祈っていますm(_ _)m

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。
注目就活は内定者からの情報が一番正確で役立つ→Unistyleで内定者のアドバイスを読む34,5463人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-グループディスカッション(GD)

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.