建設

大和ハウスはコミュ力重視!選考のまとめと突破のコツを分析してみました

投稿日:

大和ハウスは住宅業界最大手の企業で、就活生にも人気の高い企業です。売上高は業界トップであり、住宅だけではなく様々な分野に事業を展開しているのが特徴です。

住宅業界全体としては成長率は横ばい状態にありますが、大和ハウスは着実に実績を上げ続けています。その背景には住宅業界以外での活躍も関係しています。

戸建て住宅だけではなく多角的な事業展開に加え、準ゼネコンであるフジタやスタンレー・マーチンなどを買収しています。大手ゼネコンにも匹敵する売り上げを誇り、住宅業界を家人する大企業だと言えます。

 

ちなみに僕は就活生時代よくUnistyleを読みながら戦略を練っていたのでもしも参考になれば。結局、内定者たちのアドバイスを見て真似するのが一番突破確率が上がります。

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

大和ハウスの求める人材像

住宅業界は成長率としては現在横ばいですが、まだまだ可能性を秘めた業界です。住宅地の再開発やリノベーションとなどに乗り出す企業も増えています。世帯の在り方の変化に伴い戸建て住宅以外に目を向ける企業も多いです。住宅業界は常に社会と向き合い、需要を探り、可能性を模索しなければなりません。

 

住宅業界全体で必要な能力は積極性。コミュニケーション能力。その中でも傾聴力です。傾聴力とはただ話を聞くだけではなく、適切な質問などで相手の本当の望みを引き出す力です。住宅は一生に一度の買い物です。顧客が求めるものをしっかりと引き出し、適切なものを販売しなければなりません。そのためには傾聴力は必須の能力と言えます。

 

大和ハウスはHPで採用メッセージを公開しています。それは「できるだけ、できないことを」です。大和ハウスは多角的な事業展開がなされているため、様々な面から住宅の未来を作ることができます。つまり新たなものを生み出す気持ちや視点が大切ということになります。

 

新たな可能性を見つけるには誰もやっていないことに目を向けなければなりません。つまり今までできないことに目を向ける。それをいつまでもできないにするのではなく、できるにしていく。恐れずに新たなことに取り組んでいく。そして協同や工夫によってそれを実現していく。大和ハウスはそんな人材を求めています。

 

ESで通りやすい内容

大和ハウスには特定のESはなく、履歴書での書類選考になります。今後変更ESに変更の可能性もありかもしれませんが、少なくとも2018年卒時点では履歴書での選考でした。

 

履歴書で必要なのは、志望動機や自己PRなどです。住宅業界は宅地建物取引主任者などの資格があれば、より有利に働きます。また特技や趣味などについても意外に見られている場合があるので注意が必要です。

 

志望動機についてはなぜ住宅業界なのか。その中でもなぜ大和ハウスなのかを書きます。なぜ大和ハウスを志望したのかではなく、どうして大和ハウスでなければダメなのかという視点で書くといいでしょう。

 

ポイントとしては新たなことに挑戦していく姿勢や多角的な事業展開を絡めること。そしてそれらの事業と併せて住宅の可能性を探るということです。これらについて触れておけば印象はよくなります。

 

自己PRについては積極性。コミュニケーション能力の高さ。好奇心旺盛などを書きましょう。よく相談される、相談を受けるのが得意などであれば傾聴力をアピールすることもできます。

 

趣味や特技は出来れば住宅に関係することが書ければベストです。難しく考える必要はなく、散歩などでも構いません。散歩をしながら街を知ること、地域を知ることが好き、得意と書けば印象が良くなる可能性があります。

 

趣味や特技はあくまで加点になるかもしれないというものです。特に思いつかなければ無理をして難しいことを書く必要はありません。

 

選考情報(面接の詳細)

大和ハウスの選考は人によって面接の回数が違います。いきなり最終面接という人もいれば3回面接をするなど様々です。面接の回数については筆記試験と社員訪問会によって決まるようです。

 

2017年卒の選考スケジュールは4月にWebテスト。5月に筆記試験と社員訪問会。6月に面接、複数回というケースが多いようです。

 

筆記テストはあいうえお作文です。創意工夫やその人の感性が試される問題です。対策するのは難しいですが、柔軟な考えで臨むようにしましょう。その後に社員との交流会があります。これらの結果次第で面接の回数が変わるようです。

 

1次面接は学生1人に対して面接官2人です。人によって質問も変わるようですが、概ね雑談形式で進められるようです。志望動機や自己PRなどの質問がない場合もあるようです。単純なコミュニケーション能力が試されているので、会話のキャッチボールを意識して話しましょう。

 

ここでの結果でも面接の回数が変わります。次に最終という人もいれば2次面接という場合もあります。2次面接の場合でも雰囲気は同じです。稀に企業の基本情報について聞かれることもあるので、事前にしっかりと抑えておきましょう。後は会話がスムーズになるように気をつければ問題ありません。

 

最終面接では学生1人に対して面接官は1人です。ほとんど質問はなく、入社への意思確認であるようです。最後まで気を抜かずしっかりと熱意をアピールしましょう。

 

内定の連絡は当日、あるいは数日以内です。面接の結果についても同じで連絡は早いと言えます。

 

最後に選考のポイント

住宅業界は様々な可能性を秘めた業界です。社会の在り方によって業界の方針が変わるなど、人々の生活に密接した仕事だと言えます。人の暮らし関わるため責任感。そしてコミュニケーション能力が非常に重要になります。

 

大和ハウスはその住宅業界最大手の企業です。企業規模が大きいと地域の人たち一人ひとりと向き合うのは難しいですが、それを実現していくのが大和ハウスです。大企業だからと驕ることなく、常に前進し成長を続けています。その社員になるためには同じように成長していける人。新しいものを生み出す人。そして人のために働ける人です。

 

住宅業界で必要なのは何といってもコミュニケーション能力です。面接ではコミュニケーション能力をアピールしましょう。難しく考える必要はありません。一方的な話にならないよう、会話のキャッチボールを意識するといいでしょう。

あと付け足しですが、企業選考の内容は内定者が述べている内容をよく学んだ方が良いので、Unistyleなどに登録して熟読するようにしてください。

就活の大成功を祈っていますm(_ _)m

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。
注目就活は内定者からの情報が一番正確で役立つ→Unistyleで内定者のアドバイスを読む34,5463人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-建設

Copyright© 就活の名人 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.